プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    合理的な行動

     私は合理的でない行動は好きではありません。
     就職して仕事をし始め仕事を一通り覚えてくると、合理的でないいくつかの業務が気になるようになりました。業務に口出しできるようになると疑問を投げかけてみたりもしました。すると
    「今までこうやってきている」
    と改善しようとしない人達が少なからずいる事に気が付きました。そういう人達と口論してまで改善する気もなかったので、それからは口をつぐむようになりましたが、くだらない事はたくさんありました。
     
     そういう目で見てみると、地域の慣習とか家庭内でも合理的でない事が多々あり、そして人の行動に合理的でない部分がたくさんある事に気が付くようになりました。そして自分の行動の中にも合理的でない行動がたくさんある事にも気が付くようになりました。
     床に物が置いてあって、明らかに通行の障害になっているのに片付けようとしない、これって非合理的ですよね。食事の支度をしていて、つい刃物の先に自分の手を置いて手を怪我した。危ないってわかっていたのに・・・。そんな時
    「私ってバカ・・・」
    と思いました。
     そして気が付いたのです。非合理的な行動、或いは非合理的な事をよくする人に対して「馬鹿」という言葉が使われていたことに。

     非合理的な行動は頭が良い人に少ない傾向はあると思いますが、頭が良い人が必ずしも合理的な行動を取るとは限らないようです。例えば少し前に事件になった大王製紙の元社長がカジノにはまって巨額のお金を使ってしまいましたが、彼は東大法学部卒、だそうです。
     医師という職業は一般的には頭が良くないとなれないものですが、アトピー治療はさっぱり進まないし、一緒に仕事をしていても合理的な事が出来ない医師はたくさんいました。
     頭のいい人でもタバコを吸っている人も結構います。タバコの害は既にたくさん広告されていて、迷惑行為もイイトコですが、非合理的な行動の1つだと思います。
     反対の事もあります。
     学歴は優秀とはいい難いものであっても、真面目で要領よく仕事や家庭内のものをこなしていってしまう人たちは大勢います。

     アトピーの治療方法も合理的な行動かどうか、よく考えてみる必要があります。トリガーを取り除かず、Tacばかり塗っている事が合理的な行動でしょうか?
     痒いのは皮膚なのに関心が腸にいっている、これは合理的な思考なのか?
     
     合理的な行動が取れない時は「馬鹿」と呼ばれてしまうのです。
     そうならない為にも時々は自分の行動を見直したいものです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    トリガーが見つからない2

     3の空気中にあるアレルギーに関してですが、トリガー探しは気をつけている、トリガーになりそうなものは除去している、にも関わらずなかなか良くならない、というケースです。このケースの場合はまず本当にトリガー探しがきちんと出来ているか、明石さんに確認を取ってください。顔の症状が強い人が多いです。こういう人の場合、再渡米を視野に入れた方がいい場合が多々あります。ただすぐに再渡米、と焦るのではなく、問題を先に整理してください。この際、客観的な視点が必要になりますので、AAJ側と相談してください。
     見ていて思うのは、アレルギー免疫療法の効果の出方の大事な要素に「年齢」があります。若い人は効くのが早いこと早いこと!確か幼児に対する研究結果でも出来るだけ早い内に始めた方がいい、という結果が出ていたと思います(多分、どこかに以前書きました)。なので空気中のアレルギーでトラブルが続く人は、年齢がいった人の方が多いです。
     ですから現在検討中の人は、1年たてば1年なり、3年たてば3年なりの経過の速度になるという事です。治療は5分でも早い方がいい、という事をお忘れなく。

     トリガーを見つける事は元々難しいものです。でもAAJには既にノウハウがあり、確かトリガー表みたいなものもあったと思います。ですから相談しながら見つければ見つける事が出来ます。

     それと一ヶ月であっさり治ってしまった方たちもトリガーが発見できない、という部類に入ります。そういう方たちの中には若干の不安を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。でもアレルギー治療やアトピーの知識はあるので、再発してきた時に対処すればよいのです。AAJに相談する事も出来ますしね。
     ですから渡米前と後とでは、状況が全く異なるのです。
     
     渡米前は「自分だけは今までになかったケースになるかも」と思う人も多いかもしれませんが(私も治療前はそう思う事もありました)、そんな事はありません。あまり考えすぎると「自意識過剰」になってしまうかもしれません。治療への最後のジャンプは目をつむるしかない、私はそんな風に考えます。

     アトピーは治してしまうと本当に楽です。
     渡米後、相談する勇気がもてなくて1人で悶々としているのは、時間がとてももったいないと思います。また治療後、トリガー探しを怠り、いつまでもTACに頼っている人もいると聞きます。残念な事です。治療費をフイにしてしまうのに等しい行為だと思いますから。
     せっかくの治療を生かすも殺すも患者本人次第だと思います。
     ですから治療に行く時は大きな決断で、そして貫く覚悟を持って行って欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    トリガーが見つからない1

     「トリガーが見つからない人は結構いますか?」

    というご質問を頂きました。

    トリガーの問題は次の三つの内のどれかに必ずと言っていいほど当たります。

    1)トリガーを見つける努力をしない。
    2)トリガーの除去をしない。
    3)花粉など空気中にあるアレルギーに反応していて除去しきれない。

     
     1と2は男性に多いタイプです。トリガーを見つけるのは簡単ではありません。
     1については、例えば手のトリガーを見つけようとする場合、手が触ったものを全て書き出す、あるいは思い出して判定していく努力をしなくてはなりません。部屋や職場にある物の数は膨大で、気が遠くなるほどです。
     すると、諦めちゃうんですよ。
     でも!ここでメゲてはいけないのです。手は体を触りますから、体の他の箇所へアトピーが飛びます。そして徐々に広がり悪化、という原因になります。
     トリガー探しにはコツがあります。
     例えば手湿疹の場合ですが、触る頻度の高いものからチェックしていきます。しょっちゅう触っている物と一日一度しか触っていない物、そういったものがあります。頻度の高い物の方が確率が高いです。すると実はそんなに数は無いように思います。アルコールスプレーとティッシュをポケットに入れて、触ろうとするものを先にアルコールで拭いてみる、という手もあります。何に触るか意識できるし、色々きれいに出来ますよ。
     そんな感じでコツがあります。ですからそういったアドバイスをどんどん受けて欲しいのです。AAJの明石さん曰く、
    「治る人はどんどん質問してきます」
    だそうです。

     2のトリガー除去をしない、というのは、難しいケースがあります。例えば職場にトリガーがあった場合、職場を移る事が簡単でしょうか?業務内容にあったとしたらどうでしょう?また自宅にあった場合、引越しが可能でしょうか?
     つまりトリガー判明までいっても、除去できるかどうか、という問題です。
     そこで完治状態に至る事を諦める患者さんもいます。ただその場合、アレルギー免疫療法の注射だけは続けてもらうように話し合うそうです。
     というのも、例えばハウスダストの多い職場から離れられなくても、ハウスダストがボトル内に薬液として入っていますから、何年かして注射薬の効果がはっきり現れてきた場合、良くなるかもしれないからです。ただトリガーから離れた環境を作れない場合は、常にアレルギー反応を起こしっぱなしの状態が続くので、効果の発現が遅れたり弱かったり、という事は考えられます。それでも注射を打ち切ってしまえば可能性がなくなるので、どうにか続けてもらう方向で頑張ってもらうべきです。
     ただやはり、人生をかけて治療に行く人が多いので、トリガー除去も初心の通りに思い切った行動に出るべき時は出て欲しいな、というのが願いです。

     アレルギー治療は万能ではありません。アトピー体質も変わりません。ですからまずトリガーを見つけ除去する、という事は、きっちりやってもらう必要があります。

    続きます。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    ストレス

     知り合いからアトピーが治った人の話を聞きました。

     その人は女性だったという事ですが、悪化して最後、顔が腫れあがってしまい目が開かないほどになってしまったため、仕事を退職して医大に入院したという事でした。その後、退院したらすっかり治ってしまい現在まで再発していない、という事でした。
     話してくれた人は
    「仕事のストレスが原因だったのかな」
    と言っていました。
     
     でも私はおかしいな、と思いました。重症アトピーの場合、ステロイドだけであっさり治る人よりも治らない人の方が多いからです。どこかにトリガー(アトピーの引き金)があった筈なのです。
     その女性の仕事を聞くと銀行員だったというので、おそらく職場にトリガーがあったのだろうと私は推測します。銀行員で多いのは、お金を触る事からお金に付いたバクテリアが手を介して全身に広がる、というパターンです。スーパーのレジの人にも手湿疹が多いのに気が付いていますか?お金は汚いのものなのです。
     それともう1つ、職場の空調、カーペット、共有のパソコンなど職場の設備による原因です。ただ彼女の場合、退院後再発していないので、空気中の花粉・ハウスダストなどのアレルギーが原因という事は考えにくいと思いました。空気中のものがアレルギーの抗原の人は、退院後もハウスダストなどはいるので、再発してくる方が自然だからです。という事は、彼女の場合、職場にある物に反応していた、と考えられます。

     一般の人の認識だと職場のストレス、で片付けられてしまうだろうと思うし、おそらく医大の医師たちもそんなところだろうと思います。
     でもどんな病気もそうですが、「ストレス」を原因の第一に挙げてしまう考え方は科学的ではありません。むしろレベルが低い考え方だろうと思います。ですから医師の技量を見る時の基準にしてもいいと思っています。また民間療法などの判定にも使えます。
     ストレスはどんな人にも大なり小なりあるものです。でも病気になる人とならない人がいる、その違いが何なのかを具体的にしていく事が、医学なのではないでしょうか。
     
     この話の銀行員だった女性の場合、トリガーをはっきりさせられれば、仕事を続ける事が可能だったかもしれません。また退職した現在でも、トリガーが判明していない以上今後、再発のリスクは依然あります。
     職場をやめた、あるいは引っ越してアトピーが良くなった、という人でも、10年経ってまた再発した、という人は大勢います。渡米治療のご相談を受けた方の中にも何人もいらっしゃいました。将来にわたってアトピーに振り回されたくない、と思うのであれば、トリガーの判明は不可欠です。なぜ治ったかなぜ悪化したかをストレスのせいだけにしていたら駄目なのです。
     
     調子の悪さを「ストレス」だけで納得しないで、もう一歩踏み込んで考えてみてくださいね。


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。