プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ツイている、ツイていない

     脳科学者の中野信子さんの本を読んでいたところ、ツイている、ツイていない、の研究について書いてあったところがあり、興味深かったです。
     ついている、ついていない、については以前「ツキの有る無し」という記事を書いた事がありますが、本にはちょっと衝撃的なことが書いてありましたね。
     何とどの人にも平等にツキは有る、と言っても50%50%では無いそうです。
     コイン投げのゲームの実験ではAさんとBさんが一万回ずつコインを投げます。するとAさんは表がたくさん出るようになりBさんは裏ばかり出るようになった、というものです。
     無限回の中ではやがては50%50%になっていくのでしょうが、一万回という有限回の中ではどちらかに偏っていくのだそうです。(「あなたの脳のしつけ方』中野信子著)
     なのでこの流れを変えようとする場合、例えば裏ばかり出てしまうとしたら、裏にセロテープを貼って重みをつけて表を出やすくするというような事をすればいい、という事です。

     私はすごく驚きました。50%50%じゃ無いの??と。

     でもなんかわかる気がします。
     大学受験に失敗して、納得できないまま大学を卒業、「こんな筈はない」と思ったまま気に入らない会社に就職、結局続かなくて辞めてしまって、再就職もうまく決まらなくて納得できないまま派遣社員でいて、お金は憂さ晴らしの趣味に使ってしまい、結婚もうまく決まらないでいたまま親の介護が始まってしまった、とか。
     事故や病気なんか、結構大きく流れが変わってしまいますよね。
     アトピーの方も多いと思います。アトピーで学校に行けなくなってしまい、そのまま年がいってしまい、就職が上手くいかないので、経済的に困難な状況に置かれてしまって、という。

     コインの裏表なんですよね。きっと。

     で、これを変えるために「セロテープを貼る」という作戦。これが「渡米治療」だった、という人もいます。
     アトピーが酷くて、引きこもって泣き暮らしていて、ご両親も高齢になってきてどうしよう、、、と悩んでいたところ、渡米治療を見つけてすぐ渡米。アメリカで体が楽になってきたから、勢いでお見合いサイトに登録して、帰国後にサイトで知り合った人とスピード結婚、諦めていた妊娠にもダメ元で挑戦していたら妊娠成功、一児の母になった、という。。。まさしく渡米治療が「セロテープ」だったんだと思います。

     この方のケースは渡米治療ではレアなケースではありません。アトピーが良くなるので負の連鎖が止まり、幸せになられる方が多いです。
     
     コインの裏ばかり出て、不運な出来事が重なった時は、絶対セロテープを貼った方がいい、という事です。

     それと私は幸せって、周りのみんなとシーツを持ち合ってピンと張らせた状態のような気がするんです。

     芸能人の交通事故ってなんか落ち目になった人がなぜか起こすような気がしています。将来への不安で注意力が散漫になるせいもあるのだと思いますが、交通事故の後、病気になったり、身内に何か起こっていたり、とか。それで「あの人は今」みたいになるのかな、と。
     
     シーツはみんなで持つものなので、誰かの手が緩んだらサポートして、悪魔に魅入られないようにしないといけないな、と思います。大事なのは手が緩んだのに早く気がついて、サポートする事、不幸もポジティブな見方をしたり、ネガティブな影響を最小限に食い止めて悪魔に付け入る隙を与えない事が幸せを保つために必要だという事、そういう事を最近考えます。
     
     今週の日曜日、アトピーアソシエイションでセミナーがあるそうです。
    http://a-association.com/594

     ドュピルマブについても最新情報を知る事ができますから、興味のある方は行ってみるといいと思います。
     ちなみにネモリズマブは治験中断者が続出しているらしいです。中外は日本の製薬会社なので甘い報道が多いようですが、実際はこのままだと厳しいかな。
    スポンサーサイト

    洗濯

     去年、講演会の時に患者さんから洗濯機のご質問を受けました。
     私は現在、長らく使っているSANYOの洗濯機を使っています。SANYOは業務用洗濯機を作っていて、元々洗濯機には強いのだとか。そのおかげか多い時は1日3回位回す過酷な使用ですが、故障もせずに頑張ってくれています。中国メーカーになってしまったのが残念ですが、パナソニックはじきに壊れてしまったので、頑丈なSANYOは次期も候補に上がると思います。(うちに場合は家電の決定権は夫にあります)

     洗濯機はプラスティベースでドロドロのうちは、清潔なら安い洗濯機がいいんじゃないかなと思います。症状が落ち着いたら洗濯機を買い換える位な感覚で。洗濯機も油できっとドロドロになってしまうんじゃないかな。

     昔の話ですが、洗濯洗剤で合うものがどうしても見つからないので、お風呂場でお湯で洗ってしまっています、という方がいらっしゃいました。一人分ならそれでいいと思います。洗濯は絶対洗濯機でしなくてはならないものではないですし、一人分ならたかが知れています。私が昔、イギリスに住んでいた時の話ですが、なぜか洗濯機に恵まれず、一年以上ほとんど手洗いしていました。ヨーロッパは今でもそういう人が少なくないように思います。建物が古く(伝統がある)、排水管を引けないとかで、コインランドリーを使うのは結構普通でした。でもコインランドリーも結構高くて、一人分ならいいや、と私はジーンズも手洗いしていましたよ。脱水がうまく出来ないのが辛かったですが、日本で手洗いする場合、脱水だけ洗濯機でやればいいので意外と楽だと思います。

     そう思っていたところ、テレビで北欧の方だったかな?洗濯機で80度位まで温度が上がって洗える、というのをやっていて、ちょっと調べてみました。
     パッと目についたのが、エレクトロラックスというメーカーの洗濯機。日本でも販売しているようです。
    https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=4038
    http://www.biccamera.com/bc/category/001/150/015/?entr_nm=%83G%83%8C%83N%83g%83%8D%83%89%83b%83N%83X
    お値段35万円前後と高級ですが、どうしても合う洗剤がなくて、手洗いも面倒という場合は検討の余地があると思います。(電気代は結構かかるようです)

     国内のものは60度が限界のようです。
     パナソニックのVXシリーズと東芝のビックマジックドラムの2種類です。
     検討の余地があると思います。

     そうそう、最近、洗濯機の洗剤を入れるケースの所やその通路にカビが出てしまい、うまく洗い落とせないので、ワイドハイターを入れて洗濯をしています。すると洗剤ケースやその通り道が綺麗になっただけでなく、衣服もさっぱりするようになり、何となくですが、あせもが出にくくなった気がします。これは意外な発見でしたが、当然と言えば当然ですね。汗や雑菌がこれまでの洗濯だけでは落ちきっていなくて、そこに更に着た時に新しい汗と汚れが付いて菌が繁殖していたのだろうと思います。
     ワイドハイターに反応がなければお勧めです。

    追記
    アメリカオフィスからアドバイスがありました。

    「ドクターマセソンから、白酢を少量入れると衣類が乾燥機に入れた後、柔軟剤無しでもしっとりすると言うアドバイスもありました。
    濯ぎの段階で白酢を入れると更に洗剤が落ちるようです。匂いもだいぶ無くなります。
    洗濯機を洗う時も、お酢を入れると殺菌効果もあり、ハイターより刺激が少ないようです。」
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。