プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    絆創膏

     アトピーならでは、というわけではありませんが、常備しているものの中に、キズパワーパッドと液体絆創膏があります。
     キズパワーパッドは発売後ずいぶん経っていますね。サイズもいくつか出てきました。
     私はアトピー体質のせいか傷がとても感染しやすく、普通の人なら消毒だけで2~3日で治るようなわずかな擦り傷でもあっさりばい菌が入ってしまいます。そのたびに抗生剤入りの軟膏を使って治さねばならず、嫌だなと思っていましたが、これを使うようになって抗生剤軟膏を使わなくて済むようになり、気が楽になりました。良い世の中になりました。
     サイズは大体3種類、常備しています。水仕事用というのが指は使い易かったです。

     液体絆創膏はサカムケアとエキバンというのを使ってみました。サカムケアは刷毛が付いていて塗りやすいですが、傷だとしみます。多分成分のアルコール成分(ラッカーに使うのと同じ成分)がしみるんだと思います。ただ消毒も兼ねられるので、小さな傷でキズパワーパッドを貼るまでもないのは、サカムケアを使いました。塗る時は叫びそうになる位しみますが。。。
     今はエキバンを使っています。刷毛が付いていないので塗りにくく、サカムケアに比べて剥がれやすいです。でもしみなくて穏やかな感じです。
     水仕事が多いので、爪の周りが荒れやすく、うっかりすると感染させてしまいます。爪周囲はキズパワーパッドがうまく貼れない場所なので、液体絆創膏はとても便利で、予防も兼ねて大体常に塗っています。おかげで指先がキラキラしてます。。。
     液体絆創膏は今年から使い始めて感動したのですが、アトピー治療仲間の皆さん、とっくに使われていたようです。

     普通の絆創膏も持っています。普通の「BAND AID」は痒くなってしまうので、ケアリーヴというのを使っています。

     絆創膏は接着剤にアレルギーを起こさないかどうかが大事だと思います。どんなに良い製品でもアレルギーを起こしたら使えないです。
     それと皮膚に貼るテープですが、皮膚の状態によって、使えるテープに違いがあります。アレルギーはもちろんの事ですが、皮膚がまだとても薄い状態だと、接着力が強いものは剥がす時に皮膚を傷めます。接着力は大事ですが、「剥がす」というのも大事です。
     昔の話ですが、病院では以前もっとも優しいテープとしてビニールテープを使っていました。看護研究で医療用テープを含むいくつものテープを試した結果、文具とか、コードを巻いたりするのに使う、安いビニールテープが最も肌を傷めなかったのです!ですから、高齢者の床ずれの所に貼るテープなどはビニールテープを使っていました。
     ですがその後、使われている接着剤の中に発がん性物質だったかな、体に良くない成分が含まれている事がわかり、メーカーがその成分を抜いたものを医療用として販売する事になり、今はそのテープが最も肌に優しいテープとして用いられています。(ただ医療用になったので値段はとても上がりました)製品名はわかりませんが、市販されているので気を付けてみてみるといいと思います。多分、通気性も改善されていると思います。ただ粘着力が弱いので、そこはちょっと注意です。

     絆創膏はお世話になる機会は少ないですが、安心して使えるものを知っておくことはアトピー体質としては大事かな、と思います。

     そうそう、今年のドクター講演会が決まりましたね!
     今年は大阪という事で、関西方面の方々には朗報ですね~。
     日時は11/28(土)、大阪ターミナルスクエア17Fのようです。
    詳細はアトピーアソシエイションのHPで
    http://www.a-association.com/article/104309134.html

     私も出来れば行きたいと思っています。
    ただ渡米して10年以上たっているので、何となく私なんかが行ってもいいのかな。。。なんて思う気持ちもあります。
     でも今まで行って後悔した事が無く、毎回毎回得るものがあるので、やっぱり行く方向で調整したいです。ドクターにお会いできるのもあと何回?という気もしますしね。
     大坂は行なう機会が少ない分、盛況なんですよね。予約は早めにした方がいいかもしれません。
    スポンサーサイト

    出来る事とできない事

     子供の頃から自分が体力がないタイプと自覚していました。看護師になって、夜勤のある仕事に就きましたが1年目からまず、3交代がきつい事を自覚し、30才になっても3交代が出来る先輩看護師はすごいと思いました。
     アトピーが酷くなってからは、夜勤は息も絶え絶えでした。
     
     看護師は夜勤をやらないとあまりお金になりません。経済的に自立してやっていくには、昼間の仕事だけでは厳しいのです。ですからアトピーの問題を除いても体力のない私には元々向いていない仕事でした。

     ずっと思ってきたのは、社会で正規雇用されて経済的に自立して生きていくことは当たり前だと思っていました。就職してお給料をもらってそれで生活し納税し、年金と健康保険を支払い、仕事を生き生きとこなしていく事は普通の事で、私も皆と同じようにできるんだと思っていました。
     でも現実には残念ながら出来ませんでした。
     
     アトピーでアメリカで治療を受けて、アトピーという病気がわかると、汗をかいたままの状態で一日過ごす事が出来ない、感染リスクなど、体力問題の上にかぶさる問題が浮上して、私が健康を維持しながら外で働き続けるのは難しい事がわかりました。

     私は今、夫のお給料で暮らしています。一人で自分の生計を賄う事が無理だからです。
     主婦として家事万端を引き受け、夫の送迎をしています。夫はお給料のいくらかを私の扶養に充てなければなりませんが、それでいいと言ってくれています。夫からしても、家の場所から交通機関だけで通勤するのはとても難しいし、家事ももちろん嫌いです。私が仮に働いたとして、でも大した稼ぎもでもないのに「疲れた」「洗い物して」「家事は折半」などと言われるのはまっぴらだと言っています。お金は贅沢はできませんが、私たち夫婦では暮らせていけてます。私の「経済的自立」というのは果たせてませんが、世の中、それでもいいのか、、、と思うようになりました。
     ペットに月何万円もかける人もいます。ペットの為に冷暖房をつけっぱなしとか。。。結構お金がかかりますよね。それなら私一匹飼う位、出来る人はいると思うんです。ペットよりずっと役に立つし(たまに噛むけど…)。なのでそれでいいよ、と言ってくれる人と一緒にいる事にしました。
     更に、今はちょっとした夢に向かって邁進中で、その夢は専業主婦の立場にならなければ、私には見つける事が出来ない夢でした。諦めると道は開けるんだな、と思いました。

     色んな生き方があっていいんじゃないかな、って思うようになった今日この頃です。
     会社組織がどうしても合わないから自営業、農業、という人もいるだろうし、私のように稼ぎはないけど夫を助けたり、地域の仕事をしたりして何らかの貢献をするのもありでしょう。日本よりも海外が好きだから、海外で働くというのもいいと思います。
     人生は一度きりなので、体面を気にして無理して生きるより、自分に出来る事を探してそれを生かせる生き方をした方がいいんじゃないかな、と思います。
     確かに夫に何かあったらどうすの?という不安はあります。でももう、その時はその時です。私も全く働けないわけじゃありませんしね。幸い、住宅ローンが終わる見通しが立ってきたのは大きいです。

     ちなみに専業主婦は女だけのモノではなくなったように思います。
     俳優の高知東生が妻である高島礼子の為に引退を決意したと伝えられています。高島礼子の父の看病を引き受ける為と報道されていますが、高島礼子にとってどれだけ有難い申し出だったか、と思います。働きたい女性にとって、面倒ごとを全部引き受けてくれて、もめ事を起こさず自分を待っていてくれる旦那さんは、とても有難い筈です。
     女の人でも家事が嫌いで外で働くのが好きな人は沢山います(というか、かなりそう)。逆に体力不足で男社会でやっていく事に苦痛を覚える男性もいます。男性でも家事さえできればそういう人のニーズは実は結構あるんじゃないかな、と思います。

     アトピーで免疫系が弱かったりすると、社会で働いて生活していくのが難しいと思う人もたくさんいるでしょう。人間には出来る事と出来ない事があります。出来ないのに出来るようになろうと何度も挑戦を繰り返すより、価値観を変えて出来ない事を認めて、その上でどうするかを考えた方が一度しかない人生を大切にできるんじゃないかな、と思います。

    食べ物と体に使うものは分けましょう

     今年の4月にNHKで放送された「新アレルギー治療」。
     以前少し記事を書きましたが、youtubeの動画も削除されてしまっていて、オンデマンド以外だと見られないかもと思って印象的だったことを書きます。

     ピーナッツアレルギーが欧米に多いのはご存知だと思います。調べていくと、その原因の一つが、ピーナッツアレルギーの患者は幼少時、ボディオイルとしてピーナッツオイルを体に塗っていたから、というのがわかったそうです。
     言われてみれば、日本にはそうした習慣が無いせいか欧米ほどにはナッツアレルギーが少ないように思います。

     私も治療する前は恥ずかしながら「自然」にこだわっていた時期がありまして、体にごま油とかグレープシードオイルとか塗っていた頃がありました。やめたのはドクターマセソンの治療を知って、その上でナチュラルなオイルはバクテリアの繁殖を促すから良くないよ、とAAJの明石さんからアドバイスを受けたからです。そこでやめていなかったら、今、ごま油やグレープシードオイルが食べられなくなっていたかもしれません。
     
     今でも自然にこだわるアトピーやアレルギーの人が多く、自然にこだわった結果、更なる悪化を呼んでしまっていないか、それが気になります。

     この放送は文章でなら読む事が出来るので、見なかった人は読んでみると面白いと思います。
    http://tvmatome.net/archives/1813

     私は今は皮膚はセタフィルローションを使っています。唇はワセリンです。リップクリームと口紅が今でも合うものがありません。あまり外出しないのでそれほど困っていませんが、合うのが見つかるといいのにな、とはいつも思っています。
     
     そうそう、話は変わりますが、口角炎。
     わりと繰り返していたのですが、何となくですが、トリガーが思い当たるかも、です。
     それは塩分と日本酒!
     おそばを食べに行った時にそばつゆに反応して痒くなり、その後口角炎に。醤油はいつも食べているので大丈夫だと思うのですが、煮物に沢山日本酒を使うと痒くなる確率が高い気がするというのが思い当たりました。飲む日本酒は問題ないので、そばつゆや煮物など、塩気と日本酒をたっぷり合わせたものが刺激になり、食事の時に拭いても残りやすい口角が炎症を起こしてしまうように思います。
     それからは煮物に使う日本酒は少なめにしたり、塩分も少し気を付けています。みりんは大丈夫みたいです。それで口角炎なく過ごせています。(もちろん食後にきちんと口を拭くようにしています)
     アレルギーではなく、単に「刺激」ですね。
     冬になると乾燥するのでまだわかりませんが、うまくいくことを願っています。