プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピーと根性

     今はショートバースト中でとても落ち着いています。でもやっぱり風邪気味になってしまったので、昨日は背中にカイロを貼り、乳酸菌を飲んで対策していました。今日は今のところ大丈夫です。

     調子が落ち着いてきたので、ちょっと過去の事を振り返り・・・。

     私も劇悪化する前は、アトピーが出たところにステロイド外用薬をちょいちょい塗るくらいで、アレルギーの自覚も無く、お魚も毎日食べられました。カーペットのあるアパートに住んでいたし。お金もあまり無かったから、飲み水も東京の水道水を普通に飲んでいました。自分の体を東京の水に適応させてやる!位の感じで。
     アレルギーに関しても、あまりきれいにしすぎたり、除菌除菌と言うのは、免疫の発達なんかに良くないのかな~、と思っていたので、特別除菌グッズなどに興味を持ちませんでした。
     体を洗うのは、ごく普通の固形石鹸。液体ソープは油が落ちすぎるイメージが強かったので、持ってもいなかったです。
     でも、アトピーが悪化してさすがに水だけは浄水器を使うようにしましたが、あとは普通に生活してました。

     アトピーが劇悪化して、退職して親元での生活では、浄水器を使用して、農薬に気をつけた食べ物をとる、位でしたね。

     でも結婚して、夫はわりと「除菌」に気をつけている人でした。私がお風呂の後、髪を自然乾燥させていると、
    「雑菌が繁殖するのがすごいから、ドライヤー、使ったら?」
    とか、清潔には一人暮らしの時からある程度気をつけていて、ドラッグストア好きだったので、商品知識も結構ありました。
     それでも私はあまり、彼の言う事を聞かなかったですね。(^_^.)

     アトピーだと頑固になります。というか、病気だと、ですかね。
     特にアトピーはいろんな情報が錯綜していますし、医師からの情報発信も意見の食い違いが大きい。両極端の意見をも患者自身が判断するしかないし、治療指針に従っても改善しないし。それを繰り返しているうちに、心が固くなっていってしまいます。

     私は「自分で治す」というようなアトピーのHPなどを見て、そして自分の症状とを当てはめた場合、私は何年がんばっても今程良くはならなかったと確信しています。どうも治りやすい人と治りにくい人というのは、根本的な違いが存在するように思います。
     治りにくい人が治りやすい体質にするには、今の時点で私は不可能だと思うし、現実的ではありません。

     劇悪化して漢方薬に頼るようになるまで、心がけ次第で何とかなるんじゃないか、と思っていた事もあります。人生そりゃ、いろいろありますから、過去にトラウマなんかもあったりしますよね。それがアトピーの原因ではないか、と、アロマセラピーやバッチフラワーレメディ、リフレクソロジーなど、「心に作用する」というフレーズに惹かれていた時期もあります。
     でも、結論として私のアトピーには何の効果もありませんでした。アトピーをきっかけにこれらを勉強できた事は喜びでしたが、アトピーに対する効果は皆無、それどころか、アロマセラピーのキャリアオイルの肌への使用は、バクテリアを繁殖させる原因にすらなり、当時の苦痛の原因の一つは、アロマセラピーであったとも言えます。(といっても今でもアロマセラピーは好きで、香りを嗅ぐだけにして使っています)

     アトピーは「病気」ですから、根性で治らない人の方がむしろ多い筈なのです。自分で治す事にトライする事は自由だし、少ない可能性に賭けるのも一つです。
     ただ、今しかない瞬間をアトピーに捧げ続けるのはもったいないし、あなたを大事に思っている人達にとっても、失礼ではないかと思ったりもします。

     私は根性でアトピーを治す事を諦めました。そして渡米し、ドクターマセソンの治療を受け、帰国し、必要な時はドクターの指示に従ってステロイドを飲み、生活習慣を見直し、エアコンをつけっぱなしにしたり、洗濯機を買い換えたり、除菌に気をつけるようにしました。
     ダニに刺されても、擦り傷を作ってもアトピーを引っ張り出してしまう私の体質ですが、生きている以上、生きていかなくてはいけない以上、付き合わなくてはならない自分の体です。多少文明の利器に頼る事や環境に負荷をかける事も、私にとってはやむを得ないと思っています。
     
     「こだわり」はとても厄介です。
     私は一時、精神科に勤務した事がありますが、精神病の疾患の症状の一つに「強いこだわり」というのがあります。なぜか偶数にとてもこだわる、とか(もちろん尋常のこだわり方じゃないですよ)、根拠があまり無いのです。
     アトピーの人たちも、心が固くなってしまったゆえに、こだわりが強くなっている人達もいるんじゃないかと思います。
     意味の無い強い「こだわり」は無意味であるだけでなく、不幸へ導くものであるし、心の病気の一つ、とも捉えられる事ができます。なぜこだわるようになったのか、順序立てて考えてみる必要があると思います。そしてそこに明確な根拠が存在するのか、と。

     我慢強くある事は大切な事だと思いますが、必要な瞬間に負けを認める事も大事です。根性は別のところで使って、アトピーに関しては早く良くなることの方がずっと大事だと思っています。
     苦痛を手放す決断をするのは、自分自身だと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ニーさんへ
    根がズボラな私は、がんばっても常在菌が残っちゃいそうです(^_^;)。
    でも、除菌に気をつけるようになってからの方が格段に体が楽になりましたよ。

    除菌について

    「釈迦に念仏」かもしれませんが、抗菌グッズの過度の使用は耐性菌を増やすことがあり得るようですし、また常在菌を過度に減らすのも不都合が生じる場合がありますので、お気をつけ下さい。
    (決して除菌が不要というわけではありませんが)

    ドクターの治療で、当初の「セファレキシン」「ムピロシン」を連続で使用する間は常在菌が減少する弊害をプラスティベースの塗布でカバーされているように(個人的には)思えます。

    あやさんへ
    こだわりを取るって難しいですよね。
    私も日本の皮膚科の治療には否定的なので、アトピーに関して日本の病院へ行く事は正直お勧めしません。
    でもこだわる所はいい病院かどうか、だと思います。なぜ病院が信用できないのか、根拠を箇条書きにすると結構見えなかった部分が見えてきますよ。

    やっぱりアトピーがあるとこだわりって
    ある程度あると思います。
    だめかなっと思いつつ、私は長い間病院にかかってません。
    どこか信用できないところがあって・・。
    そういうのがたぶんこだわりなんでしょうね。
    いまはビオチンのサプリで様子を見てます。
    ゆかりさんの話で考えさせられました。

    かえでさんへ
    人生やり直しは出来ると思うけれど、やっぱり幸せな時間が
    長いほうがいいですもんね。
    是非今を謳歌できるように、方向付けていってくださいね。

    ゆかりさんのお話しにはいつもハッとさせられます。
    ダメだな、と思いながらもかたくなになってしまう自分が居たりします…。
    私も「今しかない瞬間」を大切にしたいです!!
    いや、します!!

    あっっこさんへ
    はじめまして。
    この湿気の時期、アトピーにとっては難関の時期ですよね。
    こだわり過ぎは良くないですよね。どこかですっと離さないと駄目ですよね。難しい時ありますが。

    はじめましてm(._.)m
    この季節つらいですよね。季節の変わり目とか
    私も夏になるとシャワー後がからだかゆくてかゆくて。
    ちょっとアトピーましになったと思っていた時期だったけど、やっぱり付き合っていかなきゃいけないなと感じました。
    こだわり…分かります!
    私もこだわりしすぎないように気をつけます。
    こだわりすぎてると人間、魅力的じゃなくなりますよね…☆

    EDIT COMMENT

    非公開コメント