プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    行ってきました

     ドクター講演会、行ってきました。今回は午前中は今までよりもアカデミックにな内容でした。
     午後は日本人医師の方も前に登場されて、ドクターとカウンセラーの明石さんとアメリカオフィスのコーディネーター(兼通訳)の高沢さんと4人で公開ディスカッションもあり、多くの方が思う、なぜ日本では同じ治療できないのかといった疑問に答えるような内容となりました。ですから新規の患者さんにとってはとても分かりやすかったと思います。

     懐かしの患者さん達にも大勢会っておしゃべりし、メールだけのやり取りの方とも実際お会いする事が出来ました。お元気になられていてとても安心しました。
     治療前の方ともお話しし、治療前は私たちもこんなだったわ~、と話しました。
     治療に行ったのが30代40代の人たちは、結婚したり、子供が出来たり、更年期の話になったりと、ライフステージの変化も感じました。まりんママさんのところのまりんちゃんが来ていました。もう23歳だったかな?とても可愛らしい娘さんになっていてびっくりしました。またとても美しいんですよ!!こんなに綺麗な娘さんを持つ親御さんのまりんママさんのご心労までちょっと考えちゃったくらいです。誰もまりんちゃんがアトピーだったなんて想像できないと思います。早い内の治療ってすごいわ~。

     今回はドクター来日最後、という事だったので、特に大勢集まったようです。懐かしのブロガーさん達にも会えてとても嬉しかったです。多くの方が、かなり都合をつけて会いに来られていたようでした。

     で、ドクター来日最後と言われていましたが、また来年も来てくださるようです!
     何か誤解があったのか、それともドクターの気が変わったのか、そこら辺はよくわかりませんが、ともあれ、来てくださるようです。ドクターの仕事としては、今のリサーチの仕事を今年でやめるようで、少しスケジュールを楽にするようです。でも日本の患者さんの治療は好きなので、これは続けます、とおっしゃっていました。リタイアに向けて準備には入るけど、日本のアトピー患者さん達の治療はやめないよ~というわけです。
     でもドクターが心筋梗塞とかになったら終わりになるので、治療に行っていない方は早く行かれた方がいいと思います。

     講演会の詳しい内容についてはまた、資料を見ながら書きたいと思います。
     とりあえず、簡単にご報告でした。
    スポンサーサイト

    いよいよですね

     昨日の地震、津波、びっくりしましたね。東北方面にお住いの方々、大丈夫だったでしょうか?
     
     26日にドクターの来日講演を控え、寒波のようで。。。急に寒くなりますね。今のところ、26日の東京の最高気温は14度のようで、はて、ダウンコートとかこれ位だと欲しいんだっけ?など考えています。
     26日は当日、白いシャツにボワボワしたベストを着ようと思っています。もし会場で目に入りましたら、ぜひお声掛けください。

     最近アメリカオフィスのブログを読んでいると、脱保湿やお風呂に入らないといった間違った治療の被害者の方が増えているように感じます。どうも勧めている病院があるようで、第二の土○○水病院のような存在になるのかな、という兆しも感じてちょっと怖いです。
     脱保湿を考えていらっしゃる方がいましたら、渡米するしないは別として、正しい知識を得る為だけにでも講演会にいらっしゃる事をお勧めします。

     では26日、ぜひお会いしましょう!写真を忘れずに!!

    追記

    明日の服ですが、白いシャツに青いベストにしました。

    アトピーの辛さをどう表現するか

     アトピー重度の苦しみを、人にどう説明するか。
     私はこう説明しています。

     フマキラーとかアースとか、殺虫剤を作っている会社には実験用に蚊をたくさん飼っている部屋があると思います。そこに裸で入ってもらい、半日ほどいて、全身隈なく刺してもらう。そこから出たら何となく想像つくでしょ?猛烈な痒み、掻き壊し、感染、気が狂うほどの痒みと痛みが24時間続く。
     アトピー患者はそれと同じで、24時間、365日耐えてるの!!!
     
    と。

     当たり前ですが、仕事も出来なくなるし、寝たきりにもなります。食欲だってなくなるし、日常生活が出来なくなります。
     私は発狂する人がいるのもわかるし、苦しみから逃げるために自殺するのも十分に理解できます。
     更に辛いのは「死ぬ」という終わりがないんです。苦しみが続いてしまいます。
     私も死ぬ病気なら、渡米してまで治療しなかったです。命までは取ってくれない病気だからこそ、治る道を探すしかなかったのです。

     アトピーは軽度から重度まであり、軽い汗疹程度で「アトピー」と表現されたりします。
     でも重度はちょっと別格です。日常生活がままならないために、病気の辛さをわかってもらう必要も出てきます。上手くわかってもらえないために、傷つけられてしまう事もありますよね。悲しい事です。

     ドクター講演会、今月末に迫ってきましたね。今年はドクター来日最後になるという事で、かなりの人数になりそうです。
     私も行く予定です。
     もしご相談等あれば、事前にご連絡いただけると当日実際お話も出来ますし、スムーズかなと思いますので、メールフォームなどご利用になってください。