プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ステロイドの目的

     ステロイドを使うのは、今の西洋医学の中では避けて通れない治療法だと思う。
     ただ、ステロイドを使うに当たって、目的が違うと何が違うのか、結局ステロイドを使うなら、日本でもアメリカでも関係ないじゃないか、と感じる人もたくさんいると思う。
     でも、目的が違うと、色々違ってくるのだ。
     目的が違うと、使用するタイミング、使用量、選択する薬の種類の違い、などが違ってきて、結果的に大きな違いになってくる。

     日本の治療でステロイドを使う場合、医師達が考えている目的は、ステロイドのみを使用する事によって、湿疹の無い状態を維持する事だ。
     湿疹が出る
       ↓
    ステロイド外用薬を処方する
       ↓
    始めは効くが、効かなくなる
       ↓
    更に強いステロイド外用薬を使う
       ↓
    これも始めは効くが、効かなくなる
       ↓
    更に強いステロイド外用薬を使う
       ↓
    これも効かなくなる。
       ↓
    打つ手なし
       ↓
    患者は不信感を募らせ、民間療法へ走り、無理な脱ステを試みる

    と、いうのが、今の現実ではないかと思う。

     けれど、ドクターマセソンの場合は違う。目的は、回復を阻害する湿疹や炎症を抑えてしまう事だ。ステロイドのみで治療するのではなく、原因を明らかにして、それに対する治療を同時に行なっていく。
     なので、ステロイドは、皮膚の厚さに応じて浸透度(吸収度)を考慮したものであり、広範囲であったり、症状の度合いによって、ステロイドの注射や内服を選択し、湿疹の無い状態をできるだけkeepする。
     ドクターの目的は、湿疹の無い状態がゴールでなく、皮膚が健康な厚さを取り戻し、皮脂腺、汗腺などがきちんと働き、バリア機能を復活させる事にある。更に、副腎皮質が正常なホルモン分泌を取り戻す事も、日本人の治療に関しては、特に考慮される。
    その為、湿疹が出てきたら様子を見て、広がってしまってからステロイド、ではなく、広がる前にステロイド、となるのである。当然、湿疹の度合いやできる部位によっては、ステロイドの全身投与も当然の選択だろう。
     ステロイドで怖いのは副作用だから、副作用が出ないように用いる事ができれば、特に問題はない筈だ。

     湿疹や炎症のある状態では、どうしても皮膚が痒く掻いてしまう。また静かな状態を維持しないと、ハトロン紙のようになってしまったアトピー患者の皮膚は、なかなか正常の厚みを取り戻すことは難しい。
     ステロイドは、皮膚の静かな状態を作り出し、患者が睡眠を十分にとって休息し、皮膚に良い影響を与えたり、自律神経を整えたりするのにどうしても必要だ。

     というわけで、回復を阻害しない、副腎皮質の機能まで考えられた、ステロイドの使い方が必要となるわけだ。

     ただ、私は脱ステ反対派、ではない。日本での治療においては、一度は、いわゆるステロイド皮膚症との鑑別のために、した方がいいと思う。個人的な意見だが、内服薬を使いながら離脱した方が、危険度は少ないと思う。(皮膚科より内科に行った方がいいかも

     ドクターマセソンのリバウンドに対する治療も含めて、今、みなせさんがアメリカで治療中なので、それを参考にして欲しいと思う。
     私は、離脱した状態で行っていたので、リバウンドはなかった。リバウンドがない方が回復早いらしいが、みなせさんは年齢が若いので、やっぱり回復力がすごいなぁ、と写真を見て思った。

     ステロイドホルモンは、私たち自身がもともと持っているホルモンだし、アメリカの場合はいろんな種類のステロイドホルモン薬がある。ちょっと違うが、解熱剤でもたくさんの種類が出回っているわけで、副作用の強いものから弱いものまである。その中でベストな薬を選択していけば、メリットがデメリットを上回る事はたくさんある。
     
     ステロイドについて、一概に「悪いもの」「毒になる」という考えは、アトピー患者にとってデメリットが大きいものだと思うので頭を切り替えて欲しいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    こんにちは。
    アレルギーの注射ってケナコルトですか?
    花粉症の治療でも使われてる注射なんですよね(たぶん?)
    突然の質問、ごめんなさい。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント