プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療開始

    今日、ポートランドについて、世話人の方のお宅で休憩した後、ドクターマセソンの診察を受けた。
    上品で、非常に頭が良く、えらぶった所が全くなく、信頼できそうだと直感した。
    私は、一応、元ナースだったので、医者を見る目はそこそこ肥えてるつもり。その中でも、秀逸だった。

    今日は、ステロイドの筋肉注射をした。
    かねてから私は、ステロイドに関しては、日本のアトピー患者は過剰に反応しているように思っていた。
    ステロイドは、使い方が適正ならば、医療業界の中でも、一位二位を争うすばらしい薬だ。無ければ、どれだけの人が命を失うだろう。
    だから、私は、ステロイドの注射も知った上で渡米した。DR.マセソンの使い方は職人技だと思ったのだ。
    西洋医学で用いる薬は、多かれ少なかれ、毒である。
    だから、要は使い方で、その上手い下手は、内科に勤めた経験のあるナースは、誰でも医師の技量を見ている。

    注射をしてもらい、ケア用品をもらい、今日から抗生剤(セファレキシン)を飲み始めた。本格的な治療は、アレルギーの治療の後ということだ。
    鼻の穴に塗るムピロシン
    という薬も一日2回、塗り始めた。
    炎症もいつもよりもずっと楽。
    だから、体力もずっとある。

    世話人の方の話では、今まで治療後、元の状態に戻った人はいないという事だ。
    では、なぜもっと報道されないかについては、取材に来た新聞社もあったが、アメリカでの治療で「完治」状態になる事がわかったら、どんな団体がどんな反応を起こすかを想像して頂きたい。
    そのため、自粛します。という返事だったそうだ。

    ひえー!

    ちなみに、ビタミンCは、アレルギーの検査に影響してしまうため、飲んでいてはいけないという事だ。
    これからいらっしゃる方がいれば、サプリメントの類、胃薬など、やめてもいい薬は、飲まないで間を空けてきた方がいいと思います。(ただし、判断に関しては、慎重にしてくださいね。)
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント