プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    IgE

     先日、こんなコメントを頂きました。

    Q:

    Igeの値についてなのですが、私は今日一週間前に検査した血液検査の結果を調べに病院にいったのですが、Igeの値はやはり高く、一万近い数字でショックを受けてしまいました。
    アトピー患者なら誰しも血液検査でIgeの数値を検査したことがあると思いますが、完治したゆかりさんはIgeの数値も一般の方と同じぐらいの数値まで下がっているのでしょうか?
    Igeについてはステロイドを使っているうちはIgeの値も高くなりステロイドをやめると下がってくるといった説や、アトピーの症状が出ているのでIgeの値も高くなり症状が治まるにつれてIgeの値も低くなってくるといった説など諸説あるようですが、ゆかりさんが完治や完治に近い状態になったのはアメリカで治療されたアレルギー免疫療法を日本へ帰ってから何年間か継続されてIgeの値がさがった後のことなのでしょうか?
    仮にIgeの値が正常になってからでないとアトピーが治らないとすると一体自分はいつになったら治るのだろうかと気が滅入ってしまいます…。
    ベイカー医師のアレルギー免疫療法が効果があるといっても一気にIgeの数値を平常にもっていくことは難しいと思うので(一気によくはできないので日本へ帰ってからも何年間か治療を継続するのでしょうし)
    アメリカで治療された方のブログを読ませていただくと日本へ帰ってくる頃には別人の様に良くなっている人が多いように思います。
    そう考えると仮にIgeが高いままでも適切なスキンケアやアレルゲンの除去、食事などに気をつければ完治やそれに近い状態まで持っていくことができるのかなと思うのですがいかがでしょうか?


    A:

     私自身に関しては、IgEの検査を一度も受けた事がありません。
     臨床ではその検査の無意味さが早い内から囁かれていました。というのも、IgEの検査した数値に基づいて治療計画を立てるという事が無いですし、アレルギーは症状から明らかなので、測定して酷さを確認する程度にしかならないからです。検査数値に意味があまり無いので、アメリカでの治療でIgEの検査はしませんし、数値を聞かれる事もありません。
     もっとも大事なのは症状が出ない事です。

     IgEの数値が高値であっても、全く症状が無ければ別にいいのではないでしょうか?

     ですからIgEが高くても完治状態に至ることは可能、という事です。

     ただスキンケアやアレルゲン除去だけでは完治状態は難しいと思います。というのは、アトピー重度の患者の場合、免疫系等がエラーを起こしているので、一旦、症状を止める事が非常に重要だからです。
     原因を除けば結果は付いてくる、と思うかもしれませんが、それは間違いです。
     IgEを高値に押し上げてしまう原因が、皮膚のバリア機能低下、皮膚の損傷、掻く事、空気中のアレルゲンに常にさらされている事、つまりアトピーを酷い状態のまま置いている事そのものにあるのです。

     渡米する前の患者さん達はすごい数値ですが、渡米した患者さんは炎症が取れ、アトピーが治るので、IgEを押し上げる要因がなくなり、IgEはゆっくりと下がっていくのが普通です。
     アトピーの状態自体を止める事が実は治療の第一選択なので、ドクターは講演会の時、日本人からの質問で
    「渡米しないで、日本で出来る事はありますか?」
    との質問に
    「残念ながらありません」
    と言い難そうに答えていました。

     以前、IgEについて書いた記事もあり、またドクター講演会の記事の中、その他の記事でも何度かIgEについては触れていますのでご参照ください。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    エビデンス

     エビデンスとは直訳すれば「証拠」「根拠」などと訳せますが、主に医療業界で使われる言葉です。エビデンスはがん治療の薬のデータもそうですし、サプリメントの効能もエビデンスを使っています。その薬や治療法が効果があるのかどうか、それを判別するのに使われます。
     例えばアトピーでいえば、脱保湿という治療方法がありますが、エビデンスがあるか、ないか、というように用います。古今東西、民間療法から何からたくさんの治療法がありますから、「エビデンス」は治療方法の選択において重要なキーワードです。

     医学は本来、エビデンスの積み上げによって進化している筈のものです。民間療法と病院で行う治療の違いは「エビデンス」の違いといってもいいのではないかとも思います。医学は研究データを元に積み上げているものだからです。
     それに比べて民間療法はエビデンスはとても弱いです。本当にエビデンスがあるなら「医学」の枠組みに入れられて研究されるだろうと思います。民間療法の枠を出られないものは所詮「民間療法」です。それをしっかり念頭におく必要があります。

     アトピー治療においては残念ながらエビデンスはすっかり置き去りみたいです。
     アトピーの「標準治療」は果たしてエビデンスがしっかりあるのか。ステロイド外用薬をひたすらどんどん塗り続ける療法が正しかったなら、とうの昔にアトピーは撲滅されているでしょう。
     民間療法の枠組みにおいては混乱を極めていて、加持祈祷の域まで達してしまっています。
     切ないですね。
     
     「情報が多すぎてわからない」
    という方はエビデンスがしっかりしているのかどうか、それを手がかりにしてください。口コミだけを当てにしてはいけません。カモられるだけです。「論より証拠」です。

    追記

    3/16(土)にAAJでワークショップがあります。治療後の方も3人ほど来られるようです。
    渡米出来ない方も行っても大丈夫ですので、アトピーとは何ぞや、など基本的な知識を仕入れてくるといいと思いますよ。普段、一人であーでもない、こーでもない、と悩んでいらっしゃる方は是非、お出かけください。アトピー患者同士のお茶会気分で行っても全然OKですよ。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    ケアホーム

     AAJのHPを見ると改装されたケアホームの写真が載っていました。私が行った頃からずいぶん変わっています。ケアホームでは患者さん達の食事を作ってくれたり、シーツ交換などをしてくれるスタッフがいますが、その人達も私が行った時の後任の後任の方たちに代わったようです。

     渡米する患者さん達はアトピーによる睡眠不足と体力低下でフラフラになっていきますから、身の回りの事をやってくれるスタッフがいてくれるのはとても有難いです。特に主婦の人達は久しぶりに家事一切をやらなくて済むようになるので「つかのまの天国~」という声を耳にします。家事をしないと手湿疹の治りもいいのですよね。(逆を言えば手湿疹の多くが家事が原因という事かな)私も痛みをこらえて食事を作っていたので、ケアホームで食事を作らなくて良かったのはとても有難かったです。
     ケアホームの食事もとても評判がいいです。前任者の方の食事がすごく好評で皆さん
    「○年ぶりにお肉を食べた」
    とか言って久しぶりの肉食やポテトチップス、スイーツなどを食べてくるみたいです。(お肉や甘いものとアトピーは食べ物アレルギーの問題以外関係ありませんが、誤解が多いので心配です。)私の時はまだホームステイだったので、カウンセラーの方に作ってもらっていました。体が楽になると食欲も増すし、欧米に一ヶ月も滞在する機会なんてそう無いので、我慢するのはやめよう、ダイエットは日本に帰ってから考えよう、と思って 好きなだけ食べて、毎日ビールも飲んでいたので4kgも太って帰国しました。おかげで友人の多くは「治療の薬の副作用で太ったのかな」と思ったようですが、私も治療のせいにしたい、と思いました(笑)。夫は私の不在のせいで4kg痩せたので、
    「世帯内体重は変わらないね~」
    と言ったら睨まれました。。。

     体を治すにはたっぷりの睡眠と栄養と休息が必要です。ですからアトピーであっても入院やそれに準じる施設に入る事は必須と思います。私はケアホームに居た一ヶ月間、休息や栄養がどれだけ体を回復させるのか、身をもって感じました。

     ケアホームの写真を見てそんな事を思い出していました。

     最近、ご相談のメールなどほとんど頂かなくなりました。皆さん、大丈夫でしょうか?治療前の方は疑問点など大丈夫でしょうか?治療後の方は治療の進捗度は大丈夫でしょうか?どうぞお気軽にメールをくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    風邪

     風邪を引いてしまいました。
     夫がインフルエンザにかかった人と会って調子を崩して帰ってきて、そのまま私も移ってしまったのかしら。でもインフルエンザなら高熱が出る筈なので、ただの風邪だと思いますが。
     夫は予防接種していますが、私は今年していないので少し不安です。
     
     口内炎も久しぶりに出来てしまって、殺菌剤などで口をぶくぶくうがいするといいと知り、今日から始めました。痛み止めを飲まないと水分が取れないほど痛く、辛いです・・・。
     ビタミンDを切らせてしまってじきに風邪を引きました。今年はわりと体調を保っていたのに残念です。やっぱりビタミンDは効いていたのかも、なんて思います。
     
     こんな体調なので家でおとなしくしていたいのに、母から電話がかかってきて、固定電話が急につながらなくなった、という事で今日、行かないといけなくなりました。は~・・・。


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。