プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    脱軟膏・脱保湿剤2

     何か病気が起こったら、解剖・生理に基づいて何が体に起こっているのかを、正確に知る必要がある。これは本来医師の仕事だが、うまく説明している人があまりいないようなので、看護師レベルの知識で、説明してみようと思う。

     まず、皮膚がどんな風に出来ているか。
     皮膚の構造について

     ここから考えると、アトピー患者の皮膚は、掻き壊す事によって、また、誤った使い方のステロイド剤によって皮が剥け、真皮まで損傷している場合が少なくない。中には皮下組織が剥きだしになっている人もいる、ということまで聞く。骨に近い所だったら、骨が見える可能性だって無きにしもあらずかも(極論だけど、イメージです)。
     こういった状況だと、皮膚のバリア機能は既にないし、皮脂腺や汗腺の働きにまでもちろん影響を及ぼしているだろうし、眉毛が抜けたり、毛が抜けたり、生えなくなっている人も少なくなく、損傷や機能不全は、真皮層の下の方まで影響している事が考えられる。

     下の層まで剥き出しになっていたら、皮膚は簡単に傷つくし、ばい菌も付きやすく繁殖しやすい。アレルギー物質も容易に付き、皮膚はすぐに反応してしまう。
     体液の滲出が止まらない人もいる。私も、状態が悪くなると体液が出てしまい、服を濡らす事があった。包帯を巻いている人は、出血と共に、体液も出ていると思う。
     血管と共に、リンパ管なんかも、損傷しているんだろうな・・・。
     水分と共に熱もどんどん放出され、結果としてアトピー患者は「冷え」に悩まされるようになる。

     このような状態で、保護するものを何も付けないとしたら、過敏な皮膚を剥き出しにしたままになり、アレルギー反応は止まらないし、ばい菌が繁殖して、更に回復を遅らせる。(傷口にばい菌が入った状態をイメージして欲しい)感染の可能性を更に高め、酷くなれば、熱が出る人もいると思うし、全身状態の悪化にも十分つながる。
     そういった事を考えると、「アトピーは死なない」という医療界の常識だって、怪しいものだ。

     ただ、脱保湿が成功する人がいるらしい。
     次回はこれについて考えてみよう。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    hiroさんへ
    はじめまして。
    ドクターマセソンの治療を、「効く人には効く」という風に思ってしまうと、全てはそこであたかも空論のようになってしまうと思います。
    私はこのブログは個人的な趣味でやっていて、仕事ではありませんので、参考文献や論文を探して引用するほど情熱はありません。判断するのは読んだ方だと思いますので、疑問をお持ちになったら、ご自分で文献等を探してご確認ください。
    こういう媒体ですし、ハンドルネームを使っていますので、発言に責任をもって、というのは正直しんどいです。戯言と思ってお聞き流しください。
    断定的、というのは、私の文章が下手なので、そういった印象を与えてしまうんでしょうね。改善したいと思いますが、難しいかも・・・。
    納得できなかったり、質問がある方は、アトピーアソシエイションに直接問い合わせるのがベストと思います。医師を含め、医療従事者の高度な質問に対しても、対応する用意はあると思います。
    私のブログに関しては、アクセス数もそれ程無いので、私の拙文については、それ程影響はないと思いますよ。御心配、どうもありがとうございます。


    はじめまして。よく読ませていただいてます。アトピーアソシエイションもよく見に行きますが、理論的にはやはり理解がまだできません。効く人には効くのでしょう。一般的にはステロイドや免疫抑制剤など強い医薬品を使わなくてもコントロールできる状態になってからこんな治療だったということを伝えていただけるとより説得力があります。脱ステ脱保湿に成功した人は特別で後の人はこういう治療をしなければ治らないという印象を与えるのは、アトピーという体質や環境因子の複雑に絡んだいわば症候群といってもいい、個々の病態のあるいは長年の治療歴の違いのある疾患にはあまりよい影響を、悩める多くの患者に与えないのではと私は憂慮しております。一途な方とお見受けしますが、アトピービジネスと勘違いされてスルーされておられるように感じました。私はこうやって、今こんな状態ですというなら、貴重な情報だと思います。私見とはいえ、かなり断定的なおっしゃり方は勘違いのもとではないかと。もしそうであればある程度の参考文献や論文を引用し、明示すべきではと。そうでなければ、ご自分のケアと状態を冷静に検討報告していただけるだけの方が情報として有意義かと。長文失礼しました。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。