プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    山口医院のステロイド混入事件

     少し前でしたが、アトピーの治療で有名だった山口医院の治療薬にステロイドが混ざっていた、という事件がありましたね。
     山口医院は評判は耳にしたことがありました。漢方で、というのが怪しいなと思っていたらやっぱりね、という感じでした。一応訴えは起こす模様ですが、重い罪には問えないんじゃないかなぁ、なんて思います。普通の病院では普通にステロイド外用薬が処方されているわけですから、健康被害とは言えないんじゃないかしら。法律はわかりませんが、患者に黙っていただけで、一般病院とやっている事は同じです。
     漢方薬にステロイドを混ぜていたという話は今に始まった事じゃなく、後から後から同じ事をする業者が出てくるわけですから、罪がとても軽いんだろうな、なんて思います。(そしてそのリスクをとっても儲かる)

     山口医院のような事はまた起こるでしょう。塗ったら効く、なんて正直、ステロイドかプロトピックかそのどちらかを疑った方がいいでしょう。ただプロトピックは高価な薬なので、混入するとしたらステロイドだろうと思います。
     長くステロイドを使っていなかった人がステロイドを再開すれば、効くのは当たり前ですよね。
     HPを見るともうお金もありません、という感じ。すごく稼いでいたと思うのですが、お金はどこに行ってしまったのでしょうか。3名弁護士が付いているという事なので、指示を受けたんだろうなと思います。。頭のいい人たちはその頭脳を良い方にも悪い方にも使えますから。

     自分の身は自分で守らないといけない、というのを強く意識させられる事件でした。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 

    (再掲)
     さてさてAAJでワークショップが6/7(土)に行われるようです。http://www.a-association.com/article/44032162.html夏休みは例年、治療の枠が埋まるの早いですし、航空券を取るのも大変になる事もあるので、早め早めに行動された方がいいです。治療について頭で悶々と考えていても仕方ないですし、ワークショップに行くとAAJの人たちもわかりますしね。今回もスカイプ中継してアメリカオフィスと話が出来るようなので、疑問など思い切ってぶつけてみるといいのではないかと思います。
    スポンサーサイト

    つらつら思う事

     最近の私のアトピーの様子ですが、特に変化なく、皮膚に炎症や湿疹なく落ち着いて過ごせています。これに関しては本当に書く事がありません。良い事ですよね。
     渡米治療した人がブログ閉鎖してしまうのは、多分、書く事がなくなってしまって、というのが一番の理由だと思います。私はつらつら書き続けていますが、ふと私が事故などで命を落としてしまったら、このブログはどうなってしまうのかな?なんて思います。夫は閉鎖出来るのだろうか?それだけじゃなくてミクシィ退会処理とか、メールアドレス消去とか、大丈夫だろうか?なんて事を思うと、断捨離じゃないですけど、更新する事がなくなったブログがずっと浮遊しているのもねぇ、、、と閉鎖してしまうのは不思議じゃないと思います。
     でも治療検討している人にとっては、やっぱり少しでも多く情報が欲しいと思いますので、治療した人のブログがもっと新しくどんどん出来るといいな、と思います。

     でもそれだけじゃなく、アトピーのブログの数自体も減っているような気がします。ブログという形式自体から離れているのかもしれませんが、患者の数が果たして減っているのか?それは気になる所です。ステロイドに抵抗を持つ人が増えているので、病院でもらっても使わない→ステロイド依存にならない、という感じになっているのかな?とか色々想像しますけど、実態はわからないですね。でも治療法が進化した印象はないので、解決に向かっている、というわけでもなさそうです。

     話は変わりますが、もう梅雨っぽい感じになってきていますね。今朝、浴室の窓ガラスに黒い点々を発見しました。多分カビです。夫がよく浴室のドアを使用後に開けておくのを忘れるので、湿気がこもりがちなのが気になっていました。ちゃんと拭いておかないと…。窓枠の黒い汚れはカビが多く、それで喘息、あるいはアトピー悪化につながる事があるので、窓枠の掃除って結構大事なんですよね。
     掃除、嫌いなんですけど、やらないとダメな体って事ですね。頑張ります。

     さてさてAAJでワークショップが6/7(土)に行われるようです。http://www.a-association.com/article/44032162.html夏休みは例年、治療の枠が埋まるの早いですし、航空券を取るのも大変になる事もあるので、早め早めに行動された方がいいです。治療について頭で悶々と考えていても仕方ないですし、ワークショップに行くとAAJの人たちもわかりますしね。今回もスカイプ中継してアメリカオフィスと話が出来るようなので、疑問など思い切ってぶつけてみるといいのではないかと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    時間は元に戻せない

     最近、山本文緒のエッセイ「再婚生活ー私のうつ病日記ー」という本を読みました。その文庫本あとがきで、アトピーの治療後の人たちに是非、という文章がありましたので、一部転載します。

    「病気をしたらそれがどんな病気でも、かかる前と同じには戻れないものだと私は思いました。私は元気にはなりましたが、元通りにはなりませんでした。
     幼いころから培っていた考え方の癖を捨て去り、違う考え方を会得した私は元通りとは違います。年だってずいぶん取りましたし体型も崩れました。昔の自分には戻れなくて、では何になったかというと新しい自分です。なかなか人は大きなきっかけがないと、新しい自己を獲得するのは困難なので、それはたぶん良い事だったのだと思います。」

     私も完治状態になった時に、もう私の20代は戻ってこないんだな、可愛い服とかもう着られないんだな、体力もあってバリバリ働いたり、逞しく旅行したり、なんて事は出来ないだな、もう「いつか」はないんだな、心にスーッとそんな思いがよぎった事がありました。
     残念だけれど「いつか」はないんだ、そう思いました。

     で、その後何年も経つのですが、不自由は特にありません。20代も戻らないし、可愛い服も着られませんが、楽しく友達とお喋り出来るし、今更可愛い服を着ても落ち着かないですしね。それより毎日目の前にある事に精一杯です。戻らない時間を憂うより、今夜の夕食のメニューを考えたり、洗濯や掃除をしなきゃいけなかったり、そんな事に時間が必要です。

     よく考えればみんなそうなんです。みんな通り過ぎた時間は戻ってこないのです。私のアトピーの無い同級生も可愛い洋服なんて着られません。20代前半で結婚・出産した友達は今、元気いっぱいですが、家のローンと子供の学費に追われてフルタイムでひーひー言いながら仕事と家事に大忙しです。
     みんな「いつか」なんて無いんだ、そう思います。なら自分なりの人生を歩むだけです。

     山本文緒さんには山本文緒さんなりの10代20代30代40代、私には私なりの10代20代30代40代です。

     そんな事をこのエッセイを読んで思いました。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     余談ですが、ダイエット、頑張って体重を3.5kg減らし、ヘモグロビンA1Cも無事正常値になりました。やれやれです。でも今回のダイエットは色々勉強になりました。将来のリスクを減らす良いきっかけになったと思っています。