プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療8日目

    今日は、ドクターマセソンの診察があった。
    診察して、「まだプラスティベースが足りないけど、リバウンドが無かったね。」と、言われた。
    まだ、肘や膝の外側と裏側の皮膚が硬いので、ステロイドの軟膏(トライアムシナロン 0.025%)を出すから、朝と夜、一回づつ塗るように、との事だった。
    炎症をできるだけ起こさないように、静かにしながら皮膚が出来上がっていくのを見守るらしい。
    そのために、掻いたり、乾いていたりするのは、良くないとの事。
    もう、抗生物質は昨日で終了している。
    これだけだった。

    さて、一週間の治療の復習です。
    1日目 ドクターマセソン 初診
        ステロイドの皮下注射
        セファレキシン 一日1000mg内服開始
        ムピロシン 鼻孔塗布 一日二回開始
        入浴朝夕 20分以上づつ 
        入浴後3分以内にプラスティベース塗布
    2日目 アレルギーテスト
    6日目 アレルギーの治療薬注射 
    7日目 セファレキシン 内服終了
    8日目 ドクターマセソン 2回目診察
        トライアムシナロン軟膏 一日2回塗布 スタート 

    といった所です。
    薬に関しては、拍子抜けするほど、使わないですね。
    「ターゲットに必要なものを必要な分だけ使う」
    というのが、ドクターマセソンの方針らしいです。
    あんなに長く辛かったのに、たったこれだけの治療で、私良くなるのかなー、という感じですが、そうらしいです。
    ステロイドの外用薬も、浸透度が低いもの。
    日本では、浸透度など、あまり考えられずに処方されている。プロトピック軟膏も同じだ。ドクターマセソンは、プロトピックを採用せずにエリデルを採用した。これも浸透度を知った上での判断らしい。

    私の場合、リバウンドが無かったけれど、ある人の場合は、リバウンドの具合を見て、それを収めてから治療になるらしく、それだけ治療が遅れるらしい。
    最近は、「保湿剤」といわれるものの中に、既にステロイドが混入されている事があって、患者本人は、「ステロイドが入っていない」と言っていても、実際に出てくるのはリバウンドの症状で、一体どうなっているんだ!!といった心境らしい。
    最近の漢方薬にも入っているらしく、
    「なぜ効かない漢方薬を飲んだりするんだ?」
    と、言っていたので、
    「私の場合は、教授クラスのドクターの処方で、」と言いかけたが、
    「でも、治ってないでしょ?」の一言で絶句しました。
    結果が全てでございます。はい。。。

    というわけで、私の皮膚は順調に回復しているそうで、帰りにまた、ショッピングに行ってしまいました。といっても、買ったものは、夫のおみやげ!
    こちらに来てから、初日から毎日ビールを飲んでいる♪24本入りのを一箱買ってしまったからだ。まだ半分も飲んでいない。地ビールとか、他にも飲んでみたいのがあるので、がんばって他のも飲もうと思う。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    こんにちは、トラバありがとうです。
    治療が順調なようですね。自分のことのようにうれしく思います。
    はやく、治癒され、あなたが望む日常になりますことを祈っています。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント