プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん1-2

     続きの2です。

     不用意なコメントを避けるために、コメントは入らないようにしました。ただ、もしその方への感想、お問い合わせ、相談したい、などありましたら、メールフォームを使ってください。私が目を通した後、その方にご連絡します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    抗アレルギー薬を飲んでいるとはいえ、
    これまで使用してきたステロイドを一気に絶つ事の
    本当の意味をその時は知らずにいました。
    指摘どおり耳は驚異的な速さでたった2日で回復しました。
    しかしながら、一旦止めたステロイド軟膏を使用すると
    とんでもない痒みが襲ってきました。
    また、薬剤の入っていないプロペトに対しても
    僕の体は拒否反応を示し、とてもつけては
    居られなくなりました。

    その日から数日後、今まで見た事もない
    今まで起きた事も無い場所にまで酷い炎症で
    体中が真っ赤になり、顔や足首等はむくんで、
    耐えられない痒みと共にニキビのような出来物が
    毛穴という毛穴ほぼ全てにに形成されました。
    それについで全身の皮膚の剥落と少し掻くだけで
    皮膚が容易に剥がれてしまう様になり、特に酷いものが
    頭、顔から順に下に下りるように酷くなり足にまで
    影響が降りる頃には頭の方は少し楽だったりと
    そういったサイクルで

    都合3回、耐え難く酷いリバウンドを体験しました。

    頭だけは始終痒かったです。
    そんな中、食事制限、ビタミン風呂、添加物排除
    コーラ砂糖除去、亜鉛、カテキン、ビオチン、
    キトサンなどのサプリメント、空気清浄機
    自己洗浄型空気清浄機能付きエアコン、
    浄水器、漢方生薬煎じ薬、水療法、爪もみ、
    消毒液塗布、呼吸法、亜鉛化軟膏、紫雲膏、
    アトピコ、馬油、ヒノキ系薬品、杉エキス系薬品
    密封療法、と色々試したのですが体感出来た物は皆無でした。
    どれも最初は良い感じに働くのですが
    回を重ねる毎に効果が薄れほとんど効かなくなる
    と言う現象を起こし、

    新たな治療法や薬品を試しては期待を裏切られる繰り返しでした。

    様々な情報がネットで溢れている昨今
    僕も例に漏れずアトピーに効く薬品やグッズ、治療方や
    脱ステ推奨皮膚医院、針灸、など調べている時
    何か、今までと違う風変わりなHPを見つけました。

    アトピーアソシエーションジャパン(AAJ)との出会いでした。

    興味に引かれ、その日のうちにその内容のほぼ全てに目を通し
    無料の資料を請求しました。
    これまで聞いた事も無いその内容に、愕然としました。
    ある種のバクテリアに侵食されやすい事がアトピー体質で
    アトピーはバクテリアを体の中と外から駆逐し、
    鼻などバクテリアの増殖しやすいところを叩けば
    完治とは言わないまでも、発症させないで居る事は
    可能だと言うのです。
    加え、アトピーとアレルギーを切り離して
    それぞれ別個に治療し、同時に喘息の治療も行えるという、

    まるで魔法の様なその内容に強烈に興味を引かれつつ、
    どこかに胡散臭さを感じていました。

    あまりにも日本の皮膚治療の実勢とかけ離れている
    この治療についてのもっと具体的な内容、すなわち被験者の
    言葉やブログはないかと探し、それらは簡単に見つかりました。
    患者さんはみな、劇的に軽快し帰国しており、帰国後も
    ネットによる一年間のケアと投薬が付いていて、

    決して、渡米する前のような状態には戻らないというのです。

    しかしながら、この治療、ネックは渡米治療と言う事で
    日本の医療システムの常識外、
    すなわち国保の3割負担なる庇護の対象外
    アメリカのドクターによる特別診察というシステムは
    費用がかさむという点、加え約一ヶ月の海外入院生活、
    興味は引かれつつも、妻と子を置いての単身渡米、

    日本でまだ自分に出来る治療の可能性があるのではないか?

    と思い立ち、日本でのバクテリアに起因する皮膚病症例
    を探しました、結果SSSSという症例があることが判明
    本来抵抗力の低い幼児などに発症するが時として、
    投薬等による著しい免疫力、抵抗力の低下に陥った場合の
    感染症とありました。
    同じような状態で耳が緑膿菌に感染し、さらにステロイド、
    抗生物質等の長期投与の影響で耐性化した経験を持っていたので、
    何かピンときました。 僕の脱ステ時数日後からの、
    それまでのアトピーでは経験しなかったレベルの全身炎症、
    剥落、組織崩壊、脱毛といい、そっくりそのままなのです。
    ステロイドが無効化された事すら、その症状のピーク時には
    ステ軟膏の塗布は皮膚上にバクテリアを培養するようなモノ
    で禁忌との内容で、
    きっとこれ(SSSS)に対する治療法は(AAJ)の物と
    近いに違いないと考えるようになり、

    日本の治療で僕の症状を治すことが出来るかもしれない。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お知らせ

     ドクターマセソンが来日して、特別勉強会を開いてくださる事になりました。詳細はアトピーアソシエイションのHPをご覧ください。
     治療を検討中の方には、とてもいい機会だと思いますよ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    ↑今回書いてくださった方も、ランキングを気にしてくださってます。是非応援してください。
    スポンサーサイト