プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    今回の講演会で思った事

     講演会もずいぶん前の事になってしまいましたが、色々思った事を綴りたいと思いました。

     今回、治療によって人生が大きく変わった方とお会いしました。
     詳細はプライバシーの問題に関わるので書けませんが、その方ご自身の人生だけでなく、もう一人の人生も大きく変える事になり、感慨深く感じました。彼らの幸せそうな
     治療によって大きな方向転換、というのはやっぱりすごいです。
     IMG_ame.jpg
     人生が変わった子から可愛らしいプレゼントを貰いました。

     私は午後2時頃退出してしまったので、その後があまりわかりませんでしたが、昔に比べて積極的に交流を図る人が減ってしまったのかな、という印象がありました。人に話しかける事は全く恥ではありませんから、どんどん話しかけて欲しいな、と思います。
     あとお風呂、卒業を早く決めてしまう人が多い印象がありました。お風呂の効果は大きくて、私の経験では治療後半に入ってからすごく体感できるようになりました。皆さん、今までが酷すぎて早く皮膚の状態に満足してしまうようにお見受けしました。トラブルから完全に解放されるようになるまでは、お風呂は続けて欲しいなと思いました。

     アトピーアソシエイションからの活動報告で印象的だったのは、去年、週刊ダイアモンドやゲンダイに取り上げらたという事でした。今のところメディアはこの活動はスルーを続けていますから、今後、どうなるか期待しています。いつも思うのは、アトピーって治っちゃいけないの?という事です。

     そんなこんなで色々充実した講演会でした。
     出席するといつも、やっぱり行って良かったな、という事です。今後もできる限り行きたいと思っています。ドクターがいつまでもお元気である事、また明石さんやアメリカオフィスの方々もご健康で頑張っていただきたいと思いました。


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。   
    スポンサーサイト

    家づくり

     講演会の時、当時9歳だった息子さんの治療(アトピーと喘息)でアメリカへ行き、帰国後、家の建て替えをアメリカオフィスのカウンセラーさんの協力で行なった、という方が家作りについてお話しくださいました。(息子さんは現在良くなって元気いっぱいだそうです)

    以下、「だそうです」「とおっしゃっていました」はわかりにくくなってしまいますので、省略します。Nさん、失礼します。
    ーーーーーーーーーーーーーーー
     屋内で過ごす割合は多くの人は9割、その内の65%は自宅で過ごすので、自宅の環境はとても大事です。

     アメリカ人の建築業者の人と日本の大手一般ハウスメーカーの住宅展示場を見に行った際、
    「This house will kill you. Especially for the family like yours.」
    (この家に住むと死ぬよ。特にあなたの次男のようなアレルギー体質の子供が居る家族にはダメだ。)
    と言われました。

    通常、建築業者は、

    ・揮発性の有機化合物またはVOC(鼻、のどを刺激)ホルムアルデヒド系接着剤を使用した合板(ベニヤ板)&ファイバーグラス断熱材を使用します。
    ・これらは 鼻、のどを刺激 するだけでなく、アレルギーや喘息症状を悪化させます。

    The general rule when it comes to VOC is this, if you can smell it, it’s probably not safe.(自分自身の家がそのような有害物質を発しているかどうかは「新しい家のにおい」がするかどうかが一般的ルールです。
    もしすれば、その家は多分安全ではないでしょう。

     ムクの木や土壁などがアレルギーには良くない事がわかりました。
     また壁紙もカビを寄せるので、壁はそのままペンキで塗るのが良い事がわかりました。

    という事で、建築資材を色々調べた結果、最もホルムアルデヒドが少ない合板を使用、カビや菌が生えにくい断熱材などを取り寄せました。偶然ですが、結果としてアメリカのオレゴンにあるものが安全性が高いとわかり、多くをそこから取り寄せました。
     日本はサッシの素材としてアルミが多く使われますが、アルミは熱伝導率が高いので結露が付きやすく、結果、カビを生えやすくするため、窓枠にはビニール素材を使用し二重窓にしました。

     洗濯ものなどの外干しはやめたため、ベランダを作るのはやめました。
     出来るだけ掃除がしやすい間取りにしました。
    ーーーーーーーーーーーーーー
     講演会で使われたスライドと私のメモ書きを頼りに書いたために、わかりにくい感じになってしまってごめんなさい。
     でも日本の建築方法はアメリカに比べると30年ほど遅れているそうです。建築において日本は世界の中でも最も進んでいる部類に入っていると思っていたのでびっくりです。日本、どんどん井の中の蛙状態になっていっていますね。

     こちらのお宅は今年1月からオープンハウスとして、興味のある方が見学できるようにするとおっしゃっていました。

     アレルギーフリーの家、羨ましいです。
     私の家はアルミサッシなので、結露が付きます。ペアガラスなのがわずかに救いです。あと予算の関係もありましたが、新築ではなく築5年の中古住宅にしました。一応揮発性のものなら飛んでしまっているので、リスクは小さいかな、なんて素人考えで思いました。

     でもこちらのNさんのお宅は写真で見てもすごく素敵で、住み心地がとても良さそうでした。
     
     Nさん、ご講演、ありがとうございました。けれど拙いものになってしまって申し訳ありません。補強部分、あるいは書き換えなどありましたらお知らせください。また講演会に行かれて、補完部分などあるという方は、コメント欄に書き込みをお願いします。

    追記

    この家をデザインされた、アメリカオフィスのカウンセラーの方から詳しい説明を頂きましたので、追記します。

    ************************************
    * 震度9 までの耐震設計です。
    * 風速、積雪も計算されています。
    * 2重ガラス窓ですが、フロンガスが、ガラスとガラスの間に注入されていて、外気温や音が、かなり遮断されています。
      又、簡単に割れません。
    * 玄関ドアーは、3重ガラスで、真ん中のものは、透明の強化プラスティックで、まず割れることはありません。これが入っていることは見て分からないようになっています。
    * 家の枠組みは、日本では柱と柱の間が180cmとなっていますが、全て45cm間隔に入っていて、地震の為に筋交いを入れる必要がありません。
       床も同じなので、歩いてミシミシと鳴ることはありません。
    * 家のどの場所にでもピアノなど重いものを置いても問題ありません。
    * 外壁は、15cmのツーバイシックス(2X6) と言い、10cmのツーバイフォー(2X4) ではありません)厚なので、窓が全て出窓のように感じます。
      これは、隣からの類焼時間を考え、安全なように、オレゴン州では、現在 2X4は違法建築となります。

    その他、設計時には、ご家族のライフスタイルと10年、20年後の将来も、ある程度見越してデザインしています。

    何より、目的別にクローゼットを多く作っているので、家も片付き、お二人の息子さんが自由に散らかして使っても、大丈夫なようにデザインしています。
    1階は、パブリック用に、2階はプライベートと分けています。お客さんが多いご家族なので、何時お客さんが見えられても、いつもきれいに保てるようなデザインにしています。

    ************************************

    2×4が違法建築になるとは。。。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。