プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    日立 BDS8600

     家電に関して今回は書いてみたいと思います。

     先日、治療仲間の方から良い情報を頂きました。
     日立の洗濯乾燥機BDS8600をご存知ですか?今は進化したものが出ているので型番が少し違いますが、「風アイロン」というとピンとくるかもしれませんね。この製品、洗濯から乾燥まで入れっぱなしでいいんですって!!
     多分今まで、洗濯したら一旦取り出して、ほぐしてから乾燥機というパターンだったと思いますが、これだと寝る前に洗濯というのが大変だったと思います。でも「風アイロン」だと入れっぱなしでいいので、とても助かるんじゃないかしら。アトピーの人は洗濯量が多いですし、乾燥機もかけないといけないですから一貫して出来るこの製品は一人暮らしの人にも共働きの人にもとても助かる製品だと思います。
     お手入れが少々面倒なようですが、便利さには代えられない、という事でした。

     私から、空気清浄機について。
     うちはずーっとダイキンなんです。家電好きな夫がとにかく買ってしまうんです。加湿機能付のものを買ってしまって、私は好きじゃないですが、加湿機能は別にして、空気清浄能力は新機種ほど上がってきている気がします。
     加湿機能も結局この冬使ってしまっていますが、当然ですけど、カビます。ピンクカビです。そしてとても手入れが面倒臭いです。うち、単独の加湿器もあって、去年、試しにそちらにハイターを少し入れてみたんです。もう壊れてもいいやって思って。そしたらやっぱりカビは少し良かったし、部屋も特に匂いませんでした。(夫にもばれなかったです)今使っている一体型の方の加湿空気清浄機の方にはまだ試していないですけど。
     冬場は服をたくさん着て肌を出す事が少ないので、加湿器は特に不要だと個人的には思っています。確かに乾燥している方が肌にはきついし、インフルエンザも乾燥を好むので加湿した方がいいのかもしれませんが、カビのリスクは見逃せないと思います。
     加湿機能は勝手に付いていますが、水を入れなければ普通に空気清浄機だけとして使えるので、それだけならダイキンはいいと思います。

     掃除機については賛否両論あると思います。
     昔、ためしてがってんでやっていた映像がありましたのでリンクしておきますね。
    http://www9.nhk.or.jp/gatten/movie_archive/12_souji.html
     で、私はしばらくペーパーモップだけで掃除をしていたのですが、フローリングの溝にどうしても埃が残り、夫は掃除機を使え!と主張するし、で、少々のバトルの末、今は掃除機を使っていますが、排気が少ないSANYOの掃除機を使っています。
     講演会にAAJ関係者でダスキンの方が見えていて、やっぱりダスキンモップはよく考えられているようです。モップでくるくるっと掃除して、小さな集塵機でシュッとで終わり。モップの定期交換もあるし、で、いいな~とは思いますが、うちには高価でございます。
     最近、素敵な商品を見つけて欲しいな~と思っている掃除機があります。それはマキタの充電式のハンディ掃除機。
    http://www.cataloghouse.co.jp/housework/cleaning_supply/1101022.html
     本体を床に置いて使う今までの普通の掃除機だと、排気で床の埃を舞い上げるのですが、これだと排気部分が腕の所に来るので舞い上げが少ないと期待できる事、軽いので掃除が億劫になりにくい事、それと確か絨毯ノズルでない普通のT字ノズルがあって、それにはブラシが付いていないんです。ブラシは絨毯を殆ど敷かない家では不要だと思いませんか?ブラシに埃と油と汚れと髪の毛がたまるので、その洗浄はとても面倒です。ブラシ、要らないな~と思っていたので、この製品がとても魅力的に見えます。
     ただ、私は持ってないし使った事が無いので、感想は言えません~。

     少し前、布団クリーナーのレイコップが話題になった事がありますが、使った事がないですけど、以前ダニについて調べたことがあって(記事はこちら)、そこから考えると効果は疑問かな、と私は思っています。
     ダニに関しては、出来るだけ部屋を工夫して数を減らして共存しかないのかなって思います。洗剤で洗濯してもダメなんですもんね。。。
     そうそうこんなニュースが出ました。やっとダニアレルギーも日本でアレルギー免疫療法が出来るようになりそうですね。まだ「減感作療法」と書かれてしまうのが、日本のアレルギー治療の現状ですね。ともあれ、朗報です。早く保険適応になって欲しいです。

     それにしてもマキタの掃除機、いいな~。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 
    スポンサーサイト

    ドクターマセソン講演会2014-5

    少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いします

    講演会の内容は今回が最後です。
    では続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーー
    ダスキンの方(お子さんがドクターマセソンの治療を受けました)のお話があったそうです。詳細は資料に無いのでわかりません。(チャットワークでこの方と交流できるので、お掃除や家のダストコントロールでお悩みの方は相談されるといいと思います。)

    オレゴンメディカルコーディネーター(OMC)の役割

    治療の成功率を上げる事
    患者への教育とアドバイス
    翻訳/通訳、送迎、滞在中実地サポート
    お薬の発注、郵送、税関の書類作成
    渡米治療後のサポート、新しい治療法など、AAJと情報交換
    ケアホームの管理

    OMCチームの構成

    高澤晃平
    通訳、実地サポート・教育、送迎、
    渡米後サポート

    高澤奈美子
    アレルギーボトル更新、実地サポート・教育
    渡米後サポート

    猪瀬和子
    リチェックメール担当、翻訳
    渡米後サポートのみ

    今後の方針

    現在の連絡方法
    Eメール 
    リチェック⇒ ドクターマセソン、写真診察依頼、お薬の処方など
    インフォ⇒ 悩み事、相談事、写真診察以外での質問
    オーダー⇒ お薬発注、アレルギーボトル更新
    OMCチーム個人メール⇒ 特殊なケース、新薬治験参加、特殊な書類や診断書、お手紙など作成。

    電話・ファックス
    アレルギーボトル更新
    緊急時での相談事

    今後の連絡方法追加

    OMCフェイスブック
    新しい情報を更新など
    チャットワーク(Chatwork.Com)(すでにテスト実地中)
    オンラインチャットシステム、渡米治療後の患者達とさまざまなトピックスを話し合う、個人メッセージも可能。
    さまざまなファイルをアップロードし、自由にダウンロード
    新しい情報を更新など
    渡米治療後のビデオSKYPEでの相談
    1ヶ月に1回、予約制度でのビデオSKYPE面談
    現在の状態や質問、ご家族からの質問など、お一人20分間
    スタート日は2015年春の予定

    ドクターマセソンからのメッセージ

    毎年日本へ行き、治療後や治療前の患者とお会いする事をいつもとても楽しみにしています。お友達や同僚の方にもお会い出来て、とても嬉しいです。
    前にも言いましたが、治療の成功に繋がる事は

    ・治療やライフスタイル、環境を整える教育を継続する事、スキンケアを状況に合わして、季節や状態によって変える事を指導する事など。
    ・トリガーを探し続け、それらを把握し、避ける事。
    ・コミュニケーションをとり続け、もし必要な場合は治療をし、質問などあれば聞く事。
    ・安全なお薬を正しく使う事。

    約400人ほどの患者を治療した結果、さまざまな病気の度合いや治療効果などの違いが診られます。患者によって、早く安定する方もおられます。治療が困難する方もおられ、他の治療方針を取らなくてはいけない患者もいます。

    これらはチームの努力が必要です:郁生、奈美子、晃平、和子、ドクター久道、ドクター白沢と私自身、最終的には患者自身からの努力からで治療成功になります。アトピーをコントロールし、普通の生活に戻る事が成功となります。皆さんの治療に参加させて頂き、心から感謝しております。有難う御座いました。

    ーーーーーーーーーーーーー

    以上です。
    充実の内容ですね。

    帰国後のサポートが更に充実する内容になってきていると思います。スカイプでアメリカ側と直接やり取りできるのはとても魅力的ですね。やはり顔を見て話がしたいと思いますもんね。これ、帰国後かなり時間が経っている人たちも可能にしてもいたいな、と思います。帰国後、時間が経ってくると段々自己流になっていったり、日本の変な考え方に再び洗脳されてきちゃったり、という事も稀ですがあるからです。

    ドクターの治療も患者数400人ほどなんですね。全員日本では匙を投げられたアトピー患者ばかりなので、経験としては十分ですよね。

    次回は講演会、行きたいです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。