プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    情報が少ないわけ

     ドクターマセソンの治療に興味を持って、他の情報を探すのは当然の事です。でも、アトピーアソシエイションの治療の情報って、ものすごく少ないと思いませんか?
     私もものすごく検索をしたのですが、アトピーアソシエイションのHPと、以前行った人のHPの残骸のようなページが一ページ残っていて(削除してしまったようで今はないみたいです)、あと掲示板にチャットの形で女の人が出てきていましたが、すぐに引っ込んじゃいました。この人はやっぱり「行ってよかった」と言っていましたが、すぐに「どうせステロイドの大量投与、良くなるのは当たり前」みたいな書き込みが入って、発言をやめちゃっていましたね。

     で、私は多分ドクターの治療は間違いないだろう、という9割の確信と、でも自分だけは特別悪くて治らないかも、という1割の不安を持ちながら渡米しました。
     アトピーアソシエイションのHPを見つける前からアトピーブログは始めていたので、自分の経過をブログに記載するのはごく当然の成り行きでした。情報量も少ないし、ちょうどいいか、と。

     でも、アメリカでの治療を決意するまでは本当に困りました。とにかく情報がない!!アトピーアソシエイションのHPだけでは、やはり信用に欠けますもん。調べまくりましたね。
     で、今は発信する側に回りましたが、なぜ少なかったのか、事情が分かった気がします。
     治療して「良くなりましたよ~♪」と言っても、必ずバッシングが始まるのです。
     アトピーの人ってかなり調べて知っている人が多いので、あー言えばこう言う、というネガティブな人も多く、不信感の固まりになっている人が発言し始めちゃうと、論破していくのは大変なんですよね。中傷されて傷つくし、治療した人は良くなってしまっているので、言い続けるのが馬鹿らしくなってしまいます。苦しんでいる人の助けになれば、と思っているのに、その苦しんでいる人にボロクソに言われてしまったら何のために言っているのかわからなくなりますもん。聡明な人は普通、口をつぐみます。

     今検索していくと、私のほかに数人ブログを書いていて、あとは治療を帰国後に自己判断でやめてしまったらしい人があちこちに書き込んだ非常にネガティブなコメントが残っているくらいでしょうか。

     要するに、今までバッシングのために情報が潰されてきてしまったのです。私は本当に腹が立ちます。もし情報が潰されていなかったら、私はもっと早くドクターの治療に出会って、早く健康な肌と人生を回復できたと思うからです。
     バッシングをする人たちの意見を見ていくと、おかしな事に気がつきます。どの人にも言えるのは、知識が中途半端なのです。ドクターの治療に限っては、調べれば調べるほどドクターの治療の正しさはわかってきます。非の打ち所がなくなってくるのです。
     でも、バッシングをする人達のほとんどが、医学の専門教育を受けた事がなく、自分の調べた知識と経験(脱ステの苦しさ、悪化の酷さ)を基に話をします。
     ですから、アトピーアソシエイションのバッシングをする人は、HPをきちんと読んでいない人が多いのです。答えは大抵書いてあるのに・・・。

     私も反発コメントが来ると正直、自分が何やってるんだろうなぁ、と思いますよ。この間の反発コメントも、正直(私に言ってどうするんだろう・・・?)と思いましたもん。これ、私に限らずアトピーが良くなってブログやっている人達にとって、共通の感想だと思います。

     でも応援してくれる人もたくさんいるので、私はめげずにがんばろう、と思っています。これからも応援、よろしくお願いしますね!

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    はるさんへ
    はじめまして。
    励ましのお言葉、ありがとうございます。
    足の引っ張り合いって、本当に無意味ですよね。
    世界のトップレベルではもう、アトピーは治る病気なのにそれが信じられない人が多いのは、医療が著しく遅れた国の人に、「日本に来れば治りますよ」と言っても信じられずに祈祷に走ってしまう、そんな非科学的な状態が今の日本のアトピーの現状のような気がします。
    治らない、と思い込む人はどうぞお好きに、と思いますが、情報を潰す事まではないと思いますよねぇ・・・。
    これからもがんばります!

    はじめまして。バッシングの件について。確かに、つっかかるようなコメントってみてるほうも後味悪いですね。今現在辛いことはわかるし、ステロイドに対する恐怖や処方する医師に不信感や猜疑感を持つのも、同じアトピッ子として痛いほどわかる。でも、どの治療が正しいかということは、現在は何も確定していないわけで。色んな治療法があって、それで治る人もいて。その情報が欲しい人にとっては、有用なものであるかもしれないわけだから、例え自分の意見と合致しないからといって、否定できるものではないと思います。ステロイドを使用するといっても、医師の技量が問われ、マセソン医師は(わたしはその先生にかかったことがないのでわかりませんが)みなさんの御意見を拝見しておりますと、その技量を持った医師のようですね。恐らく、バッシングされる人を納得させるには、ステロイドを使用したから一時的に治ったのではないか、その後リバウンドもなく本当に過ごしやすい生活ができるのか、という疑問を払拭できるよう、もう少し長いスパンでのデータで明確に結論付けることができればいいのではないかと思うのです。でも、まずはゆかりさんのアトピーが好転して、本当に良かったデスね!これから、ゆかりさんがgood conditionで生活をエンジョイできたら、それが他の人にとっても励みになるかもしれませんよ。頑張ってくださいね。

    おかぴーさんへ
    こちらでは「はじめまして」ですね。
    おかぴーさんの治療日記、すご~く有益です。
    今後も楽しみにしていますね。
    来週か再来週にはプール許可が出るんじゃないでしょうか・・・?
    夏を是非、満喫してきてくださいね。

    ニーさんへ
    私も同感です。ドクターの治療は民間療法ではなく医学に基づいた治療ですから、普通の人がドクターを論破する事は考えられないんですよね。
    でも、論破していくのって面倒ですよね。それで私はう~ん、サクジョ、、、となってしまいます。(^_^;)

    yaukoさんへ
    そうですね。だから疑念の塊の人でも、きちんと調べればドクターの治療法が正しい事はわかってくる筈なんですよね。
    反発コメントも発言が中途半端ですよ。

    いつのまにか知っている方たちばかり
    僕は皆様の一番若い後輩患者なのですから、
    歳はともかく。。。。ルーキーです
    そんなに褒められるとあちこちムズムズするではないですか
    あまりの恥ずかしさにふざけちゃいましたが、
    クリスマスもバレンタインも盆も正月も節句も一緒くたの
    日本文化の中で、医療本質についての論議が
    成立しにくいのは、多様な医療文化のごった煮社会では
    むしろ自然に思えます。
    治療中、治療後の患者同士は、生きた見本にされてしまう為、
    理論のみならず、発症しない体を維持しなくてはならないのではと
    自らにプレッシャーをかけてしまいそうな昨今ですが、
    ここであえて言うなら、理論は目的にあらず、
    発症しない事こそゴールで、
    そしてここに我々が確かにこうして存在している。
    そして、素敵なお穣さんが、少し冷たいプールに飛び込み
    今日は楽しそうに買い物に。。。W
    あぁ、僕もプール許可欲しいよ。

    現在娘がアメリカ治療を受けています。
    日本でいろいろと抱えていた疑問や不安が、
    こちらに着いていろいろと話を聞いているうちに、
    霧が晴れるようになくなっていきました。
    不安があるのはみなさん当然の事なので、
    自分なりに多方面から調べてみる事は、とても大事ですよね。
    そうすれば嫌がらせのようなバッシングに踊らされることも少なくなり、何が正しい情報なのか整理できてきます。

    どんなにくどくなっても何度でも徹底的に反論すれば、中傷する人もやがては居なくなる、ということもわかりました。
    これは上記「おかぴー」氏が実践して下さったおかげで理解することができました。
    一流の医師がその経験と研究成果を集大成され、論文として発表されているくらいの理論が一介の素人に簡単に論破されるわけは無いですね。
    一人でも多くのアトピー患者が、Dr.Matheson の治療という選択肢を知ることができる一助となるよう、私も当ブログを応援しております。

    書き込み、はじめまして♪
    僕は現在渡米治療中のおかぴーと申します。
    じつはだいぶ前からこちらをちょくちょく
    覗いておりました。
    毎度お世話になっておりました。
    僕はmixiという場所で治療中日記を書いています。
    もし、mixiに出入りされている方で、
    治療渡米現場の雰囲気などを知りたい方が
    いらっしゃいましたら、どうぞ、遊びにいらしてくださいね。

    かえるさんへ
    私も選択肢は多いほうがいいと思っています。ネガティブなものを含めて、いろんな情報があっていいと思います。
    ただ、個人の感想をさも本当らしく言うのは、情報を潰してしまうだけですよね。
    バッシングは付き物ですが、他の患者の迷惑になる事はやめて欲しいな~って思いますよね~。
    一緒にがんばりましょう!!

    コニーさんへ
    バッシング慣れもするもんですかね~(笑)
    ホント、中傷してもメリットは何にもないと思います。でも、そんな事ももうわかんなくなっちゃうんでしょうか・・・。
    コニーさんもブログ歴、長いですもんね。お互いがんばりましょう!!

    みなせさんへ
    私も私以前の人達は本当に悩んだと思います。
    みなせさんも情報を発信し続けてくださっていますもんね。ほとんど一抜けの様相ですが、それこそ希望の星です。
    書く事無くなってきたかもしれませんが(笑)、私も水無瀬さんのブログを心待ちにしている一人なので、更新、よろしくお願いしますね~!

    はるさんへ
    大学生ですか。大学生で治療に行く人、やっぱり多いですよ。学業に差支えが既に出ている人や、就職を踏まえて先に治してしまおう、と言う人など。
    私から信頼できる治療ですよ、という他ないですが、最終判断ははるさん自身がするしかないですよね、やっぱり。でも最後は自分が治るまで半信半疑ですよ。。。はるさんが大学生なら多分、早いと思います。私と同じ時期に治療に来た大学院生の人は、帰国してすぐに学業に復帰してその後も順調らしかったです。若いと早いし、就職すると行く機会を失ってしまうので、最後は清水の舞台から飛び降りるかどうか、ですね。
    先達としては(行っちゃって早く解決しちゃえばいいのにな~)という風に思っています。

    はじめまして。こんにちは。
    最近アトピーアソシエイションのことを知り、今日ココにたどり着きました。興味深いことばかり書いてあって夢中で一通り読ませてもらいました。
    ぼくは去年の夏に脱ステをしたのですが、今現在学校もあってステロイドを使っているのが現状です。大学を休学して治療に励もう考えているのですが、これからの治療方針を明確にできずにとても悩んでいます。そんなときアメリカの治療法を知り、衝撃を受けました。聞いたことのない治療法でとても魅力的だなぁー。と。
    しかし、アメリカの治療法は本当に信頼できるものなのか、とても不安です。お金も多くかかるようなので。。アトピーアソシエイションでいただいた資料もすべて読んだのですが、いまいち決心することができません。このことはぼくの人生に大きくかかわることだと考えているからです。。。
    アドバイスかなにかいただけたらすごくうれしいです。よろしくお願いします。

    自分も情報の少なさには不安でしたね~。
    ちゃんとした第三者の情報をいくら探しても、ゆかりさんのブログしか見つからなかったもので。。。
    それだけにゆかりさんやそれ以前に行かれた方々は本当に悩まれたことと思います。
    これからちょっとずつでもいいから情報が増えてほしいものですね。
    これからも応援してます!

    こんにちは~。
    私も同感です。今苦しんでいる人達が、ネガティブになるのもある程度理解できるし、人間不信、医療不信、ステロイドに極度の恐怖心を抱くのも理解できます。
    でも、情報発信している人を中傷して得られるメリットは全くないと思うのですよね。
    「他のアトピー患者さんのために正しい情報を流してください」などと私も言われますが、だったら御自分で情報発信してはどうか?と思います。
    昔はいちいち、凹んでましたが、最近ではわりかしさらっと流せるようになってきました。それでも、嫌な気持ちになることに変わりはありません。
    お互い、がんばっていきましょう!

    アトピーの情報発信の難しいところですね。
    本当に知りたい情報って少なくて、少しでも自分が提供しようと思って記事書いてます。
    バッシングは付き物ですよね。
    アトピー患者はネガティブになりやすいので、良くなったという話を聞くと嘘だとしたくなる人も多いようです。
    アトピーには治療法がいくつもあるので、選択肢は多いほうが良いと思っています。
    用は自分が信頼して治療が受けられるかどうかですから。
    バッシングに負けずにお互い頑張っていきましょうね♪

    EDIT COMMENT

    非公開コメント