プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギー注射

     昨年、渡米時にアレルギーの治療も受けたので、今も継続して注射をしています。この間、ボトルが空になったので、新しいボトルを送ってもらいました。
     
     でも、初めてだったので、ちょっと手間取りましたので、私の失敗を参考までに。

     薬液が空になってから頼んではいけないので、早め早めに、のつもりでしたが、期限があるものなのであんまり早くても。。。などと思っていましたが、頼もう、と思った時に、アメリカオフィスの回線ダウンがあったんです。
     でも、じきに復旧するかな、と思って様子を見ていたのですが、なかなか復旧に時間がかかっていて、で、メールが送れるようになってすぐにお願いしました。
     ところが、必要書類がわからない。。。
     注射の用紙と、プログレスレポートが必要、との事ですが、う~ん、どれだ?

    必要なのはこの2つ
    ・注射シート
     毎回、やった日付、リアクションを書く紙の事
    ・プログレスレポート
     ナースが手書きタッチで書いた紙で、質問用紙です。
    質問1.Are you having any reactions to your shot?
    質問2.Have you had changes in your medication?
    質問3。have you had changes in your general health
    質問4.Do you feel that your allergy have improved on shots?
    質問5.Other information that you feel would be helpful to Dr.
    Baker?
    などが書いてあるもので、質問に対する答えを書き込みます。 

     この2種類の紙を郵送、またはファックスしてお願いしました。
     時間がなかったので、国際電話でのファックスってありがたいな、としみじみ思いました。
     
     今回思ったのは、やっぱり早め早めに準備していく必要がある、ということ。
     これは、渡米時によく言われていた事だったのですが、私は結果的には遅くなってしまいました。
     日本とアメリカはやっぱり距離があるので、何かあった時に自分では対応できません。でも、困るのは自分なので、書類の手配だけでも早めにやって、スーパーバイザーの方と段取りしておいた方がいいと思います。
     薬液の管理は自分で行うものなので、なくなる頃に連絡をくれる、といった事はありません。ですから、自分できちんと残りの量を見て頼みましょう。
     
     余談ですが、一年間もつ予定量をくれますが、若干早めに終わっていく人も多いんじゃないかと思います。これには、実は理由があります。
     ドクターベイカーは、きっちり一年分の予定量を入れてくれるのですが、日本で注射の際に使う注射器に問題があって、少し早めになくなってしまうのです。
     理由は、私の場合1cc用の注射器を使っていますが、薬液が注射器と注射針の接続部分に少し残ってしまうのです。もちろんピストンを押しきった時に予定量が入るようになるので、体内に入る量は間違いないのですが、接続部分に残る量は捨てる事になりますので、当然早く終わってしまうわけです。
     これを避けるためには、インスリン用の注射器を使ってもらうのがいいと思います。記憶がちょっと定かではありませんが、インスリン用はほとんど針が付いていて接続部分の無駄がないので、ピストンを押し切った時に、薬液が注射器に残ることなく体内に入ります。
     ただ問題点は、インスリンは1単位2単位と数えますので、目盛りが違います。つまり1cc2ccの目盛りではないのです。そうなると、今度はccを換算しなくてはならなくなるので、また別の問題が出てきちゃう事になりますが。

     開業医でも、経費節減のために注射器の種類を絞ってあるところなどもあるので、一年分の薬液が一年もたない事はよくある事です。ですので、一度注射をしてもらった後、注射器を見せてもらうと自分でよく確認できると思います。
     
     いずれにしても、早め早めの手配を心がけてくださいね。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     
     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    あやさんへ
    自分で注射をしているわけではありませんよ。(^_^.)
    私は看護師なので、注射器の理屈がわかるだけです。

    こんにちは。
    注射をご自分でされてるなんて、すごいですね。
    私は積極的な治療ってあまりしたことがないので
    今回の記事は衝撃的でした。
    同じアトピーでも、アメリカは積極的ですね。
    日本とはずいぶん違う。。日本が遅れてるのですかね。

    リカはんさんへ
    今回は、アメリカ治療後の方への記事でした。
    アレルギーの治療法なんです。
    アレルギー反応はアトピーの引き金になりますから、
    その治療をしています。
    http://www.a-association.com/clinic/allergy.htm
    根治に結びつく、大事な治療です。

    今回はアメリカさん関係でちょっと難しかった…
    ところで、アレルギー注射って具体的にどんな効果があるのですか?(どこかに書かれていたらごめんなさい)
    私はジルテックという抗アレルギー剤を痒み止めに飲むだけで、あとは何もしないで手のアトピーと闘っております。(だいぶよくなったかな?)

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    TRACKBACK


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    新しいボトル

    今回も治療ネタを1つ。順調に継続中なアレルギー治療ですが、今月末で現在使っている注射液の有効期限が切れるので、新しいボトルをいただく為の手続きを昨日しました。といっても、必要な書類をアメリカオフィスへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。