プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピー本

     普通、自分が何か病気になって、病院に行って診断名が付いたり、すぐに治ると思っていてもなかなか治らなかったら、病名からその病気は何だろう、と思って調べてみるのはごく自然な事だ。
     だからアトピー自体は有名な病気だけれど、悪化の度合いが酷かったり、長期に渡っていったら、本屋さんでアトピーのタイトルがついた本を手に取ってしまうだろう。
     でも、私が手にとって読んでみた本は、正直???しかなかった。
     決して全てが悪いと言っているわけではない。けれど、全てに頷ける本は皆無だった。
     極端な民間療法を勧めるものか、無難な事しか書いていないもの、頷ける所もたくさんあるけれど、これ、違ってるよ、というものが入っているもの、このどれかに分類できる。
     無難な事しか書いてない本は害は特にないけれど(得るものも何もないけれど)、極端な民間療法を勧めるものや(医師が加担してあるものもある)、間違っている事が書いてあるものに関しては、大丈夫かな、と思う。
     確かに選択の自由もあるし、納得するかしないかは、読み手側の自由だ。でも、判別できない人が読んでしまったら、やっぱりリスクはあると思う。この辺りは最後は「運」になるのかも・・・。

     私が思うのは、アトピーの本を読むより、解剖学、生理学、薬理学の本を読む方が何倍も為になる、という事だ。
     これらは一つ一つ学問だし、膨大な量があるので読む気はなかなかしないだろうし、一般向けに書かれてある本もあまり無いのが現状だ。ちょっと残念だと思う。
     けれど、何が正しくて何が間違っているか、判断する所はやっぱりここしかない。
     よくステロイドが引き合いに出されるが、自分自身でもそのホルモンは副腎で作っているわけで、正常だとどうなのか生理学、解剖学の本で読んでみて、薬として取る事を仮定したら、薬理学の中で作用、副作用はどうなのか、そして薬として取ったらそれがどのように体にどんな変化をもたらすのか、、また生理学に戻って考えてみる、というのが本当の判断の仕方だと思う。
     
     だから、アトピー本を買うんだったら、解剖学、生理学の入門書、みたいのを買った方がよほど為になる。
     書店で手に入れるのはちょっと難しいかもしれないが、医学書のコーナーにちょっと行ってみるといいと思う。医師向けのものが一番難しいのでそれは外して、看護学生向けのようなもので、楽しく作られているものがいくつかある。ちょっと立ち読みしてみて、わかりやすく感じられたらそれがいいと思う。別に医療従事者になるわけではないので、解剖・生理学なら副腎の辺り、薬理学なら副腎皮質ホルモンの辺りを読んでみて、わかりやすければそれがいいと思う。

     それはちょっと大変、という人が判断しようと思ったら、やはり医療知識のある人にいろいろきいてみるのが早い。通っている病院では駄目で(立場があって、本音が言えない)、そうじゃない人にプライベートの中できくのがいい。
     なかなかそういう人がいない場合は、ネットなんかを活用して質問してみるのも一つだ。(ただ、どんな人かは入念に調べてからにしてくださいね)

     私としては、正直、あまりアトピーの本は読んで欲しくないなぁ、と思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    スポンサーサイト

    COMMENT

    gigiさんへ

    初めまして。
    勉強になる、なんて、嬉しいです。(*^_^*)
    ステロイドについては、患者それぞれいろんな経験があって、感情があると思います。でも、ある程度避けて通れないもので、極論が出ちゃってますよね。
    書いている人の医学知識の量もまちまちなので、これだけいろいろ氾濫しちゃうと、患者は困りますよね。
    私もこれからgigiさんのブログ、見に行きま~す!
    これからもよろしくお願いします。

    同感

    こんばんは、はじめまして。gigiといいます。
    brog rankingからとんできました。
    ゆかりさんのブログ、読めば読むほど勉強になります。
    私もアトピー本については同感です。非ステロイド派と積極派でお互いがお互いの治療方針を非難しあってるし、??と思う事が多いです。結局自分の病気については自分で勉強するのが一番なのかもしれないですね。
    先日立ち上げたばかりの私のブログにも副腎皮質ホルモンについて少し書いたのですが、もっと勉強してから書けばよかったかな~・・ と少し反省しております。
    これから、ちょくちょく遊びに来ますので宜しくお願いします。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Waoさんへ

    ははは。私が本を書くとしたら、もっと勉強しないといけないだろうなぁ・・・。ブログ程度が気楽かな。結局当たり障りのない事書いて終わったりして・・・(笑)

    矛盾

    気になりますから、目を通しますが、二冊読むと
    わからなくなります。
    ゆかりさんも本を書いてみてはどうですか。
    知識量が半端じゃなさそうだから、いいものできそう。

    ニシダさんへ

    正反対なことは困りますね。判断が出来ないですもんね。
    医学書、ちょっと敷居が高い気がしますが、今は漫画チックにしたものとか、いろいろ工夫されてきているようなので、覗いてみる価値はあると思いますよ。

    アトピー本

    僕も何冊も読んでみましたが、
    まさに一緒な意見で
    極端な意見か無難な意見がほとんどだなーと思っています

    たまに正反対なこととかもあって困りますよね

    機会があれば、一般敵な医学書的な本も読んでみよう思います

    EDIT COMMENT

    非公開コメント