プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    お試し治療

     アトピーアソシエイションのHPに「お試し治療」というのが出ましたね。

    「旅行感覚で最新医療を体感して下さい
    ご出発からご帰宅まで1週間のお試し治療です。
    あなたのアトピーの原因や、どのように治療するのがベストかなどの疑問にドクターが答えてくれます。
    ドクターに直接会って、ご自身で治療を体感してください。
    費用は10万円となります。

    体験プランに含まれるもの

    1. ドクターの診察と滞在中のお薬
    2. 滞在費(航空券費用は含まれません)
    3. お問い合わせ先はこちらまで INFO@OMCLLC.ORG 」

    というものだそうです。

    詳細にはあまり詳しくないのですが、そのまま本格治療になると、治療費は差引してくれるようです。

     正直、いきなり大きな金額を振り込んで4週間もの治療、となると、ダメだったらどうしよう…とか色んな不安がありますが、お試しで行けるため納得できなければ帰ってきてしまえばいいので、気分はぐっと楽になるんじゃないかな、と思います。
     忙しい人などは、とりあえず初診のつもりで行ってみて、ドクターの診断や意見などを聞いて、それから再度日程の調整を図って行く、など、それぞれの諸事情に合わせられやすくなるんじゃないかな、と思います。

     ただこの治療にはアレルギー治療もプログラムに入っていませんし、患者さんはおそらく皆さん重度だと思うので、本格治療はいずれにしても必須です。ですがこれまでと違って小さな決意でも大丈夫、というのはハードルが下がっていいんじゃないかな、と個人的には思います。

     治療の体制は私が行った時よりずーっと良くなっています。進化しているなぁ、と思います。
     60半ばのドクターマセソンの後継者も決まらなさそうだし、かといって日本の治療の展望も明るくなさそうだし、未来はちょっと心配です。ドクターが75歳までは頑張ってくれないと思うんですよね。もしかしたら残り5年程度かも、と思うと、20代で治療のチャンスを逃した人が30入って妊娠・出産で悪化してうえ~ん、と言ってももうドクターリタイアしてます、なんて事も十分考えられるんです。
     なぜ治ったかわからないアトピーは、なぜかわからない理由で再び悪化する、という事があると思います。 

     ちなみにアメリカオフィスではアトピー以外の病気も受け付けています。
     私もあまり詳しくなくて大変恐縮なんですけど、アトピーアソシエイションジャパンというのは、ここの事で日本にオフィスがあり、明石さんがお一人でやっていらっしゃり、ドクターマセソンの治療の受付やフォロー諸々をやられていらっしゃいます。そしてカウンセラーの資格をお持ちなので、アトピーのみならず、カウンセリングのお仕事なんかもされていらっしゃいます。

     アメリカオフィスは「オレゴンメディカルコーディネイションジャパン」といって、ケアホームをもってアトピーの患者さんの送迎・通訳・滞在のお世話、またドクター達との連絡などやっていらっしゃいます。でも他の病気も面倒を見てくれます。トップレベルのドクターマセソンの繋がりを生かして、ハイレベルな医師を紹介してもらえるそうです。これまでにも脳外科の患者さんの手術のお世話をしたり、不妊治療、歯科治療、婦人科治療など様々な病気の対応をされていらっしゃいます。なのでアトピーの治療の後、別の病気で再度オレゴンを訪れる患者さんもいらっしゃいますし、アトピー治療中に他の病気も同時に治療する、という人もいらっしゃいます。コーディネーターをされている高沢晃平さんはバイリンガルなので、完璧に通訳してくれます。ですから英語が全く出来なくても何も問題ないです。
     
     お試し治療によって、迷っている方がちょっとでも良い方向に行くといいな、と思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     
    スポンサーサイト

    お化粧

     私は40過ぎまでほとんどお化粧せずに過ごしていました。
     まずアトピーがあった事が大きかったです。顔のアトピーはそれほど酷くはなかったのですが、お化粧をすると何かとトラブるので敬遠していて、冠婚葬祭以外はポイントメイク程度でファンデーションはとにかく塗りませんでした。
     職業が看護師だった事もあり、仕事ではマスク着用でしたから眉毛を描けばよかったのです。

     ですが30代後半になってから、だんだんシミやくすみが気になるようになり、ファンデーションが塗れるようになるといいな、と思っていました。
     
     私の場合、アレルギー対応のファンデーションでトラブルを起こすという事はなかったのですが、油が出にくいタイプなのでメイク落としで肌を傷める、というパターンでした。ですから連日でファンデーションを塗るという事が出来なかったのです。
     40過ぎまでに良いメイク落としはないものかと思っていましたが、渡米治療仲間から、ベアミネラルだったらセタフィルクレンザーでメイクが落せる、と聞きました。
     朗報!
     と思って、聞いてすぐに調べると近くの百貨店で店舗がある事がわかったのでお試しメイクをしてもらいに行ってきました。そして夜、セタフィルクレンザーで落としてみるとちゃんと落ちる事がわかりました。アレルギーが出る事もなかったので、一晩考えて翌日、通販で購入してしまいました。
     夫も
    「良かったね」
    とお化粧顔に満足気だったので、あ~、そろそろお化粧してもらいたかったんだな、なんて思いました。
     でも付属の刷毛が少し硬い感じだったので口コミを調べてみると、やっぱり刷毛の評判が悪かったです。刷毛の刺激で皮膚に影響があるかも、と思ったので刷毛を別で買う事にしました。白鳳堂という所の刷毛が高級だけど良い事がわかり、実店舗に行って説明を聞いて買う事にしました。
     とても高級なものは洗う事が出来ないとの事だったので、合成繊維で肌触りが良いものを選びました。(かえって安かった)それだと固形石鹸でも洗えるという事でした。洗える、というのは雑菌に弱い私には大事なポイントです。

     使用感としては問題ないです。もちろんもっとカバー力がある、とか仕上がりがきれいになるファンデーションはあるでしょう。でも私にとってみたらまず負担なく使える、というのが何よりも大きいです。

     ミネラルファンデーションはファンケルなど他のメーカーも出してきているので、ベアミネラルにこだわる事はありません。そろそろお化粧を、と思っている人にはミネラルファンデーションはいいんじゃないかな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。