プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エアコン

     先月の終わり頃、リビングのエアコンを買い換えました。
     前のエアコンは8年位使いました。お掃除ロボが付き始めた頃のもので、一度、ダスキンに頼んで掃除してもらったのですが、それから少し、動きが悪くなった気がしました。リモコンを落として開閉式の扉を壊してしまったのもあったのと、去年の夏、クーラーが少し怪しい気がしたのもあって、決算シーズンのこの時期に買い替えを決めていました。

     今回はダイキンにしました。
     ダイキンは空調の分野で定評があり、家庭用のエアコンの販売価格は少し高めですが欲しかった設定温度の0.5度刻みもあり、下調べの段階でダイキン製品に決めて家電ショップに行きました。
     たまたま販売員がダイキンのメーカーから来ていて詳しい説明を聞く事が出来ました。なるほど、と思ったのは、エアコンはとにかく毎日使うのがいいんだそうです。そうすると室外機まで回って内部をきれいに保つ事が出来るので、一日30分でいいからどんな形であれ使っていると業者によるエアコン掃除は不要だと言っていました。
     うちは冬場はガスファンヒーターを使うのでエアコンを使う事は無いのですが、これを聞いて少し使う事にしました。今のエアコンは空気清浄機能も付いているので、春や秋でも動かしやすいです。空気清浄機もあるので、空気清浄機とエアコンの空清機能と同時に使うと部屋の空気がきれいになるのを感じます。
     ダイキンのエアコンは今のところ少し暖房と空気清浄機能を使っただけですが、満足しています。夏場の冷房機能も期待です。
    スポンサーサイト

    シダトレン

     一昨年の10月からシダトレン(スギ花粉の舌下免疫療法)をやっています。
     もう花粉、飛んでいるんですよね?天気予報では「花粉が多い」と出ていますが、症状が少ないです。たまに鼻がムズムズしたり、目が痒くなる事があるのでザイザルを飲んだりする事はありますが、鼻水はあまり出ません。効果が出ていると思います。
     発売が始まった頃は2週間分しか処方出来なかったですが、今は一か月分処方できるという事で、通院の負担が減りました。

     シダトレンは3年通院が必要と言われていましたが、私がかかっている医師が言うには、夏に3~4か月休薬期間を設けるとそれ位かかるけど、設けずにやれば1年半位で効果が出るよ、と言っていました。私は休薬期間を設けないまま続けて1年半ですし、効果も感じているので終了する事も考えましたが、通院がそれほど大変じゃないのと症状が取り切れていないと思うので、もうしばらくやろうかな、と思っています。
     ただ春はスギだけじゃなく色んな花粉が飛ぶし、PM2.5や黄砂も飛んでくるので、残る症状の原因がスギでない可能性も十分にあります。なのでその鑑別の為にもあともう一年位やろうかな、なんて思ったりしてします。

     シダトレン、いまいち普及が遅れていますが、理由はまず、処方できる登録医師になるのが面倒くさい事があると思います。http://www.torii.co.jp/iyakuDB/data/tekisei/tk_cdt_dr.pdf私が通院している開業医も「面倒くさいんだよ」と言っていました。 
     それとアレルギー免疫療法は効果が無い、と医師の間での常識になっているのが問題だと思います。何しろ私が看護学校時代、そう教わりましたから。(当時はまだ減感作療法と呼んでいました)ですから登録医師になろうという動機が薄いんじゃないかな、なんて思います。
     なので処方する医師が少なくて、近くにいないという事もあると思います。残念ですね。
     ダニアレルギーの免疫療法も始まりましたから、アレルギーを持っている方はどんどんやればいいのにな、と思います。原因をとにかく潰していく事は有効な筈ですし、通院の問題が無ければためらう理由もないと思います。 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。