プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ステロイド、内服開始

     あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

     と、しょっぱなから、ステロイド、今日から内服を開始しました。
     多分、え!よっぽど酷いんだなぁ、と、思われるかもしれませんが、それ程ではありません。もちろん、治療前と比べたら雲泥の差で、全然我慢できる範囲内なんですが、基本的に我慢しなくていいので(必要ない)、内服する事になりました。一度湿疹がない状態を経験すると、湿疹が出来ると、すごく気になるんです。
     私はどうも、生理の排卵期に悪くなるタイプのようで、それともう一つ、他科の疾患で治療中なのですが、そちらの治療の影響も大きく、なかなか湿疹が治りきらず、やっと軽快してくると排卵期になってしまって、またちょっと悪くなる、という事を繰り返していました。そのため、一番の目的である、皮膚を厚くする、というのがなかなか進まず、一度、その他科の治療を中断して、アトピーを優先する事に決めました。なので、他の疾患が何もない人に比べて、回復はぐっと遅いだろうし、典型的なパターンとは違います。
     でも治療後、だいたい一年は不安定な状態を過ごす人が多いという事なので、今、私は帰国して半年。不安定で大事な時期じゃないかと思うのです。
     それで、ドクターに指示を仰いで、ステロイドをしっかり内服して、まずは出ている湿疹を消して肌をきれいにして、それを維持するために、排卵期のたびに4日間、一日10mgづつ先手を打って、ステロイドを内服し、良い状態を保つ、という方法をとる事にしました。皮膚が厚くなって安定したら、ステロイドの内服薬は終了となります。

     欧米では患者に「我慢させる」というのは少なく、まず、苦痛を取り除いてそれから原因を追究して治していく、という姿勢で、それはアトピー治療も同じです。だから、我慢する必要はないし、我慢すると手を打つのが遅くなり、もっと多くの薬を用いなければならなくなったり、難治になったりするので、早め早めに薬を使っていきます。
     ステロイドの内服薬は、日本では膠原病とかリュウマチとか、比較的重症度が高い疾患に用いるようなイメージがありましたが、アメリカではそうではないようで、軽い症状でも、わりとあっさり処方されるようです。確かに外用薬では吸収度もわからないし、コントロールできなくなる事を思えば、内服で確実に効果を出し、短期で用いて、副腎の機能を狂わせる前に離脱してしまうのは、とても合理的だと思います。
     あと、使う量も日本では少なすぎるのも問題なのです。少なすぎる量は効果も出さないので、結局徐々に増量したり、長期に使用する事になって、別の問題を引き起こすケースが少なくないのです。
     この問題に関しては、10年近く前に日本の内科の医師から聞いていたので、ドクターマセソンの処方量に、私は特に驚きませんでしたが、日本ではまだ主流ではないかもしれません。
     しっかり使って短期で抜ける、というのは、ステロイドに限った使い方ではないので、なかなか症状が取れない、といった経験をした方は、一日の限界量を調べた方が参考になるかもしれません。

     で、今回のスケジュールですが、前回と同じ、60mgを3日間、40mgを3日間、20mgを3日間で、終了です。飲み忘れが怖いので、スケジュール表を作り、毎回飲んだら○をつけるようにしました。「うっかり」をしませんように・・・。

    ドクターマセソンのステロイドを用いての治療についてはこちら

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 



    スポンサーサイト

    COMMENT

    ayaさんへ

    私が思うに、アトピーの人は、既にアレルギーを起こした皮膚にバクテリアが付着してしまっているので、クラリティンを飲んでも、バクテリアの問題を解決しない限り、表面上、あまり効果がないか、焼け石に水程度にしか感じないと思います。私も治療前はそう思っていましたから、抗アレルギー剤はあてにならないと思っていましたから。
    でも、帰国してからは、顕著に効きます。飲んで15分かからないくらいで湿疹が引いていきますよ。
    厚生省のシステムもいいところもあるのは同感ですが、公務員の利権がすごいので、患者は完全に後回しのシステムだといっても過言ではないと思います。特に、薬関連は製薬会社の賄賂なんかも絡むので、患者は二の次三の次ですよね。

    コメントありがとうございます。ゆかりさんなりの見解をいただけて勉強になります。
    クラリティンについては、その内科医に自分で買って飲むように言われていたのでしばらく飲んでいたのですが、あまり効果がないように思え、今は飲んでいません。でも、いい薬なんですね。

    日本でもいくつかの抗アレルギー薬を飲んだことがありますが、効果がないように思えました(素人判断なんですが…)。

    ドクターマセソンの診察を受ける機会があったら、そこのところ聞いてみたいと思います。数ヶ月単位で飲まないと効き目がないのかな…。

    プロトピックは日本で1週間、1回だけ使ったことがあります(結婚式に出席しなくてはいけなかったので、仕方なく…)。が、あのべたべたしたワセリンの基材が私には辛かったです。ワセリンとどうも相性が悪いみたいで…。それと、熱っぽさがすごかったです。
    けれど、こちらで処方されたエリデルは、さらっとした軟膏で、あまり熱さを感じませんでした。基本的に同じ成分の薬だと思っていたので「あれ?」と思いました。ちょっと違うんですね。初めて知りました。

    日本の薬と厚生省のシステムについてはいろいろあるんですね…。
    保守的な日本にもいいところはあると思うので、全面的に批判はしたくありませんが、もし、内情が患者優先になっていないのであれば、それは絶対に改善してもらいたいですね。

    ayaさんへ

    ハウスダストが原因ですかぁ・・・。カーペットは辛いですよね。
    アメリカに帰るのが、嫌になっちゃいますね。。。
    日本とアメリカの薬の質、については、私も薬剤師でないので、正確には答えられませんが、臨床にいて思ったのは、医師は信用できないけど、薬は信用する、ということです。
    薬の日進月歩のスピードはすごくて、例えば、昔の抗アレルギー剤は眠気がどうにもならない、とか副作用の問題が大きかったけれど、今、クラリティンはその問題を解決して、しかも一日1つで大丈夫、となりましたよね。しかもアメリカでは、処方箋なしでも買えるし!
    なので、抗アレルギー剤以外にもどんどん良くなっていると思われます。ステロイド剤も例外ではないのではないでしょうか?
    でも、日本は認可が遅いため何年かたってからやっと、使えるようになったりするので、認可されるまでは、副作用の大きい、使い辛い古い薬で対応しなければならないのです。
    また、厚生省が認可する薬も偏りがあって、タクロリムス製剤である、プロトピックとエリデルがありますが、ドクターマセソンいわく、プロトピックの方が、浸透度が高いそうで、エリデルは低いので問題ないそうです。でも、日本では危険な方のプロトピックのみが認可されました。
    厚生省の裏の問題もかなりあって、認可の仕組みや薬価の仕組みはとてもわかりにくくできています。なので、薬の質の違い、というのは、この辺りの問題じゃないかと思います。

    私も去年の3月にアメリカに来た時に、家中に敷き詰められていたふかふかのカーペットに付着していたハウスダストのせいでみるみるうちに悪化し始め、寝たきり状態になりました。首が痛くて回らないほどでした。

    アレルギーや皮膚科専門のお医者さんではなく、ファミリードクターと呼ばれる内科医のところへ行ったところ、まず、ステロイドの内服と弱いステロイドの軟膏を処方されました。
    塗り薬はもちろん、内服なんてとんでもない、という感じで最後まで難色を示したんですが、アメリカではこれが一般的で、指示通りに飲めば問題ないと言われ、もうこの状態を脱したかった気持ちもあり、しぶしぶ言われた通りにしました。その後もちろん良くなりましたよ。当たり前ですが・・・。その後はたまに少し悪くなりながら小康状態が続いています。(今日本に一時帰国しているのですが、冬なので汗をかかないのとフローリングの部屋に住んでいるということもあって、セルフケアをしていれば全然アトピーが出ません。ステロイドもエリデルもぬってませんアメリカのカーペットの家に帰ったら怖いです;_;)

    話はそれましたが、ドクターマセソンの所でもステロイドの内服を使用するという話を知って、本当にアメリカでは一般的な治療法なんだなあ、と思いました。

    私の今の疑問は、よく言われている「日本とアメリカの薬は質が違う」というところです。私は素人なのでどう質が違うのか、また何故そのようなことが起きるのかわかりませんが、その辺、もしわかる専門家の方のお話を聞く機会があれば聞いてみたいなあ、と思っています。

    みなせさんへ

    お帰りなさい、ですね。
    内服、私も去年の7月が初めてだったので、初めはちょっと怖かったですが、別に日本での治療みたいにツケは払っていないので、本当に使い方だと思いました。
    リバウンド、うまく抜けれてよかったですね。ステロイドでステロイドを制する!って感じですね。
    飲み忘れ、気をつけます!

    not subject

    あけましておめでとうございます。
    内服、正直最初はちょっと恐かったですね~。漠然とあまりいいイメージが無かったので。
    でもドクターマセソンの治療を受けて、やっぱり薬は使いようだな~と実感しました。
    あっけなくリバウンドを克服できたなんて、今でもときどき夢なんじゃないかと思っちゃうぐらいですよ。
    うっかりにお気をつけを~。

    ろくろくさんへ

    アトピーでステロイドの内服というのは、日本ではあまりしないですよね。これには理由があるので、そのうち記事にしたいと思っています。
    生活の質を維持する事は、とても大事な事だと思います。痒みの継続は、ホントに辛いですもんね。薬は絶対悪ではないので、上手に使って生活の質を維持する事は、とても大切だと思います。

    not subject

    ゆかりさん、
    わたしも内服と聞いてちょっとドキッとしたのですけれど、全部最後まで読ませて頂いて、そうだよなぁと納得する部分が多かったです。
    赤ちゃんの場合「痒いのは辛いから」と先ずは症状を和らげることに重点が置かれますが(その後の対応が遅い&不十分なのは不満なんですけどね;)、大人でもやっぱり辛いですものね。
    大人の場合は「ストレスや睡眠不足よ」と片付けられることが多いですが、それ以外にも悪化の原因が大分特定できるようになってきたこともゆかりさんが落ち着いていらっしゃる理由かしら。
    前向きな姿勢に助けられています、いつもありがとうございます。
    そして、お大事に、あと半年か一年か、このまま行けば本当に安定しそうで楽しみですね。



    ことも

    EDIT COMMENT

    非公開コメント