プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    精神論

     アトピーと心の関係は大事だと思うけれど、私は特別重視しない。
     よくアトピーを良くする為に、気持ちをポジティブに保つ、とかいうけれど、はっきり言って重症アトピーの人には無理だ。24時間痒みと痛みにさらされ、眠りすらもままならず、体も心も疲れきってしまう。気持ちは痒みと痛みとの戦いに終始し、人間としての清潔を保つのと、生命維持の食事をするのがやっと。はっきり言って、何も考えられない。

     健全なる肉体に健全なる精神が宿る。

     昔から言われていた言葉だ。健康でなくなったら、心だって病気になってしまう。それを超越していくなんて、90%以上の人が無理だと思う。
     私達は現実を生きている。頭では、痒くても我慢しなきゃ、とか、こんな時はポジティブに、とか思ったりするけれど、現実は出来ない。現実を否定して、超越した「ポジティブ」についてあれこれ考えてみても、上手く行かない。それより、ポジティブになれない、というのを前提に物事を考えていかないと、解決の道は開けなのではないかと思う。

     病院に勤務していた時には、いろんな患者さんを見てきた。よく、心臓病の人は神経質、とか裏でこっそりみんな言っていたけれど、自分がアトピーになってみて、そうじゃなくて病気が先なんだ、と思った。
     痒みと痛みと戦っている時は、当然苛立っているし疲れているから、怒りっぽくなるし、神経質になるし疑い深くなる。私だっておおらかな気持ちで笑って許したかったことがたくさんあるけれど、そんな精神状態ではなかった。
     
     確かに世の中には、自分で病気を作り出す人がいる。
     異常は無いのに、熱を測っても、36.2度で
    「いつもは35.5度くらいしか熱がないから、おかしい。氷枕を作って欲しい」
    と言っていた人もいた。
     検査しても検査しても、
    「おかしい筈なのに」
    と、自分の健康を信じない人もいる。
     けれど、こういう人達はごく少数だ。

     重症アトピーは精神論だけでは解決しない。
     確かに免疫が絡んだりするし、ポジティブでいる事はいろんな意味で大事だと思うけれど、私はそれ以上に大事だと思うのは、現実的にアトピーを治してしまう事だと思う。体が健康を取り戻せば、気持ちだって健康になる。精神的にも傷つきにくくなる。

     私はアメリカから帰ってきて、多少なりとも性格が変わったと思う。やっぱりおおらかになった。体力も出てきたし、夜もぐっすり眠れるからストレスも少ない。アトピーの悪循環を絶つ事が出来たから、いい循環にも入ってきたんだと思う。自分に余裕が出てきたから、周りにも優しく接する事が出来る。
     アトピーは性格をも変える。
     だから、子供や学生の人のアトピーはとても心配だ。人格形成の大事な時期を苛立ちで過ごす事は、マイナスだと思う。

     重症アトピーの人の中には、自分の性格が悪いからアトピーになったんだ、とか、罰を受けているような気持ちでいる人がいると思う。私もそんな気持ちになった事がある。
     神様、私、何か悪い事しましたか?
    と。
     でも、今はっきり言える。そんな事はない。
     人間、多かれ少なかれいろんな罪を犯しながら生きているものだし、自分より悪い事をして罰を受けるべき人はたくさんいる。だから、自分が悪くて病気になったわけでは決してない。
     病気は、ただ単に、「病気」なだけだ。

     だからまず、体を治す事を最優先して欲しいと思う。全てはそれからではないだろうか。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    みぃさんへ

    おっしゃる通り、心と体はバランスを取っていますよね。
    でもそれだけに悪循環にも入りやすいので、
    どこかで断ち切って、いい循環に入っていかないと
    いけないと思います。
    ちなみに、私は看護師です。今は勤めてないですけどね。

    ゆかりさん、こんばんは。

    「身体を治すことを最優先」って私も共感します。
    しんどい時はしんどいで精一杯。当然ですよね。
    無理してポジティブにいる事ないですもの。
    心と身体は上手にバランスをとっているなぁと思うのです。

    ゆかりさんはお医者さんか看護士さんですか?病院勤務してたって書かれてるから…。

    waoさんへ

    体から心が病気になる事もあるし、心から体が病気になる事もあります。体と心は同じところにあるのですから、waoさんの言う通り、両面からのケアは大事だと思います。

    精神論

    確かに精神論だけでは、病気は治りません。
    でも、悲しい気持ち、不安な気持ちを払拭したいという、
    心理的ストレスを解消する、ケアがあってもいいと思います。
    一番は目の前の症状がなくなうことが一番ですけど。
    それを含めて、心の面でもケアして欲しいと思うこともあります。
    物心両面からの治療がなされるべきかと思います。
    ゆかりさんの言うとおり、無意味な精神論に偏重した知慮法は
    少し変ですね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    みこさんへ

    応援メッセージ、ありがとうございます。
    私も同感します。原因あってこその病気だし、
    精神面は後からついてきますよね。
    これからもがんばりま~す。

    自分はアトピーとはちがいますが
    とっても気持ちがよくわかります。
    病は精神的にってよく言われるけれど 
    必ず原因があるはずです
    それをみつけて どう対処するかであって
    精神面は後からついてくるものだと思います
    つらいでしょうが このブログをつづけてください
      

    EDIT COMMENT

    非公開コメント