プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ショートバースト中

     ショートバースト中なので、ぐんぐん良くなっています。ただ、やっぱり風邪っぽくなってしまい、夕方、ぞくっとしてくる時があるので、背中にカイロを貼ったり、ビタミンCを飲んだりして予防しています。今のところ、何とか順調ですね。
     これが終わったら、どこかからまた、アトピーが出てくる可能性があるので、その場所を書いておくと参考になる、というアドバイスを頂きました。

     アトピー体質は変わりません。ですから、主体的にコントロールしていく必要があります。
     日本の治療はまだまだ「受身」が中心ですね。病院に行って、医者に見てもらって、言われた通りに薬を飲めば治してくれる、といった考え方が主流です。
     ですが、アトピーは考え方としては、糖尿病などのようにコントロールを主体とした捉え方の方が向いているような気がします。糖尿病の方でも、2型で初期であれば、運動や食事に気をつけて健康な状態を保てるし、多少具合が悪くなったら、薬物で一時的にコントロールする、というものです。
     アトピーは「完治状態の健康な肌を維持する」事がもっとも重要です。また、アレルギーなどのトリガーがあり、個人差が大きく複雑ですから、患者が十分に自分の状態を把握していく必要がありますね。
    まぁ、大げさに考えなくても、
    「私、ピーナッツ食べるとニキビが出来るの」
    という感覚と同じようでも、それほど問題ないと思います。(実際はもっと細かくて面倒ですが)
     ただ、私の言う意味は、日本の医師が言う「コントロール」とは、少し異なります。(いわゆる「悪くなったらステロイドを塗ればいい」的なもの)もっと、戦略的にコントロールしていく積極性が要るような気がします。その為には患者本人の自覚と意志が大事ですよね。

     今は、実はストレスを抱えています。
     詳しくは「いい風吹いてきた!」に、書きましたが、中古住宅の売買に関するトラブルです。多くの方にいろんな角度からアドバイスを頂けたら、と思っていますので、読んで頂けたら、と思います。よろしくお願いします。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。