プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    包帯ぐるぐる巻き療法

     アトピー有名病院では、体の広範囲に薬を塗って包帯をグルグル巻いて浸透性を高めるような治療をしている所があると聞きます。この療法、ODT(密封療法)といって、私が看護学校に行っていた時の教科書に載っていました(20年以上前の話ですよね)。という事は、大昔からある療法なのでしょう。以来、日本の治療が進歩していない証拠なのでしょう。
     おそらく元々この療法は、湿布のように局所的に狭い範囲内だけに薬を効かせたい時用の療法なんだと思います。
     私がアトピー有名病院に行かなかったひとつの理由は、この療法をやっていたからでした。ステロイドを全身に外用薬で塗りたくってラップを巻いたり包帯を巻いたりして浸透性を高める位なら、どうして内服薬を使わないのか、それが不思議だったからです。ずいぶん非合理的だと思いませんか?非合理的な治療をする所には行く気が起こりませんでした。
     今思うと、本当に行かなくて良かったと思っています。

     このODTによる治療をした事がある患者さんがたくさん、渡米治療に行っています。聞くところによると、皮膚が薄紙のように薄くなってしまい、すごく皮膚が過敏になってしまいます。その上、リバウンドの出方が普通とは違う事があり、通常は渡米中の一ヶ月でリバウンドはドクターが納めてしまいますが、そうした治療をした方の一部は帰国後も期間をおいてリバウンドが起こる事があり、ドクターもその治療をした患者さん達の場合は警戒してより注意深くなると聞いています。

     同じステロイドでも内服薬の場合は、投与された量が全量入り、何時間で排泄されるかがわかります。けれど外用薬はそれがわからないのです。薬によって、皮膚の厚さによって、またODTをやった場合などによって投与量が違い、どれ位体内に吸収されたかが全くわからないですよね。それが出来ないと、管理が難しくなるのです。

     薬の投与方法はいくつか種類があります。経口、外用薬、注射も皮下、皮内、筋肉、血管などなど。ドクターは渡米してステロイドを投与する際、点滴という方法を用いず、筋肉注射をします。ステロイドを点滴で投与すると副腎に強すぎてしまうそうで、約4週間で排泄されるという筋肉注射を用います。
     点滴、どうしてこうも日本人の医師にも患者にも人気があるのだろう、と私は常々思っていました。患者さんも点滴されると安心する人も少なくなく、医学的に本当に必要かどうか私はよく首を傾げていました。
     アトピー患者の場合、病院でステロイドを点滴された事がある人も結構いると思いますが、そういう人の中には副腎がそれでダメージを受けたせいか回復が遅れる人もいるという話も聞いた事があります。
     点滴は血中濃度が急速に上がり急速に下がる事が多いため、ピークの調整など細かい配慮が必要です。アトピーのような病気には、点滴は不向き、と思います。

     今でもアトピー治療にこのODT(密封療法)やっている所、多分あるんですよね。。。漢方薬でもこの方法やっている所も多分あるでしょう。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    私なりの

     世の中、色々なアトピー治療法が出回っています。それらに対する私の意見を書いてみます。

    ・漢方薬
     私は何年も漢方薬を使いました。今思うと、漢方薬からステロイド様作用が出ていたと思います。またもしかしたら抗生剤のような作用を持つものもあったのかもしれません。でも根本の原因を見たものではないので、治らなかったのも納得です。ステロイドを混ぜられる事も多いです。保湿剤だと思ってせっせと塗っていたらステロイドをせっせと塗っていた事になっていた、なんて事も珍しい話じゃないです。

    ・肉、油抜き、砂糖抜きなどの食事療法
     私がやるかどうするか検討してやらなかったものです。栄養学の観点からどうみても謎の療法です。摂食障害の気がある人の心を掴んでしまうのかしら。危険でかつ根拠不明な療法。肉・砂糖・脂の摂取量が多い欧米より日本の方がアトピーが多いという事が因果関係の無さをよく物語るのではないかしら。

    ・整体
     謎です。効いたという人もいるからまた不思議。

    ・半身浴・岩盤浴
     汗をかかせるから、皮膚がしっとりしてバリア機能が上がるのかな、とは思います。これだけでアトピーが治りきってしまうという人は、すごい。

    ・温泉
     温泉で治ったという人、改善したという人、逆に効果が無かった、という人もたくさんいる治療方法ですね。
     効果の1つとして考えられるのが入浴による保湿効果。また温泉は泉質によって殺菌作用を持ちます。重度アトピーは感染もしているので、この感染の改善が「効果」の1つかな、と思います。
     もう1つはアレルギーの問題。湯治など自宅を離れてするので、トリガーから離れて改善が図られるのだと思います。故に帰宅するとまた悪化するという人が大勢いるのも納得です。また日常のストレスからも開放されるのも1つかもしれないです。
     でも感染の改善ならちゃんと原因菌まで落とし込んで抗生剤で治療する方が効果的ですし、殺菌目的ならハイター風呂の方が効果が高いかもしれません。アレルギーの問題は引越しまでしないといけなくなります。しかもせっかく引越ししてもアレルギー体質は変わらないので、引越し先でその土地の花粉などに抗体が出来たらまた同じ事が起こりえます。
     それと温泉で感染症をもらう人も少なくありません。水虫をもらうのはよく聞く話ですが、傷からばい菌が入って入院した人を病院で何人も見ました。温泉でおしっこする人もいるみたいだし、共同浴場はハイリスクだなと思います。
     また湯治もお金がかかりますしね。完治状態をずっと維持できる人は全体の何パーセントかと思うと・・・。

    ・毒素を出す
     これ、よく悪徳商法に使われますね。海外でもデトックスは悪徳商法によく使われます。便秘など便に過剰に執着する人は、心の病を持っている人も少なくありません。フロイトの肛門期との関連性を言う医師もいました。また高齢者で痴呆の症状の1つとして便に執着し始める人もいます。
     便通はちゃんとすっきりあればいいのです。腸を力説する人を見ると「あぁ、肛門期かな?」とか思ったりします。
     あとアレルギーと腸の関係もよくサプリ系で販売されるものですが、関係、無いわけではないかも知れませんが、あまりにも関係が遠すぎるので、それでアトピーが治った、というのは、にわかには信じがたい話です。乳酸菌はアトピーの時に飲み始めましたが、全く効果無しでした。でもサプリとして今でも飲んでいます。

    ・抗酸化系
     アトピーが酷かった時、ルイボスティを大量に飲んでいた時期があります。全く関係なかったですね。渡米して抗酸化なんて一言も言われませんでしたが、完治状態に至っています。抗酸化系もアトピービジネス展開すごいですね。儲かるんだろうな、と思います。
     でもこの時に覚えたルイボスティ、結構好きになり、夫も好むので今年は麦茶をやめてルイボスティに変えました。カフェインが入っていないから寝る直前まで飲めます。オーガニックのがおいしいです。安いのはやっぱり味があまり良くないですね。

    ・自然派
     一時期はまっていた自分が恥ずかしいです。そして石鹸洗濯が本当に悪かったという事が今はわかります。後悔です。

     ものすごいざっくり書いてしまいました。議論する気がありませんので、今回の記事に対して反論があってもコメント・メールは受け付けません。あしからず。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    アトピーメンズ

     このブログは男性も読んでくださっている方がいらっしゃいます。
     私は男性について書くのは避けてきました。というのも、精神構造なんかが女性と全く違うと思うからです。
     ですがちらほら相談メールを頂くので、少し、書いてみようかな、と思いました。

     男性の渡米治療に関しては、いくつか共通点があります。

    ・まず海外で治療をする事に強い抵抗を示す。
    ・費用について、自分で解決しようとする。
    ・帰国後、ケアをサボりがちになる。
    ・なかなか相談しない。
    ・最後の詰めが甘く、完治状態一歩手前でOKを出してしまう。

     こんなところでしょうか。
     渡米治療に興味を持っている人は大勢いると思うのですが、なかなか具体的に動かないので、実際治療に行くのは、女性の方が多いです。
     でも自分の人生を立て直したい、そう思っている男性も少なくない事がわかってきました。

     自分を変えたい、と思ったら、今までと違う行動を始めてみる事が有効じゃないかと思います。毎日同じ道を通っていれば景色は変わりませんが、違う道に入れば違う景色が目に入ります。良しにつけ悪しきにつけいつもと違う体験が出来、それが思考に影響します。 

     急に色々変える、と思ったら億劫になると思いますが、まず1つだけでもやり始めてみたらいいと思います。
     例えば、渡米治療に行った人にメールを送ってみる、AAJに問い合わせのメールをしてみる、家族に食事の時、ちらっと渡米治療の話をしてみる、など、一日に1つだけ、やるのです。
     自分を変える「練習」をする、そう思ってください。

     費用について相談が多いのも男性の特徴のような気がします。
     どうやら1人で解決しようとしている気がしてなりません。状況を自分1人で判断してしまうように思います。
     仮に費用の問題があって行けない状況の人が二人いたとします。Aさんは一人で状況判断して「無理」と思い心の中にしまいました。Bさんも無理、と思っています。でもBさんは友達や周りに
    「治療、行きて~」
    と話していたとします。この二人の治療、行ける可能性が高いのはBさんだと思いませんか?仮に二人とも行けなくても結果は同じです。でもAさんとBさんともし行けるとしたらどちらか、と10人に尋ねたら多くの人がBさんと答えると思いませんか?
     運を引き寄せられるのはBさんだと私は思います。Bさんは他の人から知恵を与えてもらえる可能性が高いからです。

     努力するより我慢する方が楽、という人も多いと思いますが、生き生きと生きたい、と思う気持ちが少しでもあるなら、行動する勇気を持たなくてはいけません。
     費用のハードルは高いと思います。でも10代からアトピーで仕事が出来ない人であれば、貯金が無いのは仕方のない事ですから、誰かに相談するしか道はないのです。悩んでいたってお金は湧いてきません。
     ですから相談してください。そして反対されたからといって、簡単にめげないで攻略法を探してください。
     
     そうそう最近読んだ本です。
     
     著者の梅原大吾氏はプロゲーマーという事で、最初は大した事ないと思って読み始めたのですが、見事に裏切られました。人生に勝とうと思ったら、実際勝った人、または勝っている人を参考にしなくてはいけません。彼の場合は勝ち続けているのがすごいのですが、ゲームで勝つために、あえて苦手な人と接する事もした、とありました。逃げてばかりではダメ、という事ですね。お勧め本です。

     カウンセラーとしてはAAJの明石さんは男性なので、アトピーメンズは明石さんのカウンセリングもお勧めです。

     渡米前の人は1人で全てを解決しようとしないで、人の手を借りる事を覚えてください。それと帰国後はケアなどやるべき事はちゃんとやる、と、自らを律する事も覚えましょう。
     それらが出来る男性は、多分、めちゃくちゃカッコイイ筈です。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
     
     9月8日(土)にAAJのワークショップがありますね。
     それに行ったからと言っても渡米しなくはいけない事にはならないので、気軽に参加されるといいと思います。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。