プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    汗の話

     今年の6月に報じられた汗のニュース、ご存知ですか?

    「汗でかゆいアトピー、原因は皮膚のカビ」
     マラセチアの話なのですが、このニュースに関するアメリカ側の見解をchatworkで知る事が出来ましたので載せますね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    汗の記事ですが、アメリカでの治療では汗をトリガーと見なして拭き取ったり、シャワーで洗い流す事を指示しています。

    この真菌は普通に人間の体に生息しているもので、異常繁殖したり、真菌の成長がおかしくなったりすると”アレルギー”の様な反応を起こすようですが、この真菌に対してのイミュノセラピーとかのアプローチは出来ないようです。自分の体が作るものなので、フルコナゾールを使ってフケやイースト系のカビを対処するのと似ています。今後から汗に敏感な人はフルコナゾールを試してみてもいいかもしれない、との事でした。

    どっち道、汗を洗い流すか拭き取るのが一番簡単で効果的なので、汗”アレルギー”に対するお薬や治療が開発されるかどうかわかりません。

    健康な方はみんな汗をかきますが、すぐに拭き取るのがポイントです。アトピーを持っていない人でも汗が肌の上にずっとのっていると痒くなります。

    患者さんにはお絞りをZipLockの袋に入れて、会社などに持っていって、首、脇、股、膝の後ろなどを一日に3回ほど拭き取るようにアドバイスしてます。めんどくさいですが、3分でよいので(みんな3分以内に全身をスキンケア出来る用になるので)患部だけを拭き取る癖を作るとだいぶ違うようです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
     日本は仕組みの解明は頑張っているようですが、ちっとも治療法に落ちてこないのが特徴的だな、と思います。上記のようにドクターマセソンだとすぐに対処方法やフルコナゾールの提案など治療法に繋がるので進歩を感じます。 関係ないですが、地震の研究も日本は仕組みの解明に力を注いで「予知」の研究があまりされていないとテレビで見た事がありました。医療の分野の問題だけではなさそうです。

     今年の夏は暑いので、私も辟易しています。汗の管理も大変ですよね。今年はさすがに軽い汗疹を作ってしまい二日くらいTacを塗って治しましました。着替えやシャワーを惜しまないようにして乗り切りたいと思っています。
     それと今年は脱衣所にエアコンを付けました。カビの問題があるので何年も迷いましたが、夫たっての願いだったのと私がカビにアレルギーがないので、思い切って。付けてみるとすごく良かったです。歯磨きも涼しい中で出来るのでしっかりできるし。カビに関しては再来年くらいに業者に清掃をお願いしようと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト