プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギー検査しました

     私は今年の4月にドクターベイカーによるアレルギー免疫療法を卒業しました。
     きっかけはシダトレンが保険適応になって発売される事が決まったからです。

     私の皮膚はもう長い事アトピーが完治した安定した状態を続けていましたが、注射をやめる事によって再発するのも怖かったし、免疫を刺激し続けた方が私の体にとっていいと判断していたので、ずっと治療を続けてきていました。けれど一番症状の強いスギ花粉症がなかなか改善しなかったので、スギ花粉のアレルギー免疫療法をやりたいとずっと思っていました。それが保険適応になったので、そちらにスライドすれば免疫を刺激し続けられるし、スギ花粉症の改善も出来るから、そちらに移行しようと思いました。
     卒業に当たってはアメリカオフィスのカウンセラーの方に相談をし、許可を得ました。
     ところがシダトレンの発売が延期になってしまい、4月にボトルが空になってしまったので少し不安な気持ちでこの半年を過ごしていました。
     そして今月8日にようやく発売したので、飛びついたというわけです。

     シダトレン開始前に15年ぶり位に日本のアレルギー血液検査を受けました。そしてこれがその結果。
    kensa
     読めますか?
     何と非特異的IgEがたったの15!!!!!思わず目を疑い、×1000とか書いていないかと思いましたが、15だけみたいです。項目を見ても杉があるのはわかりますが、その数値も陽性ながら低いもので、他は無いと言っても過言ではありません。
     もちろんスクラッチテストとは違うので、正確さには少し欠けるかもしれませんが、それを加味しても余りある感じです。

     15年前に検査をした時のIgEの数値などは覚えていませんが、結果を見た医師が
    「IgEが高いのはアトピーだから仕方がないね」
    と言っていたので、確かに高かった筈です。
     渡米時にやった検査では、スギ、ハウスダスト、猫が検出されていました。(アメリカではIgEの検査はありません)殆どの人が出る筈のダニは出なかったので
    「珍しいね」
    と言われたのを覚えています。
     なので私のアレルギーは元々酷くはなく、治療ボトルも一本でした。

     スギ花粉症は発症は小学校時代で、毎年春は辛かったです。(去年はスギの飛散量が少なかったせいか劇的に楽でした)なのでスギ花粉はもっと悪い数値で出てもいいのですが、軽い数値で出ました。
     
     これらの結果を踏まえると、私、アレルギー治療、効果があったんだ~~~!!!!
     やった~~~~!!!!

     って事ですね♪

     アレルギーが改善したもう一つの大きな理由は、皮膚が長い事良い状態にあったからだと思います。
     皮膚が薄く炎症を起こした状態では、アレルゲンが皮膚を貫通してしまうので、体がアレルギー反応を起こし続けてしまいますが、炎症が止まって安定した状態が続いていたので、皮膚を原因としたアレルギー反応を長く起こさずに済み、結果、改善を加速したのだと思います。つまりはドクターマセソンの治療が大きく貢献したという事です。

     シダトレンは無事、開始できました。ショックも起こさず、皮膚も問題なく経過しています。私がかかっている医師は既にアレルギー免疫療法は7~8年行なっていて(ダニと杉だけですが)、結果に対しても強い自信を持っています。その医師が言うには、皮下注射の時は7割位だったけれど、舌下療法にしてから改善率が9割を超えるようになったという事です。
     ドクターベイカーの所でも舌下療法は出来ますが、ボトル発送が毎月になってしまうので難しいという事でした。

     今後のシダトレンの効果が楽しみです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 

     ドクターマセソンが来日講演してくださいます。
    http://www.a-association.com/article/104309134.html
     アメリカのアトピー標準治療がアップデートしたようで、その事についても触れるようです。日本の治療の指針もアメリカの指針に沿うはずなので(日本の内部から変わる事はないのです)、いち早く情報に触れられそうですね。
    スポンサーサイト

    来月、ドクター講演会ありますね

     今年もドクターマセソンが講演に来てくださると告知が出ましたね。
     来月の11/29(土)だそうです。詳細はAAJのHPをご覧ください。
    http://www.a-association.com/article/104309134.html
     去年と同じ場所みたいです。去年私が行った時、すごく大きいビルで、少し迷いましたので、初めて行かれる方は少し時間に余裕を持って行った方がいいんじゃないかと思います。
     いつも行くと必ず「行って良かったな」と思います。毎年新しい情報が必ずあるのです。私はもう治療して9年経ちましたが、それでも毎回、へ~、と思います。医学は進歩しているんだ、と感じます。皮膚の話だけでなく、去年は歯の治療とか口腔ケアの大切さの話もあり、行く価値があったな、と思いましたよ。

    また
     「これから行きます」
    という渡米予定の方も毎年いて、治療後の方から色々教えてもらったりしています。
     9月にケアホームが引っ越しして、昼・夕の食事がなくなったという事なので、今治療に行かれている方が帰国して講演会に来てもらえたら、その方々から直接色々アドバイスがもらえると思います。

     私の出席は、今現在、未定です。ギリギリにならないとわからない感じです。行きたいんですけど家庭の事情ってやつです。
     
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 

    歯の治療

     私は昨日、長年の懸案だった歯の治療をし、今、ちょっと痛くて痛み止めを飲んでいます。
     奥歯一本の神経を抜いて削ってもらったのです。虫歯ではなかったのですが、そこは歯並びが悪く、かみ合わせの関係から扇の要のような歯だったのですが、元々舌側に倒れて生えていて、経年でどんどん舌側に倒れてきてしまい、ついに去年辺りから舌がこすれて口内炎を時々起こすようになったのです。もうさすがに私の年齢からして舌癌の可能性があると判断して、そこの治療に踏み切る事にしました。
     
     以前、口腔外科医に相談した時に
    「舌癌のリスクは確かにあるから、抜歯した方がいいね」
    とは言われましたが、とにかく歯並びからして重要な歯だったので、すぐの抜歯には迷いがあり、今回は別の歯科医に変えての治療にしました。でもその歯科医は舌癌のリスクがあまりわからないらしく、とにかく噛み合わせばかりを気にして、なかなか治療に踏み切ってくれなかったですが、どうにか治療をしてくれと言って、神経を取って大きく削ってもらい、被せる治療をする事にしました。
     それにしても歯科医の舌癌に対する意識が低いのにちょっとびっくりしました。
     でも多分、その歯科医にとって私は「変な患者」に違いないと思います。 
     でも私は舌癌の患者さんを何人か勤めている時に看た事があって、大変な病気だという印象を持っています。今、舌癌は喫煙との関係が一番強調されているような気がしますが、個人的には歯並びが大きく関係していると思っています。歯科医ともめるのは嫌ですが、癌が出来たらもっと嫌なので、結果的に何だか私が歯科医に指示を出すような形になり、好ましくなかったと、今日、ちょっと後悔です。
     歯科医も納得して、の施術ではなかっただろうから、いい気分で治療は出来なかっただろうし。もうちょっと探して、レベルのもうちょっと高い別の歯科医にすれば良かったなぁ。でも今、良さそうな歯科医ってインプラントばっかりやりたがる感じがするので、探すのが難しい感じになってますよね。相談に行けばその度にレントゲンだし。人生長いので、浴びなくていい放射能は浴びたくないのです。画像写真、患者管理にしたいですよね。

     口腔外科医には、神経抜いて、被せて持たせても、何だかんだでこの先ずっと持つ、というものではないから、どこかでは抜歯だよ、と言われましたが、そうだと思います。
     多分いつか、どこかでインプラントを検討しないといけなくなると今回は覚悟しました。でもインプラントやるにしても、この場所は前後に歯があるので、どうやら難易度が高い様子です。とりあえず今すぐはインプラントが必要というわけではないので、今回の治療で時間を稼ぎたいと思います。本当は再生医療の時代になった時に治療したいんですけどね。

     今回の治療で、やっぱり話がかみ合わないと思う医師の所では、治療を受けるべきではないな、と思いました。失敗です。今日、まだ痛いので、今後、歯に色々悩まされそうな気がしてブルーです。

     歯並びの矯正は子供のうちにしっかりやっておいた方がいいですね。年取ると、何かとトラブルの種になるな、と思います。今日はアトピーとは無関係の話でした。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。