プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    脱軟膏・脱保湿剤3

    はじめに
     前回の記事でhiroさんという方から、コメントを頂きました。こちら
    他にも、同じように感じていらっしゃる方がいるのではないかと思いまして、そういう方々へ
     私のブログは個人的な趣味でやっているもので、万人受けしようと思って書いているわけではありません。ですから、自分なりに練った内容を書いているつもりですが、偏りが出るのは当然で、ある意味、一つの個性だと思っています。
     私の拙文や記事の方向性によって、不満、不愉快をお感じになる方もいらっしゃると思いますが、ご指摘頂いても、改善する気がありません。非常に消耗しますので、そういったコメントはお断りします。自由に書かせてください。
    (ただ、医学的見地、専門的知識に基ずいた意見で、私があまりにもかけ離れた事を言っていたら、シークレットで教えてくださいね。顔を赤らめながら、急いで訂正しますので)
     質問や疑問点などありましたら、私でよければお答えしますが、高度な質問や重要事項などは、アトピーアソシエイションに直接お問い合わせください。医師を含め医療従事者からの高度な質問に対しても、十分に用意してくれると思います。
     ドクターマセソンの治療を受ける事を検討されている方は、HPをよく読んで、十分に納得されてから治療を申し込んでください。納得できないまま治療を受けられた場合、トラブルの元となりますし、アトピーアソシエイション側にも迷惑となります。
     私がまだ治療中なので、私の言っている事に信憑性が薄いという事であれば、説得するつもりはありません。ご自分の道をお進みください。(ただ、もう元の状態に戻る事はない、と確信できるところまで来ていますし、ゴールも見えています。)
     不愉快と思ったコメントに関しては、削除したいと思っています。
     以上の点、ご了承ください。

     でも、こんなネガティブな意見も来るようになって、なんだかちょっと有名になったみたいだな~、なんて思っちゃったりして!有名になると賛否両論いろんな人がいろんな事言うようになりますからね。その証拠、といった感じがしました。うふ。
     
     というわけで、前置きが長くなりましたが、本題です。
     脱軟膏、脱保湿が成功した人は、なぜ成功したのか。
     そもそも脱軟膏・脱保湿剤の考え方は、例えば洗顔剤を使っていて、その後、化粧水や乳液などを使っていた方が急にやめると肌が突っ張り、その後、自分の皮脂腺の活動が活発化して突っ張らなくなって肌の調子が良くなる。というものや、傷口が治る過程のように、乾燥しかさぶた状になって傷が治る、というものだと思います。ですから、保湿剤をやめると、肌が乾燥して、リンパ液などでガビガビになって、その後良くなる、というものです。
     ただ、これら二つの考え方に対しては、健康な皮膚の人を前提とした場合のように思いますので、アトピー患者とは状況が異なると思います。
     それで良くなってしまう人、というのは、少なくともアレルギーが非常に少ない人だと思います。アレルギーがアトピーと密接に関係しているのは事実で、空気中に存在しているものと反応している場合、湿疹や炎症はなかなか止まらないと思いますので、この要素が非常に低い事が考えられます。
     また、ワセリンで赤みを生じる人もいるようなので、使っている保湿剤や軟膏の成分にアレルギーを持っていて、それが誘引だった場合、使わなければ当然皮膚の状態が改善する事は望めるでしょう。
     あとは、少ない可能性と思いますが、リンパ液などが固まって、皮膚の保護の働きをした場合、アレルギー物質やばい菌が入りにくくなって、回復に向かう、という事も一つの可能性として考えられるかもしれません。
     私が思い当たるのは、これ位です。
     であれば、苦行のような脱保湿剤などしなくても、アレルギーを起こさない保湿剤や軟膏を見つけて肌を保護すれば、同じような効果は十分に得られると思います。

     脱軟膏・脱保湿剤のやり方が、医療の中でメジャーにならないのは、このように根拠があいまいで、成果に結びつきにくい、という証拠だと思います。
     苦行に喜びを感じる人は挑戦するのは自由と思いますが、私は決してお勧めできないし、回復を遅らせるリスクが非常に高いやり方だと思っています。
     「こんな治療法がいいらしい」
    と聞いたらすぐに飛びつかないで、根拠をよく考え、メリットデメリットを十分に検討してみてください。方法によっては、悪化させ、更に難治化する事もありえますから。

     この間ニシダさんという方からコメントを頂いて、今、入浴すらしない、というやり方があるようですね。汗をかくと痒くなる事からわかると思いますが、不潔にしておく事は、悪化を招きますし、水分を皮膚から吸収させる事もできません。到底理解できないやり方です。極端な治療方法は、どうかと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    はささんへ
    励ましのお言葉、どうもありがとうございます!やる気が出てきました!!
    脱保湿、確か、藤沢医師が書いた本に書いてあったんですが、他の医師が紹介して、藤沢医師が乗ったみたいです。ちょっと私程度の普通の頭では、理解に苦しみます。

    ええっ!脱保湿ってお医者さんがいいだしたんですか!ううー。

    私はゆかりさんのブログの大ファン。
    好き勝手いってこそブログ。
    誰かの顔色を伺う必要なんてなし。

    いつも大切なことを教えてくれて
    本当にありがとう。ね。

    102ndさんへ
    私も同感ですね。アトピーの肌ってものすごく乾燥してますから、保護する意味でも保湿剤は必要だと思います。
    ただ、アトピーでない普通の肌の場合、切り傷などの場合は、かさぶたで上手く蓋された場合、乾燥させる、というのも一理ありです。蒸れて湿ると細菌が付きやすくなりますもん。
    それにしても、いろんな治療法、考え出しますよね。(しかもこの方法、言い出したのは医師なんですよ!)もうちょっとスタンダードなところをきちんと検証して欲しいと思います。

    私自身はアトピーはなく、夫が苦しんでいる身です。

    脱・保湿・・・そういう考え方もあるんですか!
    素人なもので、ごめんなさいね、素直にびくりしたんです。

    しかし確かに、引っ掻き傷で血が滲んでいたら、クリームなど塗ろうものならしみて痛いですよね。
    そうい意味なら一理あります。
    これの詳細はゆかりさんが説明して下さいました。

    でも・・・保湿というより、補湿ってやっぱり普通のことでは?

    梅雨と異常乾燥がある日本では、季節によっては『補湿』の良し悪し、傷のある方には局所的に『保湿』の良し悪しがある・・・
    良し悪し=フレキシブルに対応すべき、
    そういう印象を持ちました。

    素人意見でごめんなさい。感想です。

    ピコさんへ
    私にしてみたら、脱保湿など、昨今出てきてる間違った治療法の方が、余程極端だと思います。危険な治療を「危険だ」といって、なぜ悪いのか私にはわかりません。この「危険」というのは、生命の危険も孕みます。ショックを受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、悪化させて更に難治な状態になったり、生命を危機にさらす方が余程問題だと思いませんか?
    警鐘を鳴らす人があまりいないんですよね。攻撃的に見えるかもしれませんが、犠牲になっている人がいる以上、はっきり言うべき事は言っていいと思っています。私はそうした間違った治療法に対して、激しい憤りを覚えます。
    私は薬をまだ使っていますが、以前とは雲泥の差ですし、もう元の状態に戻らないと確信しています。この感覚は、治療を受けた人にしかわからないと思います。
    方向性を変える気はありませんので、心穏やかに読みたい、と思う方は、そういった趣旨のブログをお探し頂いた方がいいかと思います。

    ゆかりさん。こんにちは!
    以前コメントさせて頂いたものです。
    私も実はhiroさんと同じく、ちょっと極端な話も出てきているなぁと最近感じていたので、その後書き込み出来ないでいました。確かにブログというのは個人の自由でやっているもので、意見に賛同出来ない人は読まなければいいという考え方もあるとは思うのですが、私のように、ゆかりさんの記事を参考にしていて、且つ他にも色々な方法も知りたいという者にとっては、一概に、例えば今回のように脱保湿は間違っている!というような記事はショックでもあります。hiroさんのおっしゃるように今はまだゆかりさんもお薬も使っていらっしゃるとの事ですし、他の治療法を攻撃するよりは、私のように今のゆかりさんの状態(アトピーアソシエイションの事など)を綴っていって下さると、心穏やかに読めるかな・・・と。
    図々しい意見と思われたら、申し訳ありません。。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。