プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    私の結婚物語2

     男の人を紹介してもらう前に、心に決めていた事がいくつかありました。
     まず、アトピーの事です。
     出来れば、アトピーがあってもそれを受け容れて結婚してくれる人がいいな、と思っていました。アトピーがある以上、デートにも支障をきたすので、いつのタイミングで話をするべきか、それで引いてしまったらどうしよう・・・。
     そんな事を考えていましたが、ハタと、そんな悠長な事を言っている場合ではない、と思いました。
     私には何が何でも結婚するんだ、という強い意志がありました。将来も不安だし、一生男の人と縁のない生活をするのも嫌だし、結婚する気が無い不安定なお付き合いもしたくない、子供だって産めるなら産みたい。
     その意志の前で、「アトピーを受け容れてもらって」という希望は捨てる事にしました。つまり、黙っていられるだけ黙っていよう、という事です。
     知り合って間もない人に、深刻に病気を打ち明けられたら誰だってびっくりして引いてしまいます。私という人間を見てもらう前に、引いていってしまうのです。だからまず、私のいい所や悪い所を見てもらって、それからアトピーについてはサラッと話す事にしよう、と。
     アトピーは、劇悪化した人とそうでない人がいるし、世間一般の認識では、それほど深刻という捉え方ではありません。肌を見れば、ある程度アトピーとわかると思いますが、幸い顔には出にくいタイプだったので、隠せる所は隠せばいいや、お付き合いが進んでお泊りデート、という風になってそのタイミングが来たら、早く電気を消そうと。
     結婚してから他の病気になる人だって、アトピーが劇悪化する人だっています。健康に問題がなくても、借金したりギャンブルしたり、浮気する女の人だっています。健康=幸せの保証にはならないのではないでしょうか。しかも、アトピーは治る可能性だってあります。
     少なくとも私に関して言えば、浮気もギャンブルも興味がないし、家にいるのが好きでお料理も好きです。明るい性格だと思うし、人を笑わせるのが好きなタイプなので、明るい家庭作りには貢献できそうです。身内にも特にトラブルはないし、問題は、ちょっと体が弱めでアトピー持ち、というだけ。それでも、アトピーがあるおかげで、食事には気を遣ったり、健康に気を遣う必要があるので、夫になる人の健康のためにもなりそうです。

     というわけで、いろいろ自分に都合良く思考回路を訂正していきました。最後に、「アトピーがあって」というので去ってしまう人がいたら、そういう人とはどちらにしても結婚しない方がいい人です。入籍前で良かったわ、と思う事にしよう、と。
     とにかく、騙してでも何でも結婚に持ち込みたい。結婚してしまえば、こっちのものです!結婚なんて紙きれ一枚、と言いますが、私はその紙きれが本当に欲しかったのです。
     今思うと、ほとんど結婚詐欺のような気持ちがあったかも・・・(笑)。
     でも、夫になる人も幸せになれば、全てはチャラです。騙した事がわかっても、
    「私はあなたとどうしても結婚したかったの」
    と言えば、きっと許してくれます!(実際アトピーの事じゃないですが許してもらいました(^_^.))私は夫になる人には、感謝して、それを表現していこう。それだけは決めていました。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    人間、切羽詰るとすごいですね。(笑)
    そう思うと、かえでさんなんか若いから、よりどりみどりですよ~。
    今からがんばれば半年後には、苗字が変わってるかも!
    男の人、意外と気にしないものですよ。

    なんかゆかりさん…!無敵だ(笑
    でも言われてみると、ほんと納得です。
    今の自分は、アトピーだからって変にかまえちゃってます。
    アトピーの陰に隠れて生きるなんて嫌だ!!と改めて思いました。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント