プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    情報過多?2

     前回書いた記事に、うりぼうさんからコメントを頂きました。とても有益な情報だと思いましたので、今回、転記させて頂く事にしました。


    「民間療法を自分の判断で使用する時には、慎重に行動した方がいいですね。
    ただ、民間療法については、文献になりにくいので、探すのは大変だと思います。日本では、儲からない治療法は医師は好んでやりませんからね。

    私は仕事柄、文献を毎日のように読んでいます。今の部署にいる前は8年ほど臨床試験を試す側(臨床開発という部門)にいました。
    治療成績を問い合わせる場合には、必ず、患者背景を聞いてください。患者をエントリーする際に、ふるいにかける項目です。たくさんありますので、電話ではたぶん情報をもらうのには、翌日まで待つ必要がある可能性が高いです。あと、評価ですが、何をもって「有効」としているのか、というのも重要です。これも効果判定基準というものがありますので、これも聞いておいた方がよいでしょう。
    ただ、効能効果以外のことを聞いても意味がありませんので、ご注意ください。(例えば、イソジンはアトピーを治すという効能は持っていませんので、企業はそのような臨床試験は行っていません。文献を探せば、そのような内容に興味を持った医師が、独自に試験をしている可能性がありますが。。)」

     アトピー患者にとって、確固たる情報を得ていく事は、難しいと思いますが、全ての療法を試す事は不可能なので、上手に情報収集をして、回復へ近道できるといいと思います。

     うりぼうさん、ありがとうございました。また、何かお気づきの点がありましたら、是非、コメントお願いします。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Waoさんへ
    ブログが出来て、情報量がとても増えましたね。私も、ブログから情報を得る事がとても多いです。
    すごく画期的だと思います。
    私も情報源になりたいな、と思います。

    情報化社会っていわれて久しいですが、
    正直本当に必要な情報って、手に入らないですよね。
    そんなとき、ブログっていいなぁ、って思います。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。