プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    石鹸について3

     お願いしています通り、コメントは残さないようにお願いします。どうしても、の場合、シークレットモードににてお願いします。(理由は石鹸について1をお読みください)

    コールドプロセス石鹸について

    手作り石鹸やコールドプロセスの石鹸でアトピーに対する良い効果があったという人もいます。
    こういう石鹸の場合は、中和率をあえて低く抑えておいて油脂を残す事で保湿効果を狙っています。どうしても洗浄力は弱めになるので そのことがかえってアトピーの肌を洗いすぎないことで良い結果が得られる場合があるようです。

    こうした石鹸は たいてい植物油などの天然素材を使っていますので、残留した脂肪酸や油脂が肌に残って、それがその人に合っている(アレルギーなど起こさず保湿効果など良い面が働いた)ことによって良い結果が得られるということです。
    (時々グリセリンが残ることで肌を保湿するという話を聞きますが
    グリセリンは水で洗い落ちてしまいますので、洗顔後の保湿には関係ありません)
    ただし、普通の石鹸よりもさらに石鹸カスが多く残るので、それがトラブルのもとになっている人には向いていないし、その残留油脂分が肌に合わなかった場合、ニキビの素になったりというトラブルの可能性があるので誰にでも優しいと考えないことです。
    「肌が潤った感じで調子が良くなった」という人と「ニキビが多くなり、膜が張ったようで悪くなった」という人がいるのは全く同じ条件が良くも悪くもあったということです。

    ホホバ油やマカデミアナッツ油などの天然油でアトピーに良くない結果の出る人がいるように、コールドプロセス石鹸などの残留油脂で良くない結果が出る人もいます。
    天然=優しい という考えはやめて本当に自分の肌に合っているかどうかの見極めが大切です。
    天然の素材はまだ解明されていない未知の成分もあり、スキンケア効果が期待できたり、アトピーに良い結果が得られる場合もあるでしょう。
    その半面 成分の数が多いことでアレルギーを起こす可能性は広がります。
    天然素材が一番優しいと安易に手をださずに、ほんの些細なことが大きく影響してしまうような繊細な肌状態の時は、石鹸カスの問題もなく洗いすぎることも無く刺激がないことで優れているアミノ酸系の洗浄剤を使ったものなどに目を向けてみる方が、より安全だと思います。
    ステロイドで治らない以上、効果の望める天然の素材に目がいきがちなのは仕方がないことかもしれませんが、状態の安定していないアトピー肌の時はハイリターンだけに気を取られずに同時にハイリスクだということを知っておくべきです。
    天然の油脂は それぞれ差がありつつも酸化しやすく、肌に酸化した油脂がついていることでアトピーに悪い結果がでてしまうような人には向いていないでしょう。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント