プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療はドゥプリマブまで待つか?

     アトピー治療希望の星のドゥプリマブですが、この薬の日本発売を待つか、それともその前に治療に行くか、もしかしたら迷っている人がいるかな、と思います。

     先日、日本の会社のそーせいとドゥプリマブの会社のリジェネロン社が研究で提携したとニュースで出ていました。http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1270713ドゥプリマブの販売は関係あるかわかりませんが、この薬が日本に近づいたような気がしました。

     ドゥプリマブのメリットは、アレルギーに悩まされる事がなくなる、という事ですよね。アレルギーがアトピーの炎症の元になっている場合、アレルギーのほぼ完治が望めそうなので、結果的に皮膚の好転につながり、アトピーからの解放、となりそうです。(スキンケアは必要)それ以外にもおそらく免疫系への良い効果もありそうなので、おそらく最強なのは、ドクターマセソンの指示と治療を受けながらこの薬を使う事だろうと思います。

     ですが、ドクターのリタイアの問題とアトピー患者の時間の大切さ、苦痛の大きさを考慮すると自分のQOLを考えながらの決断を下した方がいいと思います。

     私だったら、と思うと、私は発売を待たないで治療に行くと思います。
     まず、地獄のような苦痛に耐えるのが辛いという事。それとドゥプリマブの発売までアメリカでもまだ数年先で、日本発売は未定です。例えば日本発売が5年先だとして、5年、どうやって耐えますか?
     私は治療に行った年、2月にアトピーアソシエイションのHPを見つけて治療を決めていましたが、行ったのはスケジュールを考えて5月にしました。でもその間、苦痛が強くて月5万もする漢方薬を使いました。約15万の出費です。更に漢方を使ったからといって治るわけではないので、苦痛に晒されている時間は変わらず、生産性のない生活をしただけでした。
     私は3か月待っただけでも後悔しました。

     今治療に行くメリットは、やはりまず、ドクターマセソンの治療が受けられる事です。アトピー=アレルギーではありませんから、アレルギー以外の治療も必要です。ですがドゥプリマブの発売までドクターが治療を続けてくれるか微妙です。
     ドゥプリマブは使わなくても、ドクターベイカーのアレルギー治療がありますし、私も完治状態に至っていますが、現時点でも治療成績はとても良いのです。ドゥプリマブが発売になっても、私は今のところ使う必要がありません。アトピー患者全員に必要な薬、というわけではないのです。

     またアトピーが酷い状態を長引かせると、アレルギーや免疫系がどんどん悪化します。今行けばドゥプリマブ不要という人も何年か先は必要な状態になる、という事も考えられます。アトピー悪化状態を長引かせると女性ホルモンを含むホルモン系もおかしくなる事が多いですが、それはドゥプリマブでは治療できません。
     
     ドゥプリマブはもう完成に近づいている薬ですから、それはプランBとして考えたらいいんじゃないでしょうか。どちらかしか選べないものではないのです。
     つまり治療に行って経過がどうしても思わしくなければ、それから使用をドクターのアドバイスをもらいながら考えればいい薬です。確かに費用は重複しますが、どうせ日本にいても化粧品ジプシーに漢方に、整体だの何だので、結局お金は使います。もしくは働けない期間が延びたり、体調を気にした働き方をせざる得ないので、収入アップが望めなかったりするでしょう。プライベートでも集中出来ないですから、勉強して収入につなげたくても難しくなるでしょう。アトピー患者のQOLはとても低いのです。そして「時は金なり」なのです。

     そう思うと、ベストなのはドゥプリマブはプランBにして、治療を受ける事を最優先する事の方が良い選択のように思われます。
     
    スポンサーサイト

    ルンバ購入

     色々悩んだ末、ルンバ871を買いました。
     
     うちは二階建てなので、二階の掃除のために掃除機を持ち運びするのがとても苦痛でした。しかも使っている掃除機がとても重く、私が機嫌が斜めだったりすると、運んでいる階段から落としたくなる位嫌でした。特に暑い日!それにベッド下の掃除も大変でしたから、ロボット掃除機なら簡単に下に入ってくれるからいいかな?、と思っていました。
     するとロボット掃除機が今は型落ちなら3万円台で手に入る、と何かで見て、それはいいかも!と思いました。私の体はもう若返ったりしませんから、重い掃除機を一階から二階へ運ぶのは事故を考えても危険です。ロボット掃除機は遅かれ早かれ、という気がしてきました。価格的に見合うのなら、もういつでもいいでしょう、と買う事を決めました。

     購入に当たって気にしたのは、埃の取り残しとゴミ出しなどの手入れ方法でした。掃除機で気にする埃の舞い上げは優先順位が低かったです。なぜなら、普段居るのは一階なので、使うのは無人の2階だからです。ただ舞い上げがきつくて稼働が終わった後に埃がみんな舞い降りてくる状態では困るので、本当にちゃんと掃除ができるのか、ゴミ出しなどのメンテナンスが大変じゃないか、それが気になりました。
     アトピー治療仲間の方で既に購入されて使っている方がいらしたので相談し、それで購入を決めました。
     
     ルンバにしたのは、家電屋さんで説明を聞いた時、やはり国内メーカーのものより先行したルンバが機能その他にしても良い、という印象を持ったからです。価格もルンバと大差ありません。
     ルンバは沢山出ていて型落ちの物の方が安かったのですが、871にしたのはバッテリーの持ちが従来品よりも良くなったという事で、型落ちの物のバッテリー交換時の費用、それと871のうたうバッテリーの持ちと販売価格を計算すると大差ない事がわかり、なら新しいものの方がいいかな、という結論でした。これより新しいのもありますが、付属品が増えるとかどうでもいい機能が付くとかそんなところみたいです。

     使い始めた印象は、「素敵!」とでもいいましょうか。やっぱり楽です(笑)。確かに床の物を片付けないといけないですが、寝室とかなので、片付けるものも多くないです。それに一時間位動いているので、埃の取り残しがあったり、舞い降りがあっても、何回も吸いに行ってくれますからきれいになります。
     気になった点は、本当は3部屋一気に掃除してもらいたかったのですが、3部屋はやっぱり無理がありました。なので2部屋と1部屋と分けて掃除をしてもらっています。それと癖があるのか、行きたがる所と行きたがらない所とあるような気がします。でも長時間の稼働と頻回にかける事によって解決しました。
     先出の方は毎日出かける時にかけて家を出るそうです。それは良いですよね。ハウスダストアレルギーの問題もクリアだし、毎日かければ取り残しも減ります。床に物を置かなくなるので、家のキレイも保てそうです。

     ゴミ出しは少々難あり、でした。私は歯ブラシを使ってゴミ出ししていますが、埃に触れるので手が痒くなります。なのでゴミ出ししたらすぐに手を洗うようにしています。ハウスダストにアレルギーがある人は自分でしない、あるいは入浴前にする、肌の露出がない服にし、マスクする、などちょっと必要だと思います。ゴミ出し自体は1~2分で終わる作業なので、お風呂前にさっとやるといいのかな、と思います。

     難点はありますが、ルンバが壊れたらきっとまた買います。やっぱり楽なんです~~。暑い中、汗をだらだら流して痒くなりながら掃除機かける事が無くなったのはとても楽です。楽なので、掃除機をかける回数も増えました。結果、きれいな状態を簡単に保つ事が出来るようになったし、リビングのある一階に掃除機をかける回数も増えました。買って良かったと思います。

     そうそう私は買いませんでしたが、ブラーバもどうでしょう?とご提案を頂きました。私は2階の3部屋かけたいという希望に叶わないと思ったのでやめましたが、ブラーバは小さいですし、拭き掃除型なので、埃の舞い上げも少なそうなので、アパートやマンションで在宅の時に使いたい、というニーズにはこちらの方が向いているような気がしました。
     
     アトピー患者は家の清潔を保つ事も大事です。でも疲れた体に鞭打ってやるのもそう続かないですから、こうした機械化も良いと思います。
     

    人格形成

     ふと過去の失敗した出来事を思い出して、とても嫌な気持ちになりました。その時に、
    「あ~あ、一錠飲んだら一つ嫌な過去を忘れられる薬があったらな。」
    なんて思いました。
     そしたらどんな嫌な思い出を消そうか、いじめにあった事か、失恋した事か、仕事で失敗した事か、人間関係で失敗した事か、それともアトピーで苦しかった事を消そうか、、、
     そう思った時、待てよ、もしその薬でその思い出を消してしまったら、私の今の人格はどうなってしまうんだろうか?失敗した事を忘れたら、また同じ失敗してしまいそうです。同様の失敗をした人への共感の気持ちもなくなる可能性があります。夫への感謝も今より出来なくなってしまうかもしれません。そうなると私は今よりもっと我儘だったり嫌な感じの人になってしまうかもしれません。それはあんまり良い事のようには思えないな、と思いました。
     そう思うと今の人格って結構複雑な過程を経て作られたんだな、と思います。今の時点で、ほどほど満足しているので、リスクをとってまで「忘れられる薬」などあっても飲もうとは思わないなぁ、というのが結論です。(ただ飲んだ方がいい、という人も世の中にはいます)

     前回お知らせしたアメリカオフィスの高沢さんのブログで、治療に行かれた方が書き残したページが載っていました。
    http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2015/06/blog-post_16.html
     その中の一文に「痒みも痛みも苦しみも感じすぎて、自分がどんな人間かわからなくなってしまうくらい・・・」というのがありました。
     なんかすごくじーんときちゃいました。アトピー重度って毎日体がしんどすぎて、まず息するのが精いっぱいですよね。動くと皮膚が割れるし、浸出液が出ていると皮膚が張り付いていたりして、トイレに行くのも頑張らないとって感じで。体力が残っている人はそこから頑張って学校行ったり、仕事したりするわけで、毎日出来ない事と頑張る事が多すぎて、でも当たり前にいろいろ出来ている人はおしゃれして来るし、それを見つめる異性の目は完全にアトピーの私は透明人間としてスルーするか、酷さにちょっと驚く、みたいな。。。
     そんな生活を何年もしたら、本当の自分なんてどっかいっちゃいますよ。よくアトピーの原因は心にある、みたいなのがありますが、私はちょっと怒りを感じるくらいそういうのは嫌いです。
     病気は人格を変えます。でも病気が良くなったら、それが吉と出るか凶と出るかはわかりません。でも出来上がった人格で幸せを追求するしかないんじゃないかなって思うんです。
     先ほどの「忘れられる薬」が仮にあったとして、この方は飲むのかしら…?なんてちょっと思いました。今、もうお元気になられているといいなぁ。