プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    最近の調子

     最近の様子、といっても、落ち着いています。
     今はもう汗の季節なので、朝夕シャワーを浴びて、適宜下着を交換したりしています。来月はきっとお昼に一度シャワーを浴びないといけなくなるだろうと思っています。
     
     足の指に何年か前からタムシがあったようで、昨年夏にどうやらタムシらしいとわかって、市販薬のフットガンをせっせと毎日塗っていました。ようやく良くなってきたところに、周辺部がなんとアトピーっぽいカサカサ・・・。白癬菌にステロイドはダメなので、とりあえず保湿していましたが、先日、フットガンを塗って乾かした後、TACを恐る恐る周辺に塗ってみました。タムシの悪化もなく、周辺部も良くなってやれやれでした。多分、タムシは壊滅出来ていると思うのですが、白癬菌はものすごくしつこいので、用心の為にこの夏まではフットガンを使おうと思っています。
     
     シダトレンの治療もしています。かかっている先生曰く、シダトレンの治療は3年とかって言われているけれど、それは夏に休薬期間を設けた時の話で、毎日治療薬を使っている人は、1年半ほどで治るよ、との事でした。
     今は2週間処方ですけど、10月頃から4週間処方になりそうな見通しのようです。秋にはダニが解禁になるんでしたっけ?http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201505/542187.html一般の人にも少しずつ治療の門戸が開かれてきますね。
     私はなぜかまだ結構毎日ザイザル飲んでます。草なのか黄砂かPM2.5かわかりませんが、鼻水と目の痒みでザイザルで止まるのでアレルギーですね。ザイザルフリーになる日は来るのかな?、と思います。
     
     そんな感じです。

     アメリカの治療のカウンセラーの高沢さんがブログを再開されたそうです。
    http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/
     色々とても詳しく書いてあります。更新が楽しみです。

     全く関係ありませんが、トヨタのアメリカ人役員がオキシコドンを日本に持ち込んで逮捕されましたね。目的はまだわかりませんが、アメリカではこのように報じられた、と出ていました。http://blogos.com/article/117975/日本ではネガティブな報道が目立ちます。
     アトピー重症患者が放置されている事からもわかるように、日本の医療は患者の苦痛に鈍感です。ドクターマセソンが最初に日本人アトピー患者を診た時に、日本は先進国ではなかったのか?という印象を持ったと聞いた事があります。だからアメリカに行くと苦痛を取ることも最初の治療で行います。
     痛み止めの使い方も日本は遅れていると思います。麻薬でしか取れない痛みというのは、この世に存在します。
     最近日本のテレビは日本礼賛が続いているので、井の中の蛙になってしまわないか心配です。

     オレゴンメディカルリサーチセンターは、扱いの疾患はアトピーだけではないので、高沢さんのブログがいろいろ発信してくれるといいな、と思います。
    スポンサーサイト

    便秘

     夫がなぜか私の為に、「ためしてガッテン」の便秘の回を録画してくれました。私、特別悩んでいるわけではないのですが。。。

     私の事はさておき、アトピーの方で何度か便秘のご相談を頂いた事があります。アトピーと腸を関係させる説が多いので、皆さん便秘は気にされているのだろうと思いました。
     ためしてガッテンで内科医が出演して言っていましたが、医学的な排便の正常回数は「週3回以上、1日3回以下」です。つまり毎日出なくてもいいんです。
     便は腸の蠕動運動にもよりますし、食事量にもよります。もちろん女性は生理の関係で高温期は出にくくなると思います。
     毎日出ない=便秘ではありません。一日一回、すっきり、というのから外れると「私は便秘」と薬に走るのは良くないですよ。

     さてアトピーの人で便秘という人は、私はほとんど食事量を気にします。食事制限していたら、食事量が減って便が出なくなるのは当たり前だからです。食べなきゃ出ません。
     ですから食事量は最初にチェックすべきです。
     アトピーだから便秘になるわけではありませんから、アトピーと便秘は本来切り離して考えるべきです。

     アトピーの話とは違いますが、女性に多いのは「便秘」というより「排便困難」の人だと思うのです。排便を我慢する癖が付いていると腸の中に便がとどまる時間が長くなり、水分が再吸収されてしまい、便が固くなってしまうのです。排便を我慢するのが原因だけでなく、生理でも高温期は黄体ホルモンの働きで腸の動きが抑制されるので同じように便の停滞時間が長くなって、出にくくなってしまいます。これで出ない状態が長期化して、便がたくさんお腹に溜まったら「便秘」です。

     私が普段気を付けているのは、やっぱり体を動かす事です。体を動かさないと途端に腸の動きが鈍くなってしまいます。仕事を辞めたらやっぱり腸が動きにくくなりました。
     それと私は酸化マグネシウム製剤を飲んでいます。近所の薬屋に普通に売っている「3Aマグネシア」という薬品名のもの。酸化マグネシウムは腸の中へ水分を集める作用を持ち、腸内に滞留した便に水分を含ませて軟らかく膨らませる働きをします。生理前など、運動しても無理な時があり、固くしてしまうと痔になるので、便の水分調整は中年以降は大事です。
     マグネシウム製剤の下剤は長期連用しても問題ない安全な薬と言われているので、気にしないで飲んでいます。
     便に水分をためる役割を果たすのは「水溶性食物繊維」(ひじき、わかめ、大麦など)ですが、含まれている食品数が少なく、食べ続ける事は大麦以外は難しいと思いますので、マグネシウム製剤で代用するのは悪い事だと思いません。

     一般によく売っているセンナなどの「アントラキノン系」は蠕動運動を刺激するタイプのものは連用すると効かなくなる事が知られています。ためしてガッテンで「大腸黒皮症」を取り上げていましたが、びっくり。このアントラキノン系の下剤が原因だそうです。大腸黒皮症自体は深刻な病気ではないという事でしたが、あの色はそのままでいい事はないと思います。ためしてガッテンで見せた写真は衝撃的で忘れられません。

     アトピーと腸をくっつけたがる人が多いですが、私はむしろ大腸がんと腸の関係の方が大事だと思うのです。大腸がんは食の欧米化と共に見事に増えています。きれいなレシピ本を見ると、そこにはみーーーんな洋食ばっかり。パンにチーズにオリーブオイル。それらを「おしゃれ」と呼ぶんです。私も好きですけど、やり過ぎだと思います。大腸がんは欧米に多いのは知られていますから、食との関係がないわけないと思います。

     昔の和食を見直そう!
    と提唱したいです。
     今と比べると発酵食品が多い気がするんですよね。味噌汁、納豆、漬物、これらを食べる頻度が今より高かったと思います。味付けも味噌や醤油が主で、油はもっと少なかったはず。
     なんて思って、自分の料理の反省をしている今日この頃です。

     私事ですが、糠漬けを始めました。そう、発酵食品です。人生3度目か4度目の挑戦です。おいしいのが出来なかったので諦めてきましたが、有本葉子さんのこの本

    の中に書いてある通りにやったら、初めておいしいものが出来ました。
     糠の中に昆布やら大豆やら入れるんです。変わっているのですが、とてもおいしい糠漬けができるようになりました。夫と二人暮らしですが、競争のように食べます。すぐなくなっちゃうんで。レシピ知りたい方は、個人的に連絡くださいね。
     体に良くてノンオイル、そしてカロリー負担がない生野菜です~。子供の時はいつもちゃぶ台に糠漬けがあって、間食に食べるものがないと糠漬け食べてお茶を飲む、という生活をしていました。不思議なもので、大人になるとまた食べたいな~って思うものなんですよね。夫も結構好きだったみたいで、飽きずに食べています。夫は「糠漬けは飽きないよ」と言っていましたが、確かにそうかもしれません。
     ちなみに好きなのは一位はきゅうり、二位は長芋です。
     きゅうり、旬の夏まで待ちたかったんですが、待ちきれず、ハウスのきゅうりとわかっていながら、購入して漬けています。今年の露地物のきゅうりが楽しみです。