プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自分を責めすぎない

     治療前の方は、食事療法やマラソンなどアトピーが良くなるためには、といろんな事をがんばっても結果が出なくて
    「アトピーが治らないのは自分の頑張りが足りないから・・・」と自分を責める人がいます。アトピーで食事療法をしている人のブログを読んでいると結構いますよね。昨夜、チョコを食べちゃったからアトピーが酷くなっちゃった。バカバカ自分、という感じで。また治療後の方でもあっさり治らなくて、アメリカまで行ったのに治らないのはやっぱり自分が悪いから、と責める人もいます。

     なぜそう自分を責めてしまうのか、それを考えてみました。

     自分を責めてアトピーが治るのだったら責めてもらってもいいのですが、結果に結びつかなかったらただの「自虐行為」みたいになってしまうわけです。
     思考や行動のパターンって人それぞれ生きてくる過程でいろいろ出来上がってきます。自分を責めてしまう人は自分を責めておいた方が物事が上手くいきやすい、というパターンを持っているのかも、なんていう風に思いました。

     私の偏見ですが、私がこの「自分を責める」パターンを持つ人が多いな、と思うのは、長女とか一人っ子なんかが多いように思います。私が思うには長女や一人っ子って黙っていても親がいろいろアレンジしてくれて、一番良い状況に置いてくれた事が多かったのかなと思います。つまり「黙っていた方が得」とか「自分が悪いとしておけば周りが収まってくれる」とかそういう状況で育ってきた人なのかな、と思います。
     私は3女でしたから、「黙っておいた方が得」という状況は少なかったです。
     子育てをしている人はわかると思いますが、長男長女はついつい良くも悪くも手をかけてしまいますが、3番目位になるとそろそろ子育て自体にも飽きてきたりしますよね。子供の方から不満を言われなかったら、ま、いいか、やる事はやってあげてるしね、という感じだと思います。でも一番目の子は赤ちゃんの時は泣き始めればすぐに飛んでいくし、お昼寝に合わせて親の行動を決めたりします。そして叱り方がわからなくて時々きつく言い過ぎてしまったり。良くも悪くも親にとっては一番近しく感じる存在で、ゆえに家の揉め事などついつい子供にもかかわらず話してしまったりするのではないでしょうか。

     子供は「何でもできる」と思っているそうです。ゆえにお母さんが怒っているのは自分のせい、お母さんを喜ばせるのは自分の役割、と思ってご機嫌を取ったりするそうです。でも本当はお母さんが怒っているのは、仕事で嫌な事があったから、とか生理前でイライラしていたから、とかそんな理由が多い筈です。
     
     元々自分を責めるような性格でなかったとしても、アトピーを何年も患っているとそういう性格になってしまう人もいると思います。肉体的にも拷問を受けているような状態で、なおかつ家族関係も難しくなり、というような精神的な問題も抱えた状態が何年にもわたったら、自然と罪悪感が生まれてそれが増幅し、自分を責めてしまう、というのは仕方がない思考回路だと思います。
     でもそれで解決できないのであれば、どこかで回路を切り替える必要があります。
     自分を責めても解決しなさそうだったら、他を疑ってみるというのは、間違った事ではありません。

     治療に行かれる方と接していて思うのは、「自分を責めてしまう」人の方が治療に真面目に取り組むので、治りやすいタイプの人だと思います。ただ行き詰った時、シャイな性格なせいか相談するのに勇気が要るようで、自分の中で悶々としてしまうようです。
     でも悪い事が起こった時、すぐに周りのせいにする人に比べたら明らかに「アトピーが治りやすい性格」といえると思います。
     どんな性格でも状況によって「得」になったり「損」になったりするのだなぁ、なんて感じます。
     ですから問題に対して自分の態度が「妥当」なものかどうか、それを判別する時に別の人の客観的な意見は参考になると思います。

     この「自分を責めてしまう」というテーマの記事はずっと書きたいと思っていました。ようやく書けたので宿題を終えた気分です。でも伝わる文章で書けている自信がないのが残念です。
     実は一昨日書き上げたのですが、操作ミスで記事がなくなってしまい、ものすごいショックを受けていました。来年はそういう事が無いように気をつけたいと思います。(今年、何度かやっているので)

     さてさて今年も残り少なくなってきました。
     今年もありがとうございました。
     来年もよろしくお願いします。

     どうぞ良いお年を迎えくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    講演会2012

    今年はドクターの講演会に出席できなかったので、詳しい情報がわかりませんが、出席された方が教えてくださった情報を載せたいと思います。

    ◆フィラグリン(皮膚の細胞同士をくっつける役割をしている物質)についての新たな情報

    ◆女性の妊娠中の治療について
     妊娠中でもドクターのもとで安全にステロイドの内服薬や抗生物質を使うことは可能であり、必要以上に怖がって薬を使わず母体にストレスがかかる方が胎児にとってもよくないとのことでした。

    ◆アトピー患者のイースト菌感染について
     これも詳しく覚えていないけれどとにかく、アトピー患者はイースト菌を含めて様々な細菌に感染しやすいとのことでした。イースト菌に対抗するためには、外用クリームもあるが、ドクターのこれまでの治療経験から内服薬の方が効果が高いとのことでした。

    ◆リバウンド中はMRSAに感染しやすいのかどうか
     このような研究結果は存在しないそうです。
     ドクターの考察によると、MRSAは病院内で感染するものであり、日本において重度のアトピー患者は入院することがあるため、その際リバウンドもおこし、MRSAに感染してしまうケースがあるのではないか、とのことでした。

    ◆ステロイド外用薬の予防的使用について
     最新の研究で、浸透率の弱いステロイド外用薬を局所的に予防として使うことに良い成果がでているとのこと。よってドクターの治療の中でも今後必要な場合は予防的に使用するよう指示することもある、とのことでした。

     との事です。

     イースト菌は最近少しずつ聞くようになり、今は渡米した際にイースト菌らしき症状がある人は薬を持たせてくれるそうです。
     アトピーの患者さんの皮膚の状態は、菌たちのとても良い繁殖場所なので、あちこちでいろいろもらってくるし、体が弱っているのでヘルペスなど持っている菌やウイルスも出て来やすいので、感染症は要注意ですね。ドクターに見てもらって速やかに対処して欲しいと思います。

     予防的にステロイドを使う、というのは、乱用しないように気をつけて欲しいと思います。使用頻度、使用日数など必ず守ってくださいね。

     妊娠中のアトピーの治療については去年も質問が出ていました。渡米する方の半数以上が女性であること、また20代から40代位の方が多いので、大事な所だと思います。前回「他の患者さん」でもそうでしたが、ホルモンの変化による悪化は患者さん御自身の責任では全くなく、また急激な変化のようなので戸惑う方が多いようです。それを機に「渡米してもダメだったんだわ」と悲観的な気持ちになる方もいらっしゃるようなので、そこは気持ちを切り替えて、まずは相談してみてください。

     それとこれをお読みの治療前の皆さん。「アトピーだから結婚も妊娠も私には無理・・・」という悲観的になっている方々、治療後の患者さん達は結婚も妊娠もしていっています。ですから諦める事ありませんよ。

     今年、講演会に出席された方で「ドクター、こんな事も言っていたよ」「詳しくはこんな事を言っていた」などありましたらコメント欄にコメントくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    他の患者さん11

     「他の患者さん」シリーズ10で妊娠・出産で再悪化して再渡米された患者さんのお便りを掲載してきました。それによって今回の患者さんが連絡をくれました。彼女も妊娠しており、その時はかなり辛い症状だということでやりとりをしてきました。3年前に渡米した方です。

     まずは彼女のメールからご紹介します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    平成24年1月   正月に帰省すると悪化。ハウスダストが原因か。自宅に戻ってくるも、1,2日ステロイドを塗っては治まり、2,3日空けて塗り始める、という状況を繰り返す。 

    平成24年2月初旬  妊娠判明。1月とほぼ状況変わらず。

    平成24年3月    後半にかけてステロイドを塗る個所が広がる。外出も億劫になる。日常生活に差しさわりが出てくる。

    平成24年4月    塗る頻度、かなり広がり、頻度も増したと感じる。精神的にも辛くなりたまらなくなり、ゆかりさんにメール(妊娠17週ごろ)。
     
             1回目:ドクターに診察依頼。
        4月後半 診察結果、妊娠初期のため薬の服用は無理。27週に入ってからバーストを検討しましょう。それまではステロイドを指定量塗ることでしのぐ。

    平成24年5月   ステロイド、指定量をためらわずに塗る。

        6月   症状、改善してきたかな、と感じる 

        7月   ステロイドを塗る回数がかなり減る。汗疹のようなぶつぶつした湿疹が出るようになる。 

        7月下旬 妊娠27週目に入ったので、2回目のドクター診断を依頼。

        8月初旬 診断結果は、汗疹のようなぶつぶつは、アトピー性の湿疹ではないとのこと。汗をきれいに洗浄すること、ローションを軽めのものに切り替えるなど対策しなさい。バーストはなし。出産後にホルモンバランスの変化で悪化の可能性も指摘されました。
      
        9月   症状ほとんどでなくなる。ステロイドも全く塗らなくなった。下旬に出産、出産後も変化なく現在に至る。
     
     再悪化してすぐに診察の決断ができなかったのは、渡米後3年経つのに再悪化し、アメリカ治療に対する不信感が芽生えていたためです。わらをもすがる思いでゆかりさんに相談し、とても親切な回答を得て、もう一度頑張ってみようと思いなおしました。
     今回のもっとも反省することは、月1回4日間服用することが出来るデルタゾンに頼りすぎていたことだと思います。ステロイドを中途半端に塗り、毎月生理周期にプチバーストをしてクリアにすることの繰り返しでした。服用する用量は守っていたので何も疑問は持たなかったのですが、症状が出ても、トリガーさがしなどがおろそかになっていました。今回妊娠して頼みの「プチバースト」が出来なくなり、「完治していない」という現実と向き合うことになりました。
      
     出産後、またホルモンバランスの変化によって、肌に何が起こってもおかしくはないと思っていましたが、2か月経ちましたが、今のところ非常に安定した状態です。
     妊娠初期のような危機的な状態が続けば、すぐに治療の必要があったから、母乳も諦めた上に再渡米の検討も覚悟していたのですが、今こうして無事母乳を与えられていることにとても感謝してます。幸か不幸か、私は母乳が出すぎるタイプのため、無理に止めたり、与えないようにすることは、かなり苦痛を伴った筈でした。何より、アトピーの苦悩から解放された中で子育てが出来ることに感謝してます。とはいっても来年は、花粉の量がかなり多いらいし、まだまだ油断は禁物だと言い聞かせてます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     とてもきちんとした方で、症状の記録をされていた方でした。そこまで出来ていたのに、ほんの少し再診の勇気が出なかったために症状が長引いてしまったせいもあったと思います。メールを頂いた時はそれを残念に思いましたが、彼女がすぐにAAJに連絡を取りドクターの再診を受けてくれたのでホッとしました。

     出産後は落ち着いていらっしゃるという事で安堵しました。妊娠・出産による悪化は時々ある事なので、彼女もその影響が大きかったみたいです。
     でも再悪化は必ずしも悪い事ではない、と彼女の例から思いました。というのも「完治状態」に至っていないまま騙し騙しきていたので、それが悪化によって一気に解決の方向に向かう、という流れは最終的には悪い事ではないと思います。そういう事って人生にはあるんですよね。

     この患者さんとはお会いした事がないのですが、講演会などの機会を捉えていつかお会いできたらと思っています。
     Mさん、ブログ転載をご許可くださってありがとうございました。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    ローマ!2

     保湿は今回、ボトルごと持って行きました。いつもは小さいボトルに移し変えるのですが、夫も使うので面倒なので小さめのボトルがあったので(ニベアのロッキングローション)、それを。旅行用に小さいボトルを買っておくのもいいな、と思いました。
     セタフィルクレンザーとイソジンウォッシュを移し変えたものも持って行きました。イソジンウォッシュは日本の温泉などでは必ず出る時にこれで全身を洗ってから出るようにしています(おかぴーさんに教わりました)。海外でも何があるかわからないので一応持っていっています。
     ドラッグストアを覗いてみましたが、セタフィルの製品は見当たりませんでしたので、もし行かれる方は現地購入を期待しない方がいいと思います。
     
     ローマは喫煙率がとっても高く、男女共にがんがん吸っています。歩きタバコもポイ捨ても普通です。
     初日、ホテルに帰ってきたら鼻の穴が真っ黒になっていました。それで夫と相談し、マスクを着用する事にしました。
     海外でマスクはものすごく奇異な目で見られる事は承知の上でしたが、夫が
    「スリ除けにもなるよ」
    と言い、納得。ローマは治安も良くないのです。白いマスクを着用していたら、スリも近寄り難いに違いありません。次の日からマスクを着けるようにしたら、鼻の穴の汚れがかなり良くなりました。結構目立ちましたが、人目よりも身を守る事が大事ですね。

     飛行機はやはりとても乾燥していました。でも季節柄皮膚を覆う格好でしたので、それほど苦にはなりませんでした。乾燥対策にマスクもしました。
     マスクは国内外問わず持ち歩きます。日よけ対策にもなりますし。

     一日、ローマ郊外のフラスカーティという所に電車で行きました。とても良かったです。ローマを出ると人も減るし空気もきれいになるので、大気汚染が気になる人は郊外に出てしまうといいと思いました。電車代も安いので、ホテルをローマ以外に取り、ローマに通って観光するのもいいと思います。

     服は3泊分をスーツケースに入れていきました。衣服は人によってどれ位持っていくか違うと思いますが、私は旅先でもパジャマを毎日替えたいので、結構な量になりました。

     今回は決めてから4日位時間があったので、少しずつ準備が出来たので失敗も少なかったです。

     そうそう!ローマ、ホテル以外は便座のないトイレが多かったです。ヨーロッパは便座のないトイレが少なくないです。便座が割られてしまうそうで、治安が悪い所ほど便座が無い様に思います。
     さて、問題はどうするかですが、私は中腰で頑張りました。膝がプルプルしちゃいましたから、年を取っている人は辛いんじゃないかと思います。スクワットは普段からやっておくべきだと思いました。
     便器の淵をトイレ除菌グッズできれいにしてから座る人もいるみたいですが、どうするか考えておいた方がいいと思います。私も正解を知りません。

     新婚旅行でフランスに行った時はまだアトピーがとても辛かった時期だったので、今回はとても楽しめた旅行でした。お金を貯めて、また行きたいな、と思いました。

     「旅の技術」に関して「私はこうしてる!」というものがあったら、どんどんコメントくださいね!

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。