プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ハンドクリーム

     ニュートロジーナのハンドクリームが去年、変わってしまいましたね。
    IMG_nyut.jpg

     両方買ってみました。
     で、、、今、ハンドクリーム難民、といったところです。

     青いものは香料がものすごく臭い。70年代のコールドクリームのバラのくーっさい匂いです。前の物よりもシャビシャビした感じで沢山塗れて早く減ります。とにかく臭い。夫に「あっち行って」と言われてしまいました。。。

     赤いものは「intensive」タイプで固い感じです。香料は入っていませんが、以前の物より少し固めです。代替できない事もないですが、出てくる穴が小さく出すのが大変で面倒なので、結局少量しか使わなくなって手が荒れてしまう感じです。そして値段は高めです。

     正直、どっちも安っぽくなったような気がします。
     アメリカではまだ変わらないで前の製品が売っているという事なので、渡米される方はまとめ買いした方がいいと思います。日本でも買える所はまだあるようですが、在庫のみのためか値段が上がっています。

     OMCの晃平さんに相談したところ、べたついても良ければセタフィルの保湿クリームでもいいとの事でした。私も持っているので使ってみましたが、結構べた付いて使いにくいな~というのが正直な感想です。
     それと「キールズ(Kiehls)」という所の無香料のハンドクリームが評判がいいという事でした。調べてみましたが、お値段がお高くて、一日に5回以上塗る私としてはちょっと手が出ないです。。。

     という事で、ハンドクリーム難民です。とりあえず勿体ないので、買ってしまったニュートロジーナを使い切って、それからセタフィルの保湿クリームに移行しようと思います。あんまり使いにくかったら、赤い容器の物を使おうかな。それかドラッグストアで考えたいと思います。

     もうじきゴールデンウィークですね。
     AAJでワークショップがあります。5/7(日)http://a-association.com/581毎回言いますが、知識や治療法を求める事を恐れないでくださいね。
     皆さんにとって楽しいゴールデンウィークになりますように。
    スポンサーサイト

    不妊治療の話

     アトピー治療のコーディネイトをやっているOMCでは不妊治療も扱っています。そちらでトップレベルの技術を持つドクターリーの講演会があります。http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2017/04/ohsu.html4/29(土)ですね。
     一度の体外受精でほぼ間違いなく妊娠できるという事です。
     また、異常染色体ははじいてくれるので、障害児が生まれる可能性は日本よりはるかに低いです。コストがよくわかりませんが、日本でも不妊治療はお金はかかるので、何度もトライしたり、何度も流産して身も心もボロボロになるのなら、長期的な視野で見たら高くない費用になるかもしれません。少なくとも問い合わせる価値はあると思います。

     不妊治療においても合理的に考えた方が賢明だと思いませんか?

     私は異常遺伝子を選り分けたり、代理出産する事も賛成です。なぜなら晩婚化している今日、不妊治療開始年齢自体が上がっていて、良い卵子を取るのも難しくなります。どうにか妊娠出来て出産したとして、障害児が生まれた時、どうやって育てていくのでしょうか?子供はいつまでも小さい子でいてはくれません。小さい時は世話が出来ても、体が大きくなって170cmにも成長してもまだ寝たきりだったらどうするでしょうか?
     今は日本も国で面倒見てくれるでしょうが、将来はわかりません。社会福祉制度が縮小してくれば、経済的負担もどこかで発生しますし、何より60歳ほどの親が170cmもの子供の世話をする苦労は大変なものがあるでしょう。「命の選別」とか綺麗事を言う人いますが、そう言う人がおむつを替えてお風呂に入れてくれますか?言ってもわからなくて暴力を振るう子供だっていますよ。そういう人の面倒を見てくれるでしょうか?
     親の年齢が若ければまだ面倒も見れるかもしれませんが、高齢出産なら産む段階でもういい歳の筈です。健康な子供だって子育ては大変なのに、障害を持つ子供ではもっと負担は大きくなるでしょう。遺伝子検査などを否定して選り分けしてくれない日本のやり方は、むしろ酷いと思います。
      
     私は看護学生時代、そうした施設に実習に行った事があります。そこで現実を目の当たりにしました。
     「障害児」というとみんなダウン症程度しか考えないかもしれませんが、本当に色んな障害ってあるのです。体の奇形、臓器の奇形。そこから起こる生理学的な問題。。。母親が生まれた我が子を一目見るなり絶句して、産院を夜中に逃げ出してそれっきりになってしまったという子供もいましたし、一度も面会に来ない親も何人もいました。大きくなる子は大きくなるので、身長も170cmを超えてしまい、施設の人の介護の負担も大きく、親御さんもとても引き取れないという事で困っている子もいました。
     
     卵子の染色体異常は年齢と共に増えますが、特に30を機に飛躍的に増えるのです。30歳過ぎて不妊治療を始めてみると、良い卵子が取れない、という事が多くなるのです。そしてその時に初めてみんな、もっと早く作ればよかった、と思ったりします。
     私はそうした事から不妊治療をやめました。35歳を過ぎて出産して障害児だったらとても育てていけない、そう思ったからです。夫も私の意見に同意しました。私も施設に実習に行かなかったら、産んでいたかもしれません。それほどあの施設で見た事が衝撃だったのです。

     更に代理出産の事ですが、日本ではまだ女性が自分の子宮を使って産ませる事にこだわり続けています。
     高齢出産のリスクも怖いのに。
     赤ちゃんがお腹にいる間も、切迫流産に陥ったり、尿たんぱくが出るとか母体の健康も悪くなりやすいです。
     そしてお産は今でも命がけです。
     高齢出産だと産道が柔らかくなりにくく、そのために肛門まで裂けてしまったり、赤ちゃんがなかなか出てこられず、酸欠に陥ってしまい障害が残ったり。帝王切開にしてくれればいいのですが、産婦人科医は経腟で産ませたがる人が多いように思います。また産婦人科医は人数が少なく、産む側に正直あまり選択肢が無いのが現実です。
     高齢の為に赤ちゃんや母体を危険にさらすより、代理出産にした方が安全だと思います。
     友達は子宮内膜症を20代から患い、30過ぎて結婚して治療の末2回の流産を経てやっと妊娠しましたが、すぐに妊娠3~4か月で切迫流産でトイレ以外ダメで寝たきり宣告。9か月位までどうにかお腹に置いておけましたが、未熟児で生まれました。幸い障害もなかったようで良かったですが、二人目はもういらないという事でした。
     もし代理出産が日本で出来ていたら、もっと安全に二人位子供を作れたかもしれません。
     切迫流産になると寝たきりになるので、一人目はいいですが、二人目の妊娠は上の子の世話があるので実際難しくなるでしょう。共働きなら経済的にも大変です。
     
     日本の産婦人科は今でも25歳以下で結婚して30歳未満で子供を産み終える事しか想定出来ていないように思います。
     
     アメリカで不妊治療、という選択肢もあってもいいんじゃないかと思います。