プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今週は

     今週の土曜日はドクターの講演会ですね。
     http://www.a-association.com/article/48202794.html
     講演の概要が書かれていますが、今回も興味深いですね。
     私も行こうと思っていますが、都合で午前中だけの参加になりそうです。

     当日は「ゆかり」と書いた名札を付けようと思っていますので、私と話をしてみたい方は是非お声をかけてくださいね。時間がなさそうなので早目に声をかけてくださると助かります。
     それとミクシィなどでハンドルネームで交流していらっしゃる方は是非、ハンドルネームを書いた名札などを付けてわかるようにすると皆さんと仲良く交流できます。せっかくの機会ですから逃さないようにして欲しいと思います。

     それでは土曜日にお会いしましょう!

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    ビタミンD

     先日、「サプリメントの正体」という本を買いました。

     とても良かったです。
     
     健康に関する本は結構嘘が書かれているものも多いため、この本の全てが正しいかどうかはわかりません。ですがサプリについては胡散臭いテレビコマーシャル位でしかあまり知識がなく、この本がそれを否定するような内容でしたので、信頼できるかな、と思いました。かといってサプリを全面的に否定するわけではなく、著者自身がサプリを製造販売している会社経営者で、サプリの製造・販売事情、サプリの各成分の良い所と悪い所の両方が書かれているなど、とても興味深かったです。安いアミノ酸サプリは人毛から作っている可能性がある、など衝撃もありました。

     サプリについては賛否両論あると思いますが、私は肯定派です。私自身も飲んでいます。特に日本人の食生活でどうしても不足するものはカルシウムだと思います。魚は鮮度や価格の問題で食べる機会が減っていますし、うちは夫が乳糖不耐症かもしれないので、乳製品も不足しがちです。特に女性は閉経後、女性ホルモンの変化によって骨がもろくなりやすいのでその対策のためにもカルシウムは意識しなければ、と思っています。(といってもカルシウムはあまり関係ないみたいですが)
     実際、日本人の栄養について調べても常に不足している成分です。食の欧米化といっても、欧米人の乳製品摂取量には遠く及びませんし、かといって伝統的な魚食も激減していますからどう考えても不足するんですよね。
     ですからカルシウムサプリは飲んでいます。

     それと渡米治療した患者さんたちが薦められて積極的にとっているのはビタミンDです。
     ビタミンDはまだ日本ではあまり見かけないビタミンですが、働きは骨に関するものだけではなく、免疫にも関わっている事がわかり始めてきています。風邪やインフルエンザの予防にもなるという事で、普通の人でも積極的に摂取した方がいいのですが、特にアトピーの患者さんたちは免疫系が弱っているので、積極的に取った方がいいと言われています。
     食品からでも取る事が出来ます。魚介類に多く含まれますが、干しシイタケなど一般的には天日干しした食品がいいと言われています。
     またビタミンDは日光に当たらないと合成されないので日光浴が必要です。ですがアトピーの患者さんは日光過敏の方もいて、日光浴は難しいという事情もありますし、食品アレルギーで摂取しにくい、という人もいるかもしれません。そういう人はサプリは有効だと思います。
     ビタミンDはまだわかっていない働きも多いそうですが、わかっているだけでも凄そうです。

     話が飛びましたが、「サプリメントの正体」に書かれていましたが、「包丁を持って料理しましょう」とありました。太字で「サプリに投資するお金があったら、その分を八百屋と魚屋に使ってください」と書かれています。私もすごく納得しました。基本はやっぱり食事なのです。
     スーパーでもコンビニでもお惣菜など売っていますが、加工のプロセスでの栄養価の目減りが激しいようです。家庭料理は作ってから食べるまでの時間が短いですが、売っているものは長く時間がかかります。栄養価も減るし、見た目を補う目的や防腐目的で添加物がどうしても加わります。ですから普段は買ってきたもので、それを補うためにサプリ、なんてそうは問屋が卸さない、といったところですかね。
     最近お料理嫌いな人が増えていて残念に思います。下手でもいいし週に一度でもいいので、やっぱり手作りの食事を出来るだけ取ってほしいな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。