プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    費用について

     ドクターマセソンの治療を受ける、となると、確かに高額な費用がかかります。それをどう捻出するか、非常に難しい問題になるでしょう。特にニート状態に陥っている人は、八方塞りの状態になっているのではないか、と心配です。アトピーは既に治る病気なので、それで全てを失ってしまうのは、あんまりだと思います。

     今から書く内容については、私がアトピーアソシエイションとなんら利害関係がない事、治療を強要するような意図がない事、ハンドルネームで書いていて、私が特に責任のある立場にない事、でも同病者で治療後の患者である事を頭に置いてお読みください。
     
     ドクターマセソンの治療を受ける、完治を目指す、と、既に決意されていて、でも費用の調達で悩んでいらっしゃる方、まず御家族に相談してください。そのためには病気の成り立ちや治療法などをよく理解して、必要であればセミナーに出席するなどして、十分に理解してください。
     その上で、真剣に「治療に行きたい」と、御家族に隠さず心情を打ち明けてみてください。
     たいていの場合、両親があなたのアトピーで共に苦しんでいる場合が多く、「もしものために、と貯めて置いた」「結婚資金に、と思って貯金していた」といったお金があるかもしれません。
     もちろん、アトピーのあなたは心が痛むと思いますが、あなたの人生がかかっているし、健康になったら十分親孝行してあげられます。ありがたく受け取ってしまってもいいと思います。「もしもの時」は今、ですし、結婚資金はなくても結婚できます。
     私も実はこの部類でした。
     費用は自分が独身時代に貯めてきた預金をはたいて行くつもりでした。夫は家計、つまり彼の預金から出すように言ってくれていました。(もちろん受け取る気はなかったけれど)
     でも、両親は私が長年苦しんできた事を見てきたし、私の将来にも不安を感じていました。更に母親が幼い頃アトピーだった、という遺伝が明らかだったため、「私のせいだったかも」と、責任を感じていたので、行く事を決めて伝えると
    「そうね。漢方もずっとやってるけど治らないし、この辺で新しい治療に賭けてもいいね。治るかもしれないし。」
    と、費用を出してくれる事になりました。
    (ちなみにうちは、決して裕福な家庭ではありません。今ではアトピーの話になると、アメリカに行ってきたら、と返事をするそうですが・・・)
     今まで治療を受けてきた多くの方も、似たような状況で治療にこぎつけたのではないか、と思います。

     ですが、何はともあれまずは患者本人の決意が必要です。周囲の人は病気ではないのですから、苦しみを理解する事は出来ません。あなたがどうしたいか、それを明確にする必要があり、もし決めたのなら、預金がなければ費用は自分だけでは解決できない問題です。ですから周囲に相談する必要があります。
     もし家族でも、両親が全て負担するのは無理でも、兄弟からもいくらか分担してもらって、という事にもなるかもしれません。
     そしてあなた自身が費用を出してもらう事に強い抵抗があったり、兄弟なんかで自分も決して楽ではない、という人から出してもらう、という場合、借金の形で利子を付けて返す、という方法もあります。
     帰国したら、ほとんどの人が次の日から働ける状態になります。(それくらいの状況でないと、多分ドクターマセソンから帰国の許可が出ない)
    ですから、費用の金額を考えても、フリーターであっても両親の家に居候させてもらう、など住居費の負担がなく、小遣い無しで必死で働けば、ほとんどの人が一年から一年半で完済する事が可能だと思います。
     もし家にお金がなくても、正社員で働いている、とか、両親のどちらか、または配偶者が正社員で働いている、土地、建物がある、など、信用される条件があれば、銀行に相談する事も出来ます。知り合いの銀行員に聞いてみましたが、条件は銀行によってそれぞれだけれど、貸してくれる筈だよ、という事でした。(消費者金融は絶対駄目ですよ!!)

     私の経験からですが、行って治療を受けてきちんと自己管理、ケアをしていけば治ります。もし治療を決意して、費用を借金したとしても、手配がスムーズに行って順調に治療を受けられれば、最短で今から3ヵ月後には借金の返済を始める事が可能です。
     
     治療費を借金する、という考え方は極端に聞こえるかもしれませんが、ニート状態に陥っている人は、深刻です。「今の状況を何とかそこそこまで持って行って、何とかバイトをしてお金を貯めたら治療に行こう」
    そう思うのは、ごく正常だと思いますが、それではいつになったら叶うのか、先の見通しは全く立たないのです。その考え方で重症のアトピーの状況を打開するのは、可能性が低いのが正直現実です。それどころか、「そこそこ」を目指して少しでも状況を好転させるために、つまらない民間療法へ月に2~3万でもつぎ込んでいき、治らない治療で失うものを増やしてしまいます。
     それに、生きているだけでもお金はかかります。
     食費、住居費、健康保険に年金と、仮に住居費を除いても、かなりの金額になります。働いてなければ、それは御家族の負担になっているでしょう。それが続くと自分が「お荷物」と感じて、自分自身をも傷つけていきます。
     でも、考え方を変えれば、教育ローンなど、学費ですら借りる時代です。でも治療費の借金は全ての資本となる「体」であり、遊興費などではもちろんないし、そして実は学費よりも健康の方がはるかに大事ではないですか?

     借金をするとしたら、当然よぎるのが
    「もし、治らなかったら・・・」
    という事です。もちろんリスクですが、ドクターマセソンの治療に関して、個人的にはリスクは低いと思います。でもこれは、自分で確認するべきだし、リスクの大きさも踏まえて自己ケアを怠らない気持ちを作って欲しいと思います。
     自分が治ってみないと実感は出来ないですが、帰国したら働けます。親孝行も借金返済も、帰国したらみんな出来ます。

     自分の殻に閉じこもって、「お金がないから絶対いけない」と思い込み、アメリカに行きたい気持ちも誰にも打ち明けていない人も多いんじゃないかと思います。でも「駄目だ」と決めつけているのも、自分自身だったりするものです。
     周囲は助けてあげたいと思っても、その全てを断っているのも自分自身だったりしますから、
    「治療に行きたい」
    と言ってみると、案外前向きになったのを喜んでくれたりして、意外な反応が返ってきたりするかもしれません。
     まずは相談することです。そして出来れば、費用を何とか捻出して「治る道」を歩んで欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント