プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    脱軟膏・脱保湿剤1

     ネット上でしばしば取り上げられる「脱軟膏・脱保湿剤」について、私見になりますが、書いてみたいと思います。

     私の経験からすれば、ほんのちょっとだけ、した事、あります。
     はっきりときちんと意識してやったわけではないけれど、ステロイドはやめてしまったし、気に入った保湿剤がなかったので、あんまり何にも塗りたくないな、と、思って塗らずにおいてみました。でも、半日持たなかったですね。
     その後、もう一度くらいやったと思いますが、同じようにすぐにやめました。

     ドクターマセソンの治療では、保湿は回復に向けて欠く事のできないものです。これをおろそかにしたら、治癒はない、といっても過言ではないほどで、アメリカ滞在中、ドクターの診察時、何度も「もっとプラスティベースを塗るように。ここも、ここも乾いているよ」と、注意され、帰国の際、「しっかりプラスティベースを塗る事」と言われました。
     もちろん、良くなってもずっと塗らなければならないわけではなく、肌の厚みが元に戻るまでの間です。

     私のブログをずっと読んでくださっている方には繰り返しになりますが、このプラスティベースという保湿剤は、ワセリンを水っぽくしたようなもので、これを塗る事で肌をシールドします。シールドされた皮膚は、皮膚の内側から水分が出ても、外気中に逃げてしまう事がないので、中で蒸された様な状態が起こり、自身の水分で保湿します。
     また、外気中には様々なアレルギー物質が存在するので、それらが直接皮膚に触れる事からも守ります。つまり、アレルギーも起こさせにくくする役割もあるのです。もちろん、刺激からも守る役割を果たします。

     保湿なくして回復なし、というのが、ドクターマセソンの治療です。ですから、「ちょっと良くなってきたし、面倒だからまぁいいや」というのは厳禁です。治療中、治療後の方、真面目に自己ケアとしてしましょう。(私もしっかりしなきゃ・・・)

     という理由で、私は「脱軟膏・脱保湿剤」という考え方には反対です。
     第一、やめたら、ものすごく肌、痛くなりません?それに、炎症も強くなるし痒みも増悪します。こんな苦行みたいな事、本当に必要なのかな?

     脱軟膏について、藤沢医師の著書、「アトピー治療革命」を書店で立ち読みしてみた。
     感想としては、なんだか、行き当たりばったりの事を言う人だなぁ、でした。
     ちなみに、私、一度藤沢医師にかかった事があります。一度行ってやめました。理由は、歯の金属アレルギーを疑われ、歯の治療を勧められ、ステロイドを出されただけだったからです。
     歯の治療はその数年前に、かなりお金をかけて治したばかりでしたし、幼い頃からのアトピーについては、関連性がない筈です。検査もしないで、安易に歯の治療を勧める姿勢に「この医師には任せられないな」と思ったのがやめた理由でした。
     なので、本を読んでも、きちんとしたデータもほとんどないし、他の治療法もたくさん紹介されていて、幼児のアトピーに母親が「ウルトラマンがアトピーをやっつけてくれる」と言って2週間で良くなったエピソードが書かれているなど、堂々と医師が本に書くってすごいな、という感じがしましたね。医学的な裏打ちがなくて、精神論ですよね、これって。。。民間療法と同じですよね。ウルトラマンがやっつけてくれたら、みんなこんなに苦労しません。

     そんなわけで、次回、もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    みなせさんへ
    同感です。保湿、すごく重要ですよね。
    医師が「脱保湿」と言い出すのは、さすがにどうかな、と思います。
    判断が素人の患者に委ねられるっていうのも、アトピー患者の悲劇だと思いますね。

    ニシダさんへ
    はじめまして。コメント、ありがとうございます。
    お風呂に入らない、というのは、ものすごく驚きました。絶望に近い状態でいる人にとっては、極端な方法でもやってみるしかないんでしょうけど、悪化が心配ですよね。

    はじめましてー
    僕は掲示板を運営しているのですが、
    その中でもやはり保湿の話は出てきますね

    極端な例はお風呂に入らない方がいいなども出てますが、難しい問題ですよね。



    日々ちょっとずつ良くなっていく肌を見ては保湿の大切さを実感しています。
    情報に振り回されて無理に脱保湿までしている方を見かけると本当に心痛いですね。
    ウルトラマンですか・・・。医者だったらもうちょっと責任を持った言動をとってほしいですよね。

    はささんへ
    結構いろんな人が、読んでいますよね。
    でも、得るものはあまりないような感じですよね。
    ウルトラマンにはビックリしましたよ。

    わたしも読みました!その本。
    ちょっと前のことで
    ML(メーリングリスト)しか覚えていましぇん。
    確か患者さん同志でMLをとおして相談しあって心強いとかなんとか。

    そっかーウルトラマンかー。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント