プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アメリカでの治療2日目

    今日は、アレルギーの検査に行ってきた。
    20種類くらいの検査薬を皮内注射して、結果を見た。
    結果は、スギ花粉など、ハウスダスト、猫があった。
    ダニは大丈夫だった。
    これから、アレルギーの専門医が、治療薬をブレンドして、
    来週月曜日から、投薬が始まる。
    説明によると、抗体を薬で包み込んでいき、抗原と反応させなくなるようにする。すると、抗体は反応する必要がなくなるから、抗体自体が、徐々に無くなっていき、アレルギー反応を無くさせて行く、というもの。
    治療は、3年から5年かかる。
    月曜日の投薬は、ビルドと呼ばれるもので、私のように短期間で治療する患者は、ちょっと無理するらしい。はじめに骨組みを作っておいて帰国した後、注射薬を定期的に注射していく事によって、きちんとした状態に持っていくらしい。

    昨日の注射によって、むくみが引いてきたみたいで、なんだかすっきり見える。かゆみもかなり楽で、夕べは夜中に目が覚めてしまったにもかかわらず、さほど掻かずに朝まで乗り切れた。

    アトピーで子供を殺したり、心中を図った事件が時々起こっている。
    http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050506k0000e040020000c.html
    そのニュースを見るたびに、アトピーアソシエイションのスタッフの人や、ドクターマセソンも心を痛めて心配している。
    実際にそのやり取りを聞いていると、いわゆる儲け主義のアトピービジネスとは、違うな、というのを感じる。

    アトピーの人は、出口を失ってしまい、いろんな意見が多すぎて、こういう事が起こってしまうんだと思う。
    私は多分、とてもラッキーだったと思う。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント