プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ステロイドのリバウンド

     アトピーの調べ物をネットでしていたら、アトピー専科を名乗るドクターが、すごい事を書いていた。あまりにビックリしたので、書こうと思う。

     それは、ステロイド外用薬を大量に用いてもリバウンドは起こりえない。デルモベートやジフラールを毎日2本づつ毎日体に塗りたくっても、内服薬5mg程度しか吸収されない。

     と、書いているけれども、リバウンドは認めている。

     これ、「アトピー専科」の医師が書いているんです・・・。

     あの~、ステロイドの内服薬5mgづつ飲んでやめても、リバウンド、ほとんど起きないんですけど・・・。でも、ジフラールを毎日一本づつ消費していた私は、リバウンド、来ましたよ。(アルメタに変えて更にワセリンで薄めても、避けられなかった。)
     という事は、5mg以上のステロイドが体に入っているっていう事になるか、長期使用が副腎に5mg以上の内服に匹敵するか、それ以上の問題を引き起こす、という事になる。または、5mg以下でも長期連用すれば、深刻な問題を引き起こす、という事だ。

     私のリバウンド症状は、顔は腫れあがり、抑うつ状態で、風邪を引きやすかった。当時の写真は、一目でリバウンド、という症状だ。深刻ではなかったが、全身症状だった。

     医療に「患者が欠落している」というのは、たびたび言われる事で、臨床経験上、医師に大きな問題がある、と言わざる得ない。医師に、患者が痛いと言っている、と、言っても「そんな筈はない」と、患者のせいにする、という事もあった。
     患者の訴えを認めないのだ。リバウンドの問題は、まさにその典型だと思う。
     患者の訴えを認めない、というのは、患者の立場でも看護師の立場でも経験し、常に日常的に行われている事なのだ。そして多分、これが医療の進歩を遅らせている一因だと思う。

     この、「外用薬にはリバウンドは起こりえない}というような事は、皮膚科医の多くが書いている。ステロイド使用をやめて、元のアトピーが悪化しただけ、だと。
     しかし、リバウンドを経験するとわかるが、症状は皮膚にとどまらない。全身症状だ。この事は、患者の頭を混乱させる。

     信頼できる医師を探すのは大変だ。私は、日本人の医師にかかる時は、常に疑ってかかる。自分以上に自分の事を考えてくれる医師は、この世に存在しないので。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    マッツンさんへ
    患者からの訴えを整理する事は大切ですが、いつの間にか都合が悪い事は握りつぶす、という感じになりますよね。もっと向上心を持ってやって欲しいと思います。

    医者の理論、建前、面子で患者側の実体験に基づいたクレームが握りつぶされている現状には、はっきり言って絶望しています。そういう皮膚科医にかぎって、数多いアトピー患者のブログなんかにも無関心なんでしょうね。あー、頭にくる!

    はささんへ
    お医者さんの問題は、医局の制度なんか、すごく大きな問題だと思います。だから、ここのお医者さんたちの気持ちや立場もわかるだけに、何ともいえないかな~。ただ、患者の利益にはあまり繋がっていないと思います。

    日本のお医者さんてさものすごい学閥の世界だって聞いたことがある。なんで患者と向き合ってくれないんだろうね。いやもちろん、いいお医者さんも中にはいらっしゃるだろうけど。リバウンドに対する見解がこうも違うとなけてくる。
    建築士だけじゃなくてお医者さんの資格も更新制度にしてほしい。うーん。

    みなせさんへ
    そうなんです。こんな医師でも頼っている人がいるんだと思います。アメリカだったら裁判ですよ。しかも患者が必ず勝ちます。

    コニーさんへ
    そうですね。弱い薬をだらだら使うのは、ステロイドに限らず、今、いろいろ弊害が出てきてますよね。
    ステロイドの使い方に関しては、コニーさんのおっしゃる通りで、アメリカでは外用薬でもパルス療法を薦められたりします。
    いづれにしても、リバウンドを前提にしてもらわないと、使用方法の改善が進まないわけで、トホホ・・・という感じですよね。

    ぐれんさんへ
    お久しぶりです。経過はいかがですか?
    医師免許も更新性にするべきですよね。じーさん先生が、見えない目と震える手で診察するなんて、怖いですもん。ただ、医療費は確実に上がるかも・・・。なかなか完璧なシステムはないですね。どれも一長一短で。

    おひさしぶりです。
    最近日本は教員免許を更新制にしましたね。
    医者も早くアメリカみたいに更新制すればいいのに・・・

    いつもながら、ゆかりさんのスパっとした切り口の明快な発言には「おっしゃるとおり」と一人怪しく画面の前でうんうんうなづいてしまいましたよー(笑)
    個人的には、私は外用の長期使用が、内服を超えるんだと思ってます。
    つまり外用でStrongクラスのを短期でパシっと使っちゃった方が、weakをだらだら使い続けるよりリバウンドの確率は低くなると。
    リバウンドは辛いですよね~、ほんとにアレだけは絶対二度と経験したくない。

    こんな人が医者になれるとは・・・ほんと驚きです。
    被害をうけている患者さんがいると思うと心が痛みますね。

    ルリさんへ
    逆質問してしまってごめんなさい。でも、病院が当てにならないので、患者同士、いろんな専門分野の人が知識を持って集まった方が、早いような気がして。。。
    今後もご質問があればどうぞ。そして、前回質問のがわかれば、是非、教えてください。

    こんにちは。
    私もリバウンド経験ありますので とっても共感して読ませていただいています。
    この間は成分をすぐ教えていただきありがとうございました!
    ちょっと調べてみているので考えがまとまったらご報告しますね。
    たいして期待できる報告にはならないかもですが…。
    それではまた(^_^)

    EDIT COMMENT

    非公開コメント