プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療

     私は現在、アレルギーの治療をしているが、このアレルギー治療に関心を持っている方が多いようなので、わかる範囲で書いてみたいと思います。

     アレルギーの治療は減感作療法とは異なり、出来てしまった抗体を科学の力で包み込んで、消退させてしまうものです。アレルギー反応は、抗原抗体の反応ですから、一度抗体が出来てしまうと、抗原物質が入ってくると反応するようになってしまいます。その結果が蕁麻疹や喘息などです。なので、この抗体を包み込んでしまえば反応しなくなり、それが長くなると、この抗体は自分は不必要と思って、消えてしまいます。これが、ドクターベイカーによるアレルギー治療です。ですから、完治が可能なのです。
    詳しくはこちら

     全員がアレルギー治療を受ける必要はないという事ですが、日本の難治化したアトピーの人の多くは、このアレルギーが深く関わっている人が多いようなので、ドクターマセソンの治療を受けられる方は、ドクターベイカーの治療も受ける方が多いと思います。

     私は、日本での血液検査はスギ花粉に反応しただけで、他は全てマイナスでしたし、魚のアレルギー以外は渡米するまで自覚がありませんでした。(皮膚の状態が酷すぎて認識できない)
     でも渡米した翌日、ドクターマセソンの指示で検査に行ったら、スギ花粉とハウスダストに強く反応し、あとは猫くらいだったと思います。幸いダニはなかったんです。
     で、アメリカでアレルギーも集中治療(ビルド)をして、帰国して、今2週間に一度のペースで治療の注射をしています。これは3年から5年ほどかかる治療です。
     
     効果の自覚は、ポートランド滞在中、皮膚の色全部じゃないですが、私も世話人の方もドクターもわかるほど、皮膚の黒ずみが落ちました。アレルギー治療をしてからすぐだったので、明らかに治療の効果です。
     あと、日本に帰ってきてから、一応気をつけてマスクをして、長袖長ズボンで掃除機をかけていましたが、それまで、掃除の後、すごい疲労感とだるい感じがあったのですが、それがなくなりました。
     今は、マスクだけしかしませんが、掃除の後も体調に変化はありません。掃除機もハウスダストが出ないものに変えようかと思いましたが、世話人の方から
    「注射の効果が出てくる筈だから、高価な掃除機に変える必要はないと思う」と、アドバイスをもらったので、同じ掃除機を使い続けています。

     スギ花粉は良くなるのを楽しみにしていたのですが、もう今、花粉が飛んでいますが、目が痒くなったりするので、完治はしていないようです。でも、鼻水はあまり出ないかなぁ。来年が楽しみです。

     食べ物のアレルギーの検査はしていません。検査薬自体、一種類につき数千円と高価で、検査するとなると種類が膨大になるため、自覚に任せています。
     ただ、空気中にあるもので反応する場合、自覚するのが難しいし、種類によっては24時間反応し続けてしまう事になるため、花粉、カビ、ダニ、ハウスダストなどは、ドクターベイカーの所で検査したわけです。もちろん検査項目は自分では選ばず、お任せパックで検査しました。
     食べ物アレルギーも、希望すれば出来るようなので、費用に問題がない方で、深刻な場合は事前に相談しておいた方がいいと思います。

     アレルギーの費用は、検査の結果何種類反応があったかによっても費用が違うため、患者全員が一律ではありません。私はあまりたくさんなかったので、他の人よりちょっと少なかったかも・・・?

     今は、食べ物でアレルギー反応、時々します。痒みが強くなってきたら、先にクラリティンを飲んでしまうようにしています。
     今現在、アトピーが酷いままでクラリティンを飲んでいる人は、もしかしたら効果をあまり実感できないかもしれませんが、帰国後に飲むと、すごい薬だなぁと思います。
     食べ物で出る事が多いため、抗原の食べ物が排泄されてしまえばいいので、クラリティンを飲んで、水分を大目に飲みます。
     最初に蕁麻疹が出た時はびっくりして、アトピーが悪化したのかと青くなりました。高額費用をどぶにすてた!?と思うほどで、ちょっとパニックでしたが、クラリティンとドキセピンを飲んでゆっくり寝たら良くなりました。
     ここで我慢して薬を飲まないでいると、炎症を起こした所にバクテリアが付きやすくなってアトピーになってしまうので、初めは薬を飲むのを迷っていましたが、後にショートバーストしなければならない状態になる事を考えると、早めに手を打つ事はとても大事、と思うようになりました。
     なので今は、クラリティンは持ち歩いている事が多く、旅行に行く時も日数分用意していきます。原因を毎回特定していけば、原因物質を避ける事が出来るようになるので、クラリティンを飲む回数も減らせるようになります。ですから、アメリカで治療して帰国したら、指示通り、すぐに対処し、ためらわずに薬を使う事をお勧めします。

     アレルギー治療は日本で出来ないですが、とても効果的な治療なので、早く日本でも出来るようになるといいな、と思います。
    (でも多分、ならないだろうなぁ)

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト