プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ローマ!1

     講演会、大盛況だった様ですね。皆さん終わった後も飲みに行ったり、食事に行ったりして貴重な機会を有効に使われたようです。

     さてさて私は、と言えば、実はイタリアのローマに旅行に行っておりました!
     夫が勤続20周年だという事で、夫の希望のヨーロッパ旅行を奮発しました。
     新婚旅行以来のヨーロッパ!久しぶりで楽しかったです。あんなにワイン三昧、イタリア料理三昧を楽しみにしていたのに、思ったより食べられなくて残念でした。思えばワインを頑張りすぎて(!)内臓疲労を起こしていたように思います。でも時差調整もわりと上手くいったので、まずまずの出来だったと思います。

     アトピーは完治状態になったとはいえ、私はバクテリアにとても弱い体質なので洗濯と保湿は欠かせません。
     毎回悩みの種は洗濯です。いつもはアジアの暑い国で3泊程度なので洗濯はしないか、もしくは手洗いしてもそれほど大変ではありません。でも今回は秋のイタリアで6泊したので、初めからコインランドリーを利用しようと決めていました。
     今回はテルミニ駅近くのUNA HOTELに泊まりました。四つ星ですが、レセプションの対応も良く、部屋も清潔でした。HISでの取り扱いがあるせいか、日本人も結構泊まっていました。
     このホテルは歩いて3分程度の所にコインランドリーがありました。コインランドリーの使い方もお店の人が親切に教えてくれるし、海外は洗剤は自分のものが使えるので(日本のは今、ほとんど自動投入で自分のものが使えませんよね)、アトピーにはむしろ楽だと思いました。
     洗濯は一人用のが3,5ユーロ、大き目の洗濯機で5.5ユーロ、乾燥機も一人分程度なら3.5ユーロ、大きいので5.5ユーロでした。ただ乾燥機は一度では20分しか乾燥してくれず、生乾きの状態になるので、大きいものを使用するか、2回かけるのがいいと思います。私はケチって一度しかかけずに部屋干ししました。完治状態だから大丈夫かな、と。皮膚がまだ不安定な人は、乾燥機はケチらずにかける方がいいと思います。
     それと今回思ったのは、乾燥機にかけられる衣類や乾きやすい衣類を持っていく事が大事だな、と思いました。
     コインランドリーの場所も大都市なら検索できそうなので、予めネットで調べてからホテルの場所を考えるのも1つだと思いました。

     ホテルに連泊の場合だと、毎晩はシーツ交換をしてくれないので、私たちはあえてやってもらうように受付に言いました。タオル交換は普通はやってくれますが、エコへの協力としてタオル交換をしないでもいいと言ってくれ、と書いてありました。日本でもそう書いてある所がありましたから、そういう動きが広がっているのでしょう。中にはシーツ・タオル交換無しなら、宿泊料金を割り引く、という所もあるようです。
     今後こういう流れが普通になっていくようであれば、対策しないといけないな、と思いました。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    大きな川がある

     アトピーアソシエイションでの治療は、受ける前の人と受けた後の人との間には大きな川があるといつも思います。
     受ける前の人の多く不安は「ステロイド」「本当に治るのか」といった辺りに集中している事が多いです。日本での治療と何が違うのかがつかめない人もたくさんいます。
     でも治療後は態度が一変します。ドクターマセソンに絶対の信頼を置く患者さんがほとんどです。私もそうでした。資料を読んでイメージはしておくのですが、実際に治療を受けて驚いたのが、まず「治る」という事でした。もう何年も治らない事に慣れていたので、自分の体に起こる「治っていく」という過程にびっくりしました。
     そして帰国後も治療を続けていく内に、自分の努力が確実に治癒の過程に反映されていく事にまたびっくり。そうして「完治状態」への階段を上がっていきました。
     
     このブログを始めてじきに治療を決めました。で、その時に思ったのは、もしインチキ治療だったとしたらこのブログは裁判の証拠として使ってもらえるかも、そんな風にも思いました。
     渡米して最初の頃は半信半疑だった治療ですが、自分の体調が変化していくにつれて、徐々にドクターを信頼するようになりました。
     このブログは渡米治療をお勧めするブログじゃなくて、日常を何となく書き留めるようなブログにしようと思って「アトピー主婦のつらつら日記」なんて中途半端な名前になりました。始めた頃はアトピーが治ってしまうとも思わなくて「アトピー主婦」としたわけですが、今はアトピー主婦じゃなくなってしまい、いやはや。。。という感じです。

     私もそんな感じで行った位なので、治療を受けていない人は尚更イメージしにくいと思います。
     アトピーアソシエイションで資料としてDVDが制作されましたが、それが見るのが一番イメージしやすいと思います。youtubeにも出ていますがカットされているので、取り寄せた方がいいと思います。無料で送ってくれます。

     そんな状況なので、治療を受ける前の人と後の人とでは話が噛み合わない事が結構あります。
     案ずるより産むが易し、なんだけどなぁ、と思う事しばしばです。

     11/24に行なわれるドクターの講演会は直接ドクターと話も出来るので、治療検討されている方は是非行って欲しいと思います。
     午後の部では治療後の患者さん達も大勢いらっしゃるので、交流も出来ます。

     治療後の方で治療が上手くいっていない方、是非行って欲しいと思います。
     毎年、そういう方が講演会に来られるのですが、周りの様子だけ見て帰ってしまうようです。それじゃダメです。ドクターは診察こそ出来ませんが、頭のいい人ですからアピールすれば記憶に残る筈です。
    「上手くいっていないので、今度再診の写真を送ります。悩んでいるのでよろしくお願いします」
    と伝えて、明石さんと相談しながら今後の道を探らないといけないです。

     治らないのは理由が必ずあります。

     ですから自分を責めずに相談しましょう。明石さんも晃平さんも来るので、彼らにも症状を伝えれば何らかのアドバイスや突破口を一緒に考えてもらうなど期待できます。ジャパンオフィスにもアメリカオフィスにも症状を実際見てもらえるし、困っている様子が伝わるので、今後につなげられます。
     どうか諦めないでください。 

     私は残念ながら欠席となりました。ですから講演会の内容をこのブログに書く事は出来ません。どなたか書いてくださると嬉しいです。よろしくお願いします~~。
     

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    頭皮のアトピー

     頭皮のアトピーはわりと治療が難しい、私はそんな風に感じていました。でも最近、治療が進んできたようで、かなり治療成績が出てきたようです。
     頭皮のアトピーの原因は

    ・シャンプーが合っていない。
    ・イースト菌の繁殖

     この辺りが主な原因のようです。シャンプーは以前、head and shoulderという日本ではあまり見かけない(販売されていないかも)ものでしたが、最近はfree&clear のシャンプーが勧められているようです。これって洗剤のメーカーと一緒なのかな?(ちなみに私は今もfree&clearの洗剤を使っています。)
     シャンプーを変えても駄目な場合、イースト菌を疑うそうで、対処としてはフルコナゾールを処方するという事でした。
     
     少し前に聞いた患者さんで、「ウルテカリアUrticaria」という珍しい蕁麻疹を起こしていた、というのを聞きました。これは寒冷蕁麻疹みたいなもので、この患者さんの場合は水に対して蕁麻疹を起こしてしまうそうです。ステロイドも効果が無く、抗アレルギー薬のクラリティンが効くそうです。指示通り入浴の1時間前にクラリティンを内服したらシャンプーの時の痒みがはっきりと減ったそうです。
     イースト菌とこの蕁麻疹との鑑別は、イースト菌だと一日中痒みが続くけれど、「ウルテカリア」だと水に濡らした時に痒みが出るという事でした。
     へ~~~~。

     この「ウルテカリア」の診断なんておそらく、日本で出来る医師はいないんじゃないかと思います。
     
     こういう診断と治療が必要なので、中にはアレルギー治療さえすればアトピーは治ると思っていらっしゃる方がいるようですが、やはり皮膚科とアレルギー科の両方が必要なのです。

     ちなみによく寒冷蕁麻疹の話も聞きます。私も子供の頃、入浴時に蕁麻疹が出た事がありました。でも今思うと皮膚の乾燥が原因だったと思います。皮膚が乾燥するととにかく「刺激」に弱くなるのです。温度もそうですが、もしかしたら刺激に弱い皮膚が空気に直にさらされる事によって花粉か何かに強烈に反応していたかもしれません。

     頭皮のトラブルは治りにくいイメージでしたが、こんな感じでわりと出尽くしてきた感じがあります。治療後数年たっても頭皮だけが・・・、という方は是非、再診してみてください。

    追記

    アメリカオフィスからお知らせです。
    以前、このブログ内で「他の患者さん」に教えていただいたexedermもお勧めだそうです。exdermは日本では買えないので、アメリカオフィスに依頼するとアメリカオフィスから送ってくれるそうです。
    またfree&clearのシャンプーも調達が難しいようであれば送ってくれるという事です。
    お困りの事があれば相談してみてください。 


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     今月のドクター講演会が11/24(土)に行なわれます。貴重な機会ですのでぜひ行ってみてください。
     それと私事ですが、私、講演会出席が難しくなりました。行けない気配濃厚です。残念~~~~。お会いしたいと思っていた方々がたくさんいらっしゃるのに。。。ごめんなさい~~。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。