プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    松竹梅の法則

     日本のアトピー治療でお勧めできるものはありません。

     暇に任せて、ネットで色々調べてみたりしますが、ありません。ステロイドたっぷり塗り塗り療法は、医師やアトピー学会がどんなにお勧めしていても、出口戦略が無いので怖いです。私は毎日最強クラスのステロイドをたっぷり塗っていた時代があるのでわかります。たっぷり塗り塗り療法の出口戦略なんてありません。だって減量も目分量でしょう?皮膚の薄さは人によるのに、どうやってINとOUTの量を量っているのか、私にはわかりません。

     渡米治療を迷っていらっしゃる方、あるいは知っているけれどスルーされている方など大勢いらっしゃると思います。ドクターマセソンの治療が良さそうだとわかっていながら、

    「私はまだそんなに酷くない」
    「高価な治療に挑むのは、状況的にふさわしくない」
    「海外も行った事が無い自分が行っていいものだろうか…」

    そんな風に思っていらっしゃるように思います。

     私は思いましたよ、行く時。家族のお荷物になっている自分が、将来もっと必要になるかもしれない大事な「お金」を使って行って治療していいものか、と。お金を使わせないように、私の命の方を消してしまった方がいいんじゃないかと。
     ドクターマセソンの治療が一番良さそうと感じていながら、他の治療法をたくさん検討しました。でも調べながら、二番目、三番目の治療でお金と時間を使うのは間違っているように感じ始めました。
     時間は人生そのもので、お金はその道具です。自分の生死がかかっている時に二番目三番目を選んでどうするんだろうって。私は私の人生の中で一番な筈です。

     心理学で「松竹梅の法則」(極端の回避性)というのがあるそうです。http://pharm-kusuri.com/psychologia/kyokutan.html
     渡米治療はこの中で「松」に当たると感じて、それよりも安い治療を模索したように思います。

     家族や友人に相談した場合も、アトピーについてよく知らない人からのアドバイスはおそらくこの「松竹梅の法則」にのっとって
    「高すぎる。他の治療法は無いの?」
    「アメリカで治療なんて…日本でそれに近い治療を受けられる所の方が安心じゃない?」
    というアドバイスが多いと思います。
     他人のアドバイスなんて所詮「松竹梅の法則なのね」なんて、今なら思いますよね。

     でも治療を決める時、「二番目」でいいのかな、と思いました。
     結婚式のドレスは多分、多くの人は一番気に入ったものを選ぶと思います。着られるチャンスは基本的に一生に一度だけ。それを納得できないものにしてしまったら後悔する、そんな風に考えて多少無理しても気に入ったものにする人が多いんじゃないかと思います。
     ですが治療はドレスよりも大事じゃないでしょうか?

     それと治療に限らず、松竹梅の竹や梅ばかりの人生って良い事なんでしょうか?
     ケースバイケースですが、人生はそんなに長くありません。お金があっても状況が難しくなってしまったり、体力が無くなったりしていきます。ここぞという時は松だって時には選ばないと、生きてきた甲斐が無くなってしまいます。治療は「ここぞ」という時ではないでしょうか。
     「時は金なり」です。時間を無駄にしてはいけません。

     ですから渡米治療が良さそうだ、と思ったら素直に行動した方がいいですよ。大抵の場合、状況は自分が動けば付いてきます。
     9月の治療チームにまだ空きがあるようです。もうある程度気持ちが傾いている人は、行くといいと思います。昔は金曜日にAAJのHPを発見して月曜日に渡米したという人もいたようです。
     繰り返しになりますが、来月行っても来年行っても結果は同じか来年の方が難治化します。待ち時間が無駄になるので、決めたらすぐに行動に移す事をお勧めしています。

     資金面で不安がある人は、金融機関に相談に行くのも検討してもいいと思います。というのも、マイナス金利で金融機関は基本的に貸したがっています。心臓移植をアメリカでするわけではないので、車のローンとさほど変わらない金額での融資ですから応じてくれる可能性が高そうです。学生ローンのように先行投資が必要な時もあります。敷居が高いと感じるかもしれませんが、社会勉強のつもりで銀行に相談してみると具体策が見えてくるかもしれません。

     竹や梅の治療をいくつ試しても意味がないか、体に悪い事もあります。治療は松竹梅の法則にのっとって決めるのではなく、価格をまずは度外視して、何がベストと自分は思っているのかを自分に問う事が必要です。
    スポンサーサイト

    調理器具

     食いしん坊なので、調理器具を結構持っています。それらについてあれこれ。

     今年買って一押しなのは「スロークッカー」。
     厚手の電気鍋で保温に近い温度で調理する器具なのですが、ほったらかしに出来るのでとても便利なのに電気代も格安です。おでんはもちろん、私は鶏がらスープを鶏がらから取るのですが、以前は圧力鍋でやっていましたが最近はこればっかりに…。パッキンとか複雑なものが無いので、後片付けが楽なんです。牛筋煮込みも簡単にできるようになりました。シチューやカレーも簡単です。なのでブロック肉をよく買うようになりました。

     今年、10年がかりで導入を決めたのが「ガスオーブン」。
     ガスオーブンを買う人はどうもパン作りが趣味な人が多いようですが、私は作りません。でもずーーーっと欲しかったんです。ビルトインと迷いましたが、うちの台所はビルトインを入れるとなると大掛かりな工事が必要になるようだったので、卓上型にしました。でね、何が美味しいかって、練り物がいいです。外カリ、中フワです。それとフライの温めなおし。カキフライなんか中熱々で衣がカリ!でした。ハンバーグはもう普通に焼くだけのには戻れません、というほど美味しくできます。焼き色はガス台で付けないと上手く付かないので、焼き色を付けてからオーブンに入れます。そのためにスキレットを買いました。便利です。

     ちょっとがっかりだったのは「バーミキュラ」。
     半年待ちして買ったのですが、焦げやすいし、使い終わったらすぐ洗って水分を拭き取っておかなくてはならないようなのです。「野菜の甘みを引き出す」といっても、私は甘いものが苦手なのと野菜自体が既にかなり甘いので、更に甘みを引き出すとすごくまずくなってしまいます。それとサイズが私が買う時は小さいサイズが出ていなかったので、22cmのサイズを買いました。これも二人暮らしには大きすぎて…。だから高価だった分、ちょっと後悔です。
     でももう少し使いこなせるように、レシピとか調べたいと思います。

     このお鍋、少し圧がかかるので、魚のあらでスープを取ったりする時には美味しく取れますよ。使い方次第だと思います。

     最近全く使ってないのは「ホームベーカリー」。
     うちはパンをあまり食べないのになぜ買ったかというと、麺打ちの為でした。買ってから暫くよく使っていたのですが、ダイニングテーブルを買い換えて、パスタマシンを使えなくなったので、麺打ちしなくなったんです。でも麺は手打ちが美味しいので、いつかまた使いたいと思っています。
     パンは、美味しいパン屋さんのを買う位でちょうどいいです。

     「圧力鍋」も出番が減りました。昆布を煮るには圧力鍋がお勧めですけどね。

     「ハンドブレンダ―」は私にとってマヨネーズ製造器です。マヨネーズは買わないで作っているので、これが無いといけません。貝印のを使っています。でもマヨネーズを作る以外、ほぼ出番はありません。
     「フードプロセッサー」は実は30年位前のをまだ使っています。モーターが弱っているので買い替えも検討したのですが、今は無き松下電器のもので、フードプロセッサーだけでなく、ミキサーまで全部使える優れものでした。ジューサーも使えるので、まだ動いているので捨てずに使っています。大根おろしや山芋をすりおろしたり、つみれを作るのに便利です。今は全部別売りになってしまっているので、場所を取って困りますよね。
     「ミキサー」も買いました。松下電器の物はパワーが弱って使えなくなってしまったので、泣く泣く買いました。パナソニック製ですが、安全装置とかすごい面倒です。そのくせ使い始めて3秒位で機械油が焦げた匂いがしてきます。不良品でしょうけど、何分も使う事が無いので、ま、いいか、と使っています。刃の切れはいいです。

     これからも色々良い製品が出てくると思うのですが、それぞれ愛着もあり、捨てるのは勇気が要りそうです。

    暑いですね

     毎日暑いですね~。私も暑さには苦労しています。

     先週は生理前に胸が張って、乳頭部分がパンパンに炎症を起こしてしまい、痒かったです~~。夜中に目が覚めてしまうほど酷くて、Tacをべったり塗り、ティッシュペーパーで覆ってテープで固定しました。服が当たって、Tacが取れちゃうので絆創膏代わりにティッシュを使いました。
     私はブラを使わないのでいいですが、ブラをしなくてはいけない人は大変だと思います。私はどうしてもブラをしなくてはならない時は、ティッシュペーパーを四つ折りにして挟んでいます。そして汗ばんできたら交換します。たったこれだけでもするとしないとでは違います。

     家にいてもちょっとした事ですぐに汗をかいてしまいます。トイレはエアコンが効かない所なので、「トイレも命がけだよね」なんて夫と笑いましたが、それ位暑い!下着交換をためらわず、一日4枚くらい交換する事にしました。
     
     汗疹が少しでも出たら、Tac塗ります。ここもためらわない様にしています。
     暑さとエアコンと室内外の温度差で疲れているせいか、帯状疱疹っぽい痒みが出てきているので、またバルトレックス飲んでいます。

     「暑い~、暑い~」
    と言いつつ、夫が夏休みを取ったので、一泊ですが長野県の白馬に行ってきました。夫が奮発してくれたので、栂池でゴンドラに乗って自然園も行きました。事前に行くと聞いていなかったので靴を持っておらず、仕方なくサンダルで歩くことにしました。とはいえ全部回るのはサンダルでは無理だったので、行ける範囲の半分だけ回りました。とても気持ち良いウォーキングになりました。
     旅は楽しいですけど、旅疲れが取れるのも時間がかかるようになり、年を感じます。

     これからお盆お休みの方も多いと思いますが、この殺人的な暑さですから、塩分をしっかりとって、無理しないようにお過ごしくださいね。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。