プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    自分に自信を持つために3

     親子の関わりは人それぞれです。
     私の人生の挫折は、その100%が親か私のどちらか一方だけが原因ではありませんでした。私には私の事情があったと同様、親にはその親がいて、それぞれ育った時代と取り巻く人たちがいました。ですから私に起こった出来事は、実はパズルのピースが合うように色々な事が組み合わさって起こったのです。人が完璧ではない以上、全ては仕方のない事だったのです。

     今は私の兄弟や友達が親になっています。見ていて思うのは、子育てには上手い下手が確実にあります。
     私の両親は下手な方だったと思います。
     でも他の人に比べて心の優しい思いやりのある人達だと思います。私は彼らの愛情を不器用な形で受け取ったのです。それでもそれが届いていたのは幸いでした。私がボロボロになっても生きる道を選んだのは、彼らを悲しませたくない一心でした。私が自殺したら彼らが悲しむ事を私は分かっていたのです。それを多分、愛情と呼ぶのだと思います。
     両親の子育てが下手だったせいで私の人生のハードルは上がってしまいましたが、私が今、こういうアトピーのブログを発信し続けているのは、心が優しい両親の性質を受け継いだ所があるからだろうと思います。
     私の両親は長所も短所も持ち合わせる「普通の人」だったのです。

     アトピーの劇悪化は人生を複雑にします。
     一度にいろんな事が起こる人も少なくないだろうと思います。
     完膚なきまでに叩きのめされるような気持ちになる人は、私以外にも必ずいると思います。

     「挫折は人を強くする」という人がいますが、はしょりすぎだと思います。挫折は克服して初めて人を強くするものであって、挫折だけでは屈折した人になるだけです。負け戦ばかりでは、心は折れ、自分なんか信じられなくなります。自信を持つには勝ち戦を経験しなくてはいけません。
     私がなぜこれほど強く、アトピー完治を皆に望むのか、という理由の1つがこれです。

     この世に生まれてきたからには、生まれて良かった、と一度は思いたくありませんか?

     挫折するのはいいのです。でも挫折したら克服して欲しいです。「成功体験」を味わわなければ自信を持つ事は出来ません。
     病気は人を弱くしますが、アトピーが治る病気だという事は幸いです。ですから逃げないで、正面から取り組んで自分に自信を持てる人になって欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    自分に自信を持つために2

     失恋する人はたくさんいるけれど、失恋した人の全員がこんなにボロボロになるわけじゃない。それならなぜ私はそうなってしまったのか?
     失恋の痛手から立ち直るべく手にとった本がありました。


     何冊か出ていますが、私は二冊目に出た

    こちらの本を先に手にしました。

     私はこの本によって生かされた、と言っても過言ではありません。この本が無かったら、今、この世にいなかったかもしれません。それほどの本でした。
     この本を通して成長する過程で感じたのが、自分の中にあった二面性が1つになった、という事です。そして知らず知らずの内に自分に興味がなくなってきました。おそらくいわゆる「自分探し」が終わったのでしょう。
     徐々に自分なりに物事を判断する基準が出来上がって、自分の価値観で良し悪しの区別をするようになりました。それによって自分の感情を肯定出来るようになり、その感情を大切にするようになりました。自分を大事に出来るようになったのです。

     他人との関わりにおいては、自分も間違うのだから相手の間違いも許す、と言うとかっこいいですが、自分が間違った時大目に見てもらいたいから、相手の間違いも大目に見る、あるいは怒らずに「そういう人なのね」とその人から目をそらす、そうした態度を身につける事が出来ました。
     そして自分にとって大切にする人とそうでない人の区別をつけるようになりました。つまり全員に好かれたい、認めてもらいたい、という欲求が弱まりました。
     わかってくれる人だけがわかってくれればいい、そう思うようなり、仲の良い関係を持つのは、価値観が近くてわかりあえる人とだけにしよう、そう思い、そういう人達といるようになりました。
     私は男であれ女であれ、相手に思いやりを持たない人と一緒にいられるほど強くない、それを知りました。

     ご紹介した二冊の本はこのブログを書き始めてからじきにずっと、いつかご紹介できれば、と思っていた本です。このブログの読者には年頃の女性が多く、アトピーも手伝ってかつての私のように辛い状況に置かれている方が少なからずいる事がわかったからです。
     この本はタイトルだけ見ると男性との関わりについてのみ書かれているように感じるかもしれませんが、男性との関係は問題の発露に過ぎない、という事を教えてくれる本です。そして内容は男性との関わりの有無に関わらず家族関係、対人関係など行き詰ったと思う人には是非読んでもらいたいと思う本です。
     この本の後、「アダルトチルドレン」というタイトルの本が書店に並ぶようになりました。何冊か立ち読みしましたが、私が見た限り、どれもこの本にかなうものはありませんでした。是非読んでもらいたいと思います。

     何人もの知人にこの本を紹介したり、贈ったりしました。けれど読んでくれる人は少ないのが残念です。
    「力を尽くして狭き門より入れ、滅びにいたる門は大きく、その路は広く、これより入る者おおし、 生命にいたる門は狭く、その路は細く、これを見出す者すくなし。」
    という言葉があります。アトピーにもメンタル的なものにも同じ事が言えるように思います。

     続きます。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    自分に自信を持つために1

     アトピーでの闘病生活が続くとホント、自分に自信が無くなりますよね。。。
     自信を持つ、という事は、普通の人でも難しい事だと思いますが、アトピーだと輪がかかってボロボロになりますね。。。

     私の経験からすると、、、

     私は子供の時にイジメにあった事もあり、ものすごく自信がなかったです。もちろん親の育て方にも問題があったせいもありました。イジメにあった事はかなりきつい経験で、その後、25歳位まではずっと引きずっていました。
     それまで自分の中にすごく二面性がありました。
     虚勢を張っている自分と繊細で弱い自分がいて、真に誰かに丸ごと愛されるなんて、夢のまた夢のように感じていました。本当の私を知ったら、きっと嫌われて去っていってしまう筈、私には幸せになる価値がない・・・。
     だから私の事を好きになってくれた人がいても、それが信じられなくてその関係を壊すほど疑って相手を試す事をしました。

     子供の時から親と価値観が合わず、不満がいつもありました。それゆえか「成功体験」という実感を持った記憶がありませんでした。私の人生、いつも上手くいかない・・・、そんな風に思っていました。

     そんな自分が粉々に打ち砕かれるような経験をしました。
     失恋をしたのです。そしてそのストレスからかアトピーが劇悪化しました。この二つは私の内面も外面もボロボロにしたのです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    カウンセリングの必要性

     アトピーアソシエイションの渡米治療では、治療前に最低一度、治療後は一年間、カウンセリングが付いています。このカウンセリング、とてもとても大事です。

     アトピーは生活環境や病歴、アレルギー体質の度合いなどによって病状の重症度が違い、またご本人の覚悟ややる気によって、結果もまた違ってきます。そのため回復を目指すのであれば、メールだけのやり取りでは不十分です。
     私はアトピーのご相談はメールでお受けしています(ちなみに私的にやっているので、無料です)。ただほとんどの場合、結論はAAJの明石さんに相談をしてみてください、という事が多いです。
     
     患者さんの知識に開きがあり、また生活環境や病歴も聞かなければ一番良いと思う方法を示す事が出来ません。またすぐに渡米できない事情がある、という方もいますが、すぐに渡米した方がいいと思う方もいます。どうしたら良いのか、今、その患者さんが出来る事でベストな事は何か、そういった事にたどり着くにはメールでは時間と労力を必要とします。患者さん自身も悩みながら一時間かけてメールを書くより、明石さんと一時間話す方がはるかに大きな収穫を得る事が出来る筈です。

     それと最近思うのが、渡米できない事情の方でも、明石さんに相談する事はとても有益だという事です。
     中にはもちろん事情はどうであれ、渡米してきちんと治療を受けなければどうにもならない、という方もいらっしゃいます。その方達は仕方ないにしても、赤ちゃんのアトピーや成人でも体の一部分が酷いというアトピーの方など、アトピーの根がそれほど深くない方もいらっしゃいます。そういう方は正しい知識とケアで軽減を図る事が十分可能です。
     病院へわざわざ行って診察を待ち、医師の心無い言葉を受けるかもしれない恐怖におびえ、一利も無い薬をお金出して処方してもらう事が、現状ベストと言えるのか?それは自問してもらう価値が十分あると思います。
     明石さんのカウンセリングは一見安くないかもしれませんが、わけのわからない漢方薬やアトピーグッズを買う事を思えば、十分に元が取れるものです。何よりも正しい知識を身につける事は、未来をも左右するものです。

     他の方のアトピーのブログをサーフィンしていると、写真を撮って載せている方も結構います。結構見ただけで雰囲気が分かり、
    (あ、この人、出ている場所が皮膚の二面がくっつく所が酷いから、汗が一番だなぁ。まだ健康な皮膚もしっかりしているから、明石さんのカウンセリングだけでもどうにかなるかも。渡米したら二週間であっさり完治しそう)
    (あ、この人は顔が真っ赤だからアレルギー、酷いのかな。渡米しないとダメだろうな)
    (この人、洗濯洗剤とダニを見直したらもう少し良いかも)
    などなど勝手に診断しています。
     けれど残念ながら、ブログの内容を見ると
    「甘いものを食べ過ぎちゃったからかな」
    「何で悪いか分からない」
    「今日はアトピーのためにこれを買いました」
    とか、書いてあるわけです・・・。
     私はコメントは入れないようにしているので何も残してきませんが、残念だなぁ、とすごく思います。

     明石さんは元患者ですし、何が何でも全員渡米すべし、という人ではありません。今までも渡米できない事情の方の相談にたくさん答えてきた人です。ですから渡米の機会はまた伺う事にしても、とりあえず無駄な出費と心が傷つくのを止めるためにも、カウンセリングはとても有効です。
     悶々と1人で悩んでいても、突破口を自分で開けるのはとても難しい事です。カウンセリングは一時間という事だし、スカイプで出来るので出かける必要がありません(でも本当は顔を見て話すのが一番ですけどね)。疑問に答えてもらい、心のわだかまりを少しほぐすには丁度いい時間だと思います。
     また仮に渡米が決まっても、その後の展開もとてもスムーズです。
     みんなもっと相談すれば良いのにな、と思います。
     そうそう渡米後2年以上経っても、あまりステロイドフリーになっていない方、明石さんに相談する事をお勧めします。何かに問題がある筈です。声を上げないばっかりにつまらない思いをするのは残念な事です。渡米までしたのですから、ちゃんと治りましょうね!

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    アレルギー治療が上手くいっていない2

     アレルギー治療が上手くいっていない、という人の理由を私なりに考えてみました。

    1)渡米時の検査が上手くいかなかった。

     まずステロイドの影響があり、上手く検査に反応しない事があります。またサプリメントも確か駄目な物がある筈なので、分かるものに関しては予めやめるように言われますが、漢方薬など成分が分析できていないものなどは知らずに服用していて、という事もあると思います。
     また皮膚の炎症が全身に酷く、検査する場所探しすら一苦労、というアトピー患者ではなかなか正しい判定も難しいのではないかと思います。そのため多少の間違いがあっても仕方ないかも、と思います。
     検査で反応していなければ、治療薬ボトルにその成分が入っていないので、なかなか結果を求めるのが難しくなります。長期的には検査薬で出なかったものにも効果が波及していくと聞いていますが、入っていた方が当然効果は早く出ますよね。というわけで、検査が上手くいっていなければ、効果が出るのに相当時間がかかります。

    2)治療効果を出すのに適切な注射量でない

     ドクターベイカーはとても慎重に治療します。患者は海を隔てた、アレルギー免疫療法が普及していない日本での治療、またアトピー患者はアレルギー自体が重度の人が多いので、ただでさえ慎重に行なわなければならない患者です。量が多すぎてアナフィラキシーショックを起こして死んでしまったら、という事を考えると、注射量はどうしても少なめになる筈です。
     ドクターベイカーのクリニックで治療していれば、様子を見ながら注射量の増減をすぐに行なう事ができますが、日本に住んでいる私たちにそれは無理なことです。更新の際プログレスレポート(治療で何か変わった事は無かったかなどを書く紙)を書いて提出していますが、やはりそれだけで状況を伝え、注射量を加減してもらう事はやはり難しいようです。
     つまり私たち重度アトピー患者は、アレルギー治療を積極的に行なっていくのは難しい種類の患者のため、指示されている量は効果をしっかり出していけるのに必要十分な指示量ではないかもしれません。

     それでも私のように皮膚が安定している患者に対しては、増量の指示も出るようになったし、アメリカでもアトピー患者にアレルギー免疫療法を併用するクリニックも増えてきたようなので、今後は少し方針が変わるかもしれませんね。
     いずれにしても再渡米して再診すれば、ドクターベイカーもしっかり状況を確認できるし、ほとんどの患者が再渡米の時は初回よりも皮膚の状態が改善しているので、適切度が増した治療が出来る筈です。

    3)注射薬が注射時、指示量体内に入っていない。

     私は注射をする側でもあったのでわかるのですが、皮下注射の場合、針を抜いた後、薬液が漏れ出てくる事があります。何故なのかははっきりとはわかりません。技術の問題かもしれないし、注射針のサイズや長さの問題かもしれません。
     漏れ出る時もあれば出ない時もあります。感覚として、特に皮膚が張ったような硬い感覚の人などは漏れ出てくる事が多いような気がします。薬液を注入したらすぐに針を抜かずに少しおいてからの方がいいかもしれませんが、まだ試した事はありません。
     アレルギー治療薬の場合、0.1ccなど量がとても少ないので、漏れてしまうとどれだけの量がちゃんと入っていたのか結構不安です。
     私はこの「戻り」を少しでも防ぐため、針を抜いた後、アルコール綿で刺した所を抑えず、軽く拭く程度にしています。圧迫すると液が出てきてしまうような気がして。でもこれは打ってもらう側の患者が医療者に言うのは憚られるかもしれません。
     打つ手、無しかも・・・。
     注射した後、私はあまり腫れないので心配になります。腫れる人は体内に入った、という証拠ですよね(全量入ったかどうかは別ですが)。

    4)注射薬が配送時に温度管理のトラブルがあって、効能が落ちてしまっている。

     国際郵便にクール宅急便がないので、輸送途中の温度管理が気になります。送ってくれる際、保冷剤などをたっぷり入れてしっかりした発泡スチロールに入れてくれますが、数年前までは今よりもう少し簡易的でした。注射薬がダメになってしまう温度になった事は無いだろうと思いますが、気温の高い夏の配送は何があったかわかりません。現在の梱包なら大丈夫だろうと思いますが、古い患者になると過去の配送時に注射薬の劣化があったかもしれません。

     以上、かな?他にもあるかもしれません。
     4点とも私の意見で公式なものではありません。あしからず。

     そんな事を思うと、アレルギー治療が上手くいかない事もあるけれど、どっちが悪い、というものでもないという事です。悩んでもしょうがないものはしょうがないものですね。
     運悪く上手くいかない側に入ってしまったら、落ち込むより今後どうするかを考えましょう。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。