プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日本の医療は成果主義ではない

     アトピーがなかなか日本で治らない原因はいくつかありますが、制度の問題もあります。

     日本の医療は健康保険の枠組みの中で行われていて、自由経済の競争の枠組みと違うところにあります。自由経済の中では競争が生まれたり成果を問われる事になります。ですが日本は保険の枠組みの中で治療が行われるため、保険がきくかどうか、それが一番大切になります。
     自由診療と混合診療、保険診療、と大きな枠組みで考えてみると、自由診療は好きな治療が出来ますが、治療費が高くなります。自由診療は患者負担が大きくなりますが、保険に縛られないで治療できますし、値段は好きに設定できますから、患者が集まれば一番儲かる方法だと思います。ですが患者が集まらなければ収入につながらず、経営は苦しくなります。

     混合診療は悪くないように見えますが、規制の問題がまだあるのと、混合診療になってしまうと保険承認しなくても新薬が使えるために保険承認が遅れる弊害が出てきます。大半の治療が自己負担になってしまう可能性もあり、自由診療に近づく懸念があります。

     保険診療は患者負担が小さいので、患者が集まりやすいし、保険が使える範囲内の治療は保険適応のハードルをくぐった薬や治療法となるため事故のリスクが少なく、「保険も使える標準治療です」と言えば、患者が治らなくてもそれはいいですし、患者も支払う金額が小さいため、重大な事故でなければ訴訟も起こさないため、公務員的医師を目指す多くの医師にとっては最もリスクが小さく安定した生活を送れます。

     アトピーのように「治らない」と言われている病気は治さなくても医師は変わった事さえしなければ、患者が吠えようが収入に関係ありません。成果を出しても収入につながらないですし(治ったら患者は来なくなる)、むしろ慢性化して通ってくれた方がいいとも言えるかもしれません。

     どういう医療がいいのか、それは答えは出ないと思います。欧米も何がいいのかわからないまま、制度を変えながら模索していますよね。トゲが刺さった、風邪を引いた、そうした事ですぐに病院にかかれる日本の医療はやっぱりいいな、と思います。保険診療の中に成果主義を導入するのは、多分医師の反対もあり、なかなか難しいでしょう。
     とはいえ、成果主義が導入されないままでは日本の医療は世界レベルの中で沈下していくでしょう。実際地方病院では20年前の医療と大差ないという治療が行われていたりして、どこかの遅れた社会主義や共産主義の国のような医療にどんどんなっていきかねません。アトピー治療なんか30年前の治療とほとんど変わっていないでしょう?
    何よりやる気のある医療者を育てられないのは社会にとって大きな損失だと思います。

     でも医療機器や検査方法は企業がやっているため競争があり、成果を出していかなければ売れないため、こちらはどんどん進んでいます。日本には世界に誇れる医療機器やメーカーがたくさんありますが、世界に誇れる医師を聞かないのは残念な事です。もしいても、日本でやらないですよね。成果を出して報酬が大きくなるアメリカでやった方がいいですから。

     そんな事情もあり、日本で重度のアトピーを治すことは、とても難しいと思い、日本で名医を探す手間を省いて、結果を出していると分かっているドクターマセソンの治療を受ける事にしたのでした。
     
    追記

    8/29(土)にアトピーアソシエイションのワークショップがありますね。悩んでいらっしゃる方は参加をお勧めします。案ずるより行動してみてください。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。