プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    高い治癒率

     ドクターマセソン達と同じ治療がなぜ日本で出来ないのか。

     講演会の際、新規の患者さん達の中から必ずといっていいほど出る質問です。おそらくAAJで行なっているワークショップでも必ず出る質問じゃないかと思います。

     日本で出来ない理由はいくつかあります。まず当然ながらドクターの技術力です。一見、医師なら診断が合っていて当然、正しい治療薬が出されて当然、みたいに思いますが、実はこれらが「切れる」医師はとてもとても少ないのです。
     アメリカで日本に無い薬を使うのはアレルギー治療だけです。あとは同じ薬が日本にあるものですが、診断に間違いが無い事と治療薬の量と期間が日本の医師の処方と違います。
     例えばステロイドの外用薬も使用部位によって薬が違い、必ず休みを入れながら使用するようになっていますし、それがダメならステロイドの内服薬で対応(もちろん量と期間が決まっています)、とダメだった道も残されています。そして余分な薬は一切処方されません。
     自己ケアの仕方も決まっているし、保湿剤も指示されたものがあります。
     治療法の全てがアトピー性皮膚炎という病気の成り立ちから導き出されたもので、過不足が無いのです。

     もう一つ、アトピーアソシエイションはチームで成り立っています。
     ドクターマセソンの治療は延長が無ければアメリカ滞在中はたった4回です。アレルギー治療のドクターベイカーは1回じゃなかったかな、と思います。それだけで治すのは実は困難です。
     患者さん達は日常の中のトリガー探しや自己ケアの相談はAAJの明石さんにします。治療にかかわる具体的な相談はアメリカオフィスにするのが普通です。普通であれば定期受診の際、医師に相談するものですが、これらを医師で無くカウンセラーにします。これによって大幅にドクターの負担を減らす事が出来ますし、医師に言いにくい事でもカウンセラーであればもっと気軽に相談する事が出来ます。気軽に話せる事から治療に大事な情報が出てきて良くなる道が更に切り開かれていきます。そしてカウンセラー達からの情報はドクターにフィードバックされます。
     アトピーのトリガーの多くは日常生活の中に潜んでいて、患者さんにはわからない事が多いので(だからアトピーを発症します)、違う視点を持ちながら寄り添ってくれるカウンセラーの方々の存在はとても大きな役割を持ちます。彼らがいなければこの治療の治癒率はもっともっと低いものになるだろうと思います。
     
     日本でもいつか治療出来るようになるかもしれませんが、今の時点で出来る所があるとは思えません。やってくれる所が出来るのを待つのか、渡米を選ぶのかは患者さん次第です。
     自分であれこれ模索したり真似するのも一つですが、ドクター達の技術とカウンセラー達の力をまるごと「買う」のも一つです。最速で完治状態まで連れて行ってくれるわけですから。

     3/16にAAJのワークショップが開かれるようですね。興味がある人は思い切って行ってみてください。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    注射部位の皮膚

     渡米後の患者さん達のほとんどがアレルギーの免疫療法の注射による治療を受けていますが、ぼちぼち注射されている場所が固くなってきた、という指摘を受ける方が出てきていらっしゃるようです。で、注射部位の変更が可能かどうかアメリカオフィスに尋ねてみました。

    「注射の箇所ですが、腕の上部、肩線から指の平で押さえながら、ひじにむかって降りてくると、丁度筋肉と筋肉の間のくぼみが分かります。その線上であれば、前腕部~後腕部までの間に注射を打って頂いてかまいません。」

    との事でした。絵も一緒に送っていただきました。
    CCF20130215_0000 (1)
    この絵の左が前です。

     いつも打っている場所はこの線上の真ん中だと思いますが、少しずつずらして打ってもらう事が可能ですので、固くなってきている人は伝えてみてくださいね。

     早く錠剤で治療できるようになるといいのになぁ、といつも思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    手袋と仲良く

     帰国してからも手湿疹はなかなか治り辛いと聞きます。手湿疹のケアはいくつかありますが、その中の一つに調理の際「手袋着用」というものがあります。調理の時にする水仕事はもちろん、食材からの接触性のアレルギー、また野菜をゆでる際に出る湯気などでも反応してしまう人がいるので、それからも守る意味を持ちます。ドクターも手袋の着用を推奨しています。
     以前も取り上げたテーマですが、もう一度取り上げます。

     この手袋、煩わしさから結構嫌われてしまうのですよね。

     病院の看護師にも手袋はあまり好かれていません。注射など細かい作業では今でも素手で行う看護師の方が圧倒的に多いです。でも病院はご存知の通り感染症の患者さんで溢れています。私は自分の身を守るために、また患者さんから患者さんへ菌を媒介しないために新人の頃から手袋着用を心がけていました。ポジティブなイメージを持っているせいか手袋着用は抵抗がありません。でも医療従事者でも着用を嫌う人が多く手袋着用を定着させるためには、という事を話し合ったりしていました。
     一番大事なのは意識改革なのだと思います。
     なぜ手袋が必要なのか、その根拠をきちんと理解する事が一番大切です。
     例えば成人のおむつ交換の時、素手で行う看護師はほぼ皆無です。なぜなら必要性が理解出来ているからです。でも採血などの注射の際、手袋が着用できないのは必要性を感じない、あるいは煩わしさと必要性のバランスにおいて着用しない方に軍配が上がってしまうからだと思います。
     調理の際、手袋着用をしない理由もおそらくそんなところではないかと思うのです。

     手湿疹が治りづらい人の多くは渡米治療前、ステロイド外用薬を手にたくさん使ってきた人が多いです。トラブルの根が深いので、手袋をしていると痒くなってしまったり、素材が合わなくてトラブルを起こす事が多いので手袋を付けるのを余計敬遠してしまう、という感じになってしまっているように思います。
     でももし本気で治そうと思ったら、やはり手袋着用をお勧めします。

     以前にも書きましたが、手袋着用の時に大切なのはアレルギーを起こさない素材を選ぶ事とフィット感だと思います。
     私は手袋でアレルギーを起こすことは無いようです。今はエステーの塩化ビニール製の使い捨て手袋を使っています。着用の時に気をつけている手順としては

    1)着用前に手をきちんと洗う。
    2)ワセリンをしっかり塗る。
    3)その後に着用する。

     着用前に手洗いをする理由は、着用中にかいてしまう汗から守るためです。汗は体から出てくる時に菌を含みませんが出てきた時に空気と触れ、空気中の雑菌が汗をえさにして繁殖します。すると痒くなってしまうわけです(理屈では)。ですから出来る限り空気からシールドしたいと思うのです。
     着用前に手洗いして手に付いている菌の数を出来るだけ減らし、ワセリンで空気からガードします。それから手袋を着用するわけです。

     渡米治療後、手袋着用に不安を感じて、綿手袋を使い捨て手袋の下にはめていた時があります。細かい作業に対応するために綿手袋の先を切って指先が出るようにして。でも綿手袋をやめても問題ありませんでした。それより綿手袋にワセリンを吸われてしまうとか、手袋内でかく汗が綿手袋の繊維層に含まれる空気の中にいる雑菌が反応してしまうんじゃないか、とかそういうリスクを考えるとむしろ綿手袋は無い方がいいのかもしれません。

     着用中は汗をかいて痒くならない限り、むしろ装着しっぱなしの方が楽です。手袋と密着していれば汗が空気と触れる機会をむしろ減らせるので。でも汗をかいて滑る、痒みを感じる、という事になればすぐに手袋をはめ変えますが、その際もまた手洗いとワセリン塗布は必ずします。
     着用中に汚れたら、手袋のまま手洗いし、普通にタオルで拭きます。手袋をしているのでママレモンで洗おうが何で洗おうが平気です。油のフライパンなどを洗う時は手袋したままなので楽です。手袋が汚れれば捨てて、またはめかえれば良いですし。
     絶対にはめ変えなければいけないのは手袋内に水が入った時です。密着度が落ち、バクテリアを繁殖させやすい環境を手袋内で作るので、手湿疹を悪化させてしまうからです。
     手袋をはめていて痒くなってくるようであれば、すぐに脱いで手洗いして、何度でもはめかえてください。手間と手袋を惜しまないように。またそういう人は調理時間が長くならないように気をつけてくださいね。

     キャベツの千切りなどの細かい作業は、完璧を求めない事にしています。つまりちょっと位太くても良いにするって事です。人参の千切りなどはスライサーでやります。最後にスライスしきれない部分が素手よりも多く残りますが、そのまま調理中に食べちゃうか、煮物や炒め物に回します。すりおろしは生姜は今、フードプロセッサーのすりおろしプレートですりおろして冷凍します。http://tokotoko11.blog24.fc2.com/blog-entry-455.htmlにんにくは何となく冷凍のすりおろしは嫌なので、スライスとかつぶして使っています。ジャガイモなどの皮を剥くのはピーラーで、上手くいかなかったら皮が残っていても良いにするか、まな板に載せて包丁でスライスするようにして皮を剥きます。里芋はこの方法です。

     冬場に入って爪の周りにささくれが多くなってきて、調理中に皮脂がごっそり取れてしまう事が原因と気づき、それからは夕食作りなど時間がかかる作業の時は手袋をしてから行うようにしました。するとあっさりささくれがなくなりました。

     手湿疹も根気良くケアを続けていけばきっと良くなりますから、ちょっと頑張ってくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。