プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドクター講演会2015-5

     講演会の資料に載っていない話としては、会場からの質問でアトピーという病気についてドクターから回答がありました。もうかなり解明が進んでいますね。フィラグリンの話から丁寧に回答してくれました。その中で「NMF」という聞きなれないものが出てきました。今調べたところ「天然保湿因子」だそうです。資生堂のHPに載っていました。https://www.shiseidogroup.jp/rd/ifscc/16.html
     それと免疫の問題ですが、ドクター曰く
    「みんな免疫が弱いとか、免疫が低下するとかいうけれど、免疫は過剰反応する事もあり、アトピー治療が難航しているのはアレルギーが絡む免疫の過剰反応が原因となっている。決して弱いとか低下しているわけではない」
    という事でした。
     アトピーというと免疫が低下しているようにイメージしますが、むしろ免疫が異常に反応しているという風に考える事も出来ます。炎症は暴走、体力は低下、風邪をひきやすく感染しやすい、という。つまり正常に働いていない、という風に言えると思います。
     ドクターは必要な患者さんには免疫抑制剤の処方をしています。状態によっては免疫を少し抑えるのも必要な事と再認識しました。

     それと長年炎症が出っぱなしになっているせいで、炎症が出るのが普通と体が認識して炎症を起こしているケースもあるという事でした。

     お昼休みの雑談で得た情報ですが、免疫抑制剤が必要となるケースは大雑把に治療に行く人の5~10%ほどだそうです。免疫抑制剤は日本でもアトピーに対して認可されているので保険適応で出ますが、量が足りないので足りない分だけアメリカから送ってもらっているという事です。免疫抑制剤は保険適応なので日本全国どこでも処方して貰う事が可能ですが、正直、アメリカ側の希望通りにしてもらえるかどうかわからない不安があると思います。そうした場合、こちらの病院の先生が日本側での協力医師となってくれているという事で、ここだと全てがスムーズだそうです。血液検査等の指示が出た場合も問題なくやってくれます。
    沢野クリニック
     免疫抑制剤が処方されている患者さんの多くが、ドュプリマブの治験に参加されて良くなったという事です。治験薬は今後も出てくるので、酷過ぎて治るか不安という患者さんはとりあえず渡米治療して、ドクターマセソンとコネクションを持つ事が大切だと思います。そうすれば仮に難航するケースになっても世界最先端の治療の話が来る可能性大です。

     そんなドュプリマブですが、日本での発売に当たって問題が出そうな気配です。というのも、日本のアトピー治療が止まっているために処方に必要な知識などが医師の知識のアップデートと間に合わない可能性があるようなのです。
     ドュプリマブは高価な薬なのでステロイド外用薬のように気軽に出せる薬ではありません。それにアレルギーや免疫についての知識もなければなりませんが、アレルギー科が専門として無い日本では医師の知識が不足しているのです。
     免疫抑制剤が既にアトピー治療に適応となっているにも拘らず、必要な患者さんに処方されていないケースを見ればわかるように、実情は免疫抑制剤が必要なケースを絞り込む事が出来ないのです。もちろんドュプリマブも同じ問題が起きる可能性大です。
     皮膚科医の再教育や知識のアップデートが必要なのですが、それが出来るかどうか不安です。処方のガイドラインと能力が合わさらなければ、仮に発売されても使用できる患者さんは非常に限られそうです。もちろん患者自身が「処方して」と頼んで処方してもらえる薬ではないですから、ドュプリマブ待ちの方は治療方針を再考した方が良さそうです。

     それとセレスタミンの長期間服用で難治化しているケースがいくつかあるそうです。
     セレスタミンは抗ヒスタミンと低量ステロイドが合わさった薬で、発売されてから相当たっている古い薬です。ですから飲んでいる人は下手をすると10年とか飲み続けているかもしれませんね。免疫の正常な反応を抑えてしまう薬なので、これを長期間服用してしまうと、自己のステロイドホルモンの産生と正常な免疫反応を抑えてしまい、セレスタミンを飲んで体がバランスしている状態になっていると思います。抗ヒスタミンも入っているため、止めるとどういうリアクションが出てくるのかやってみないとわからない所があると思いますが、悪いリアクションが出てくる可能性があるのは想像できます。
     セレスタミン、確か前から困った薬というのは聞いた事があります。昔からある薬という事で安易に処方されているケースがたくさんありそうです。私も処方されて飲んだ事あります。全く効果が無かったのとステロイドが入っているので警戒してやめちゃいましたけど。
     ですから長期間飲んでいる患者さんはドクターマセソンの元で離脱したがいいと思います。

     そんな事を大急ぎで聞いていました。
     以上で今回の講演会のリポートは終わりです。
    スポンサーサイト

    明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます

    これを書いているところで、北朝鮮の水爆実験のニュースが入ってきました。
    今年に入って、いきなりサウジがイランと国交断絶とか何やら不穏な幕開けとなってしまいましたね。年が明けたばっかりなのに、一体今年はどんな年になってしまうんだろう…、とちょっと不安になりました。

    年明けにNHKのテレビを見ていたのですが、その中でぐっさんが、「やりたい事を全部手帳に書いている」と言っていました。仕事で知り合った人に
    「今度飲みに行きましょう」
    という話になった事も手帳に書いておいて、5年越しでも時間が出来ると電話して
    「5年前の約束だったけど、今度飲みに行きませんか?」
    と誘うんですって!電話もらった人もポジティブサプライズじゃないですか?これ、いいな~って思いました。(でも私が5年越しで急に電話して「飲みに行きましょう」って言ったら、怪しまれそうですけど。)
    でもこんな風にやりたい事やなりたい自分とか、思いついたのは、とりあえず書いてみようと手帳を用意しました。早速「週3回以上運動する」とか書きましたよ。
    昨日から風邪をひいて昨日は早速運動をお休みしましたけど。

    一年の抱負を語るのは、一年で最初につく嘘と言いますが、一応忘れないようにここに書きました。
    今年もどうぞよろしくお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。