プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    情報過多?

     アトピーの治療には、「あれがいい」「これがいい」、と、民間療法でたくさんあります。その中で、どれを選んだらいいのか、戸惑ってしまう事もあると思います。中には振り回されてしまったり、疲れてしまったりする方もいるのではないでしょうか。

     様々な治療法がある中で、確固たる選択基準は、

     「治療成績」 
     
     これしかないと思います。

     効果を出す確率の高い治療法は、治療成績がいいに決まっているからです。医療の中でも、当然重視されるものです。そして、治療成績が低いものほど、お金を捨てる確率が高い、という事です。

     ところが、この治療成績を調べるのは、大変です。
     例えば、「強酸性水」での治療成績を調べようとします。
     でも、グーグルで検索しても、ぱっと調べたところ、これといった臨床成績が見当たりませんでした。イソジンも同じです。
     ほとんどが、体験談や、方法だけだったり、他の療法との併用、というのもありました。(ただ、治療対象が軽症も含まれている)

     知りたいのは、重度の人、何人に使って、どれくらい有効だったか。
     たったこれだけの事が、ほとんどわからないのです。
     学会に発表されるような文献は、ほとんど医療従事者を対象にしていて、なぜか一般の人が閲覧しにくくなっています。 

     よく、情報過多、と言われますが、本当に知りたい情報は、なかなかない事もよくあり、いつも、
    「情報過多っていうけど・・・。」
    と、調べるのにかなりの時間を要します。(見つからない事も多い)

     ですから、アトピーの治療法を選択する時は、治療成績を必ず確認する事をお勧めします。何か、製品を使うときは、企業に治療成績を問い合わせしてもいいと思います。
     ただ、中には、対象を軽症の人にして成績をとっている所もあるかもしれませんので、重症の人に限定したものでないと、信憑性は低いと思います。(ただの乾燥肌をアトピーと言っている場合もある)

     このようにして淘汰していくと、ほとんどの選択肢がなくなっていく筈です。
     情報を整理する事は、解決への近道だと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ruichanへ
    あはは。やっぱりそうでしたか。(^o^)
    これからは楽チンです。

    ゆかりさん、早速のURLの変更ありがとうございました!実は私も自分で打っていて「_」が手間でした・・・(笑 こちらこそこれからもよろしくお願いします。

    うりぼうさんへ
    御快諾いただきまして、ありがとうございます。では、次回、コメントを転記させて頂きま~す!

    ruichanへ
    URL変更しますね。
    ru_iさんから、ruichanになったんですね。「_」が、時々手間に感じたことがあったので、とても嬉しかったです。(*^_^*)
    これからもよろしくお願いします。

    ゆかりさん、こんばんは~。

    本日ブログを移転しましたのでお手数ですが、リンクの変更をお願いできますでしょうか。新しいURLは
    http://blog.ruichan.jp/です。

    過去の記事等は現在徐々に移行中です。

    あと、今回の移転に伴って、HMを
    ru_i から ruichan へ変更しました!

    これからもよろしくお願いします♪

    今回の治療成績の確認、勉強になりました。

    どうぞ、どうぞ。
    こんなんでよければ(笑)

    うりぼうさんへ
    コメント、ありがとうございます。
    さすが、専門家ですね!
    効能に書かれていなくても、効果がある、と、臨床で使われているものに関しては、口コミに近いものしか実は無いようですね。。。

    うりぼうさんのコメント、とても参考になりますので、次回の記事に転記させてください。他の方にも、是非読んで頂きたいので。

    ゆかりさんのおっしゃるとおりです。
    民間療法を自分の判断で使用する時には、慎重に行動した方がいいですね。
    ただ、民間療法については、文献になりにくいので、探すのは大変だと思います。日本では、儲からない治療法は医師は好んでやりませんからね。

    私は仕事柄、文献を毎日のように読んでいます。今の部署にいる前は8年ほど臨床試験を試す側(臨床開発という部門)にいました。
    治療成績を問い合わせる場合には、必ず、患者背景を聞いてください。患者をエントリーする際に、ふるいにかける項目です。たくさんありますので、電話ではたぶん情報をもらうのには、翌日まで待つ必要がある可能性が高いです。あと、評価ですが、何をもって「有効」としているのか、というのも重要です。これも効果判定基準というものがありますので、これも聞いておいた方がよいでしょう。
    ただ、効能効果以外のことを聞いても意味がありませんので、ご注意ください。(例えば、イソジンはアトピーを治すという効能は持っていませんので、企業はそのような臨床試験は行っていません。文献を探せば、そのような内容に興味を持った医師が、独自に試験をしている可能性がありますが。。)

    ここにいらっしゃる皆様に参考になれれば、と思い、口をはさんでしまいました。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント