プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    女性のアトピーの方へ

     今日はちょっとデリケートな話なので、「続きを読む」に書きますね。
     もちろん男性でも読んで頂くのは構いませんよ。

     今日は、妊娠や生理などの話です。
     ずっと前に書きましたが、私がアトピーアソシエイションを偶然見つけたのは、結婚して赤ちゃんが欲しいな、と思ったからです。
     それまで10年近く、睡眠薬に頼らないと痒くて眠れない生活だったので、赤ちゃんを作るとなると睡眠薬をやめた方が良かったし、漢方の先生からも、妊娠すると半分くらいの薬が使えなくなる、と言われていたので、安全な睡眠薬を検索していて偶然アトピーアソシエイションが引っかかってきたのです。

     これをお読みの方がどういう状況かわかりませんが、女性だったら恋人作り、結婚、妊娠、出産、授乳を含めた子育て、という事が出てきます。アトピーをそのままにしておくのは、いろんな段階で足を引っ張ります。
     私は今、妊娠を考えていますが、治療して帰国後、肌がリセットされた状態でわかったのですが、排卵期にアトピーが出てくるのです。この状態が意外と長く続き、生理が来るまで調子が悪くなる事があり、何とか復活してくるのが低温期の2週間だけなので、皮膚が厚くなる時間が足りないのです。
     この事をスーパーバイザーに相談したらドクターから、「一旦ショートバーストをして(つまりステロイドをしっかり飲む)、その後は排卵期に合わせて、4日間、少ない量のステロイドを飲む。ただこれらの治療は、妊娠を前提にすると出来ない。ただ塗り薬は問題ない」
    との指示でした。
     塗り薬でがんばっていましたが、このまま妊娠したとしても、悪化のリスクも高く考えられるので、ここは一旦妊娠を待って、皮膚を優先しよう、と夫と話し合いました。
     当初から1年くらいは治療期間がかかる事は承知していたし、多くの方が既に妊娠、出産しているので、治ってしまえば問題はないのですが、35歳という私の年齢を考えても、妊娠を待つのはとても焦れた思いがします。だから、もっと早くアトピーアソシエイションのHPを見つけて治療しておけば、と思いました。

     私の例はほんの一例ですが、こんな経験からも、治療は早い方がいいと思うのです。
     恋人を作るのも見た目は重要です。妊娠や出産は女性ホルモンの変化が大きいので、悪化のリスクが高く、その割には飲める薬が限られるので、ストレスが大きいし、それがお腹の赤ちゃんにいいわけありませんよね。
     出産後は、もちろん子育ても大変でしょうが、アトピー体質は遺伝するので、自分のみならず、子供がアトピーになるリスクも高いのです。アトピーが発症するかどうかは、家の中でのバクテリアの量にもよりますので、アトピー患者が家族にいれば、発症のリスクを高めます。

     アメリカで治療しても、家族に重症アトピーが他にもいて、それが原因で再発した例があったり(年頃だったので、これをきっかけに一人暮らしを始めて、それでよくなったそうですが)、漢方薬の所では、家族4人全員がその漢方薬局にお世話になっている、という話も聞いた事があります。(その家族の一ヶ月の治療費は20万近くだそうです)私自身、イギリスに留学していた時、アパートをシェアしていた日本人のコもアトピーを発症し、重症化しました。今思うと、私が重症だったので、私が原因だったんでしょうね。(^_^;)

     こんな風に、あらゆる段階でアトピーは足を引っ張ります。
     正直、私がアトピーで夫には迷惑をかけて申し訳ないな、と思っています。彼ももっと別の健康な人と結婚していたら、すんなり子供をもうける、普通の結婚生活が営めていたのかな、と。年齢からいっても、私の年で、妊娠、出産は急いだ方がいいのです。
     もちろん、アトピーだと子供が持てないわけではないので、もっと良くなったらトライしたいと思っていますが、帰国したら治っている様な状況をイメージしていたので、一年位は子供を作れない、というのは、何だかびっくりしました。(もちろん、生理にアトピーが影響されない人もたくさんいますし、仮に皮膚が悪くなっても良ければ、すぐにトライできるのですが)急いでいる身にとっては、「作っちゃいけない」というのは、嫌なものですよ。

     私が治療を急いだ方がいい、と思うのは、こんな理由もあるからです。アトピーに左右されない人生を、できるだけ送って欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
     

    スポンサーサイト

    COMMENT

    けんけんさんへ
    あら、お久しぶりです。私もけんけんさんのブログ、いつも読ませて頂いていますよ!
    女性のアトピーは男性に比べて、治るのに時間がかかるような気がします。女性ホルモンのバランスの変化がアトピーに大きな影響を与えるんですよね。同じアトピーでも男性と女性とでは、様々な要素の違いから状況は違ったものになると感じます。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    お久しぶりです。はっきり言って、私とゆかりさんは治療法もアトピーに対する考え方も違うでしょ(笑)そのせいか、コメント量も減ってしまうようです。それでも、自分の考え方だけでなく、柔軟にアトピーに対する視野を広げていくという意味では、ゆかりさんのブログはいつも勉強になると思っています。今日の内容についても、私は男で、女性のアトピーについて本当の意味で理解する事は難しいことなんです。だから関心することばかりでした。コメント量は少なくても(笑)、いつも読ませて頂いてます♪

    EDIT COMMENT

    非公開コメント