プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    睡眠薬のススメ?

     「睡眠薬」というと、ネガティブなイメージがすごく多いと思います。小説では自殺や他殺によく使われるし、癖になる、とか、病的なイメージがとても多い。
     でも、上手に使うとアトピーにもとても有効なんです。

     私は劇悪化してからほとんど毎日睡眠薬は使っていました。痒みと自律神経の狂いから眠れず、眠れなくて痒いから掻く、という、完全に悪循環に入ってしまって、疲労でへとへとになって、それでも眠れなくて、これじゃアトピーだけじゃなくて、他の病気にもなっちゃう、と思い、睡眠薬を使う事にしました。
     ずっと「レンドルミン」を使っていましたが、酷い時は上手く効かないのでもっと強い「ロヒプノール」というのと併用したりしていました。

     アメリカでは安定剤でもある「ドキセピン」が処方され、睡眠薬は中止するように言われました。痒い時は飲むように、と。
     ドクターの考え方も私と同じでした。
     夜間、痒い思いをして眠れず掻いてしまうより、薬で寝てしまった方がずっと体に及ぼす害が少ない、というわけです。
     掻くのは治癒を遅らせます。でも、アトピーの痒みの強さは半端じゃありません。ドクターはそれがわかっていて、特に「掻かないように」とは言われません。悪くなったらドキセピンを飲むように、というわけです。

     私は漢方薬を使い始めてから、ロヒプノールは使わなくて済むようになったので、レンドルミンのみ使っていました。でも、アメリカで中止して特に問題はなかったですが、一部の睡眠薬は離脱が大変らしい、というのを聞きました。最悪は「ハルシオン」だそうです。
     ハルシオンは、様々な副作用があってアメリカでは既に処方しない薬になっているのですが、日本ではまだ処方を続けていて、中にはずっと飲んでいる患者さんがいる、との事。何が悪いか、というと離脱の際、鬱になりやすいらしいです。なので上手く離脱させないといけないみたいですね。
     ちなみに日本の精神科も先進国の中では非常にレベルが低い事は有名です。医療に関しては、日本は「発展途上国」なのかもしれませんね。

     さてさて、睡眠薬は使い方を誤らなければ、病気の軽減や回復にとても役立ちます。睡眠薬も改良されていて、体への負担もほとんどないモノも多いのです。
     私は風邪を引いた時、実はビタミンCを多目に飲み、睡眠薬を飲んで寝る、というのがとても効果があります。ぐっすり眠れれば体が元気になって、免疫も向上して風邪をやっつけてしまう、というわけです。
     アトピーのイライラにも効果的です。
     アトピーだとイライラしますよね。イライラすると痒くなって、皮膚も掻き壊すし、眠れません。そして疲れてしまって・・・。となります。人間よく眠れると、気分も良くなるし体調も良くなるものです。
     ですからドクターからはアレルギーで湿疹が出てしまった時も、焦らずにドキセピンとクラリティンを速やかに飲むように指示されます。

     睡眠薬で厄介なのは「癖になる」というものです。
     以前タバコのところで書きましたが、依存には2種類あり、精神的依存と肉体的依存があります。今の睡眠薬は改良されているものが多いので、実は肉体的依存はほとんど心配ないのです。問題は精神的依存です。
     精神的依存は「飲まないと眠れない」と、思い込む事です。
     でも私の経験から言うと、帰国してアトピーが良くなったらあれほど絶対飲まないとダメだった私が、睡眠薬を飲まなくても夜、眠くて眠くて仕方なくなったのです。(普通の人は、こんな風に眠くなって眠るんだ~)と、寝るのが楽しかったです。
     自律神経がちゃんとしてくると自然に眠くなるんですね。
     友達の一人は、仕事のストレスで眠れず、寝るために毎晩お酒を飲んでいたら肝臓を悪くした、という事です。こういった話はたくさんあります。でもお酒を飲むより、睡眠薬を飲んだ方が体への負担はずっと少ないのです。
     市販されている「ドリ○ル」は、あまりいい話を聞きません。効かなくなるのが早いらしく、量がどんどん増えるらしいです。それなら病院へ行って、ちゃんと睡眠薬を処方してもらった方がいいです。体に合ったものならば、特に量も増えないですし、長期でも飲めますから。
     癖になって量が増えるのが心配な人は一晩に何錠まで、時間は何時までに飲むか決める、と決めて飲めばいいと思います。私は状態に合わせて飲んでいましたが、夜は12時までに飲むか決める、半錠(もしくは一錠)で眠れなかったら追加してもう半錠(または一錠)を飲んでもいい、ただし一時までに決める。としていました。でないと、翌朝酷く残ってしまうので、活動に支障が出るんです。

     今はストレス社会ですから、睡眠薬を上手に利用した方が病気になりにくいように思います。
     眠れなくて辛い思いをしている人は、思いきって病院で相談してみるといいかもしれませんよ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    マカロンさんへ
    はじめまして。
    マイスリーはチョコチョコ、記憶が飛ぶ話が出ますね。個人的にはん~、という感想を持っています。(私は使った事はないです)
    アメリカでの治療、もし希望されているようでしたら建設的に考えてみられたらどうかな、と思います。確かにお金の問題は大きな問題ですが、人生がかかっているかもしれないので、何度もご両親に相談したり、自分なりに資金作りのプランニングを考えてみてください。私なりに費用について考えた記事はこちら
    http://iiizzz.blog9.fc2.com/index.php?q=%B6%E4%B9%D4
    どんな方法を選ばれるにしても、早く良くなるといいですね。

    ゆかりさんはじめまして。
    人気Blogランキングから来ましていつも拝見しています。

    私もアメリカ治療に興味があり今日両親に話したのですが「お金がない」ということで無理でした。
    でも、治療に使うツ-ルをマネ(?)ることで少しでも改善するかな、と、海外からセタフィル等を買いました。

    あとはやはり黄色ブドウ菌が原因なのかな、と思うのでイソジンやマキロンで消毒をしています。今のところは手のひらしか消毒していないのですが水疱の数が減ってきたように思います。

    それと私も睡眠薬愛用者でしてロヒプノ-ルも飲んでいます。
    ハルシオンのような超短期型の眠剤は確かに危険です(ミンザイハイになったり健忘がすごいんですよね)
    今私はハルシオンのような超短期型のマイスリ-を飲んでいますが、就寝前の記憶がなかったりします…。
    ゆかりさんが書いているとおり睡眠薬ってそんなに副作用もないですし痒くて眠れない時なんかは頼っても良いと私もおもっています。

    これからもブログ参考にさせていただきますね。
    失礼します。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。