プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    リスクをとらないリスク

     リスクのとり方は人それぞれだと思います。
     リスクを積極的に取る人と極端に避ける人。でも「リスクを取らないリスク」があるという事も知っておいた方がいいと思います。

     時代は変わってきています。
     昔は「巨人・大砲・卵焼き」でスターも出やすかったし、流行も画一的でした。権威がある人たちについていく事が当たり前だったし、またリーダー達もリーダーシップもありました。そして国は右肩上がりでした。
     でも今は違います。少子化だし、日本の国力が落ちてきているのを徐々に感じ始め、閉塞感もかなりあります。
     アトピーで苦しんでいる人たちも経済的な不安が尽きない人も多く、仕事を一度失ったら再び仕事に就けるか、など色んな不安があると思います。

     安全志向は大事なことです。でも何が安全なのか、もう一度考えてみた方がいいと思います。
     安全と言われていた年金がいい加減だった事がわかりました。原発が安全だというのも嘘だった事がわかりました。マスコミの報道も誰かの利益の為の世論操作の一部という事も分かりました。
     ステロイドは安全と言われてせっせと塗り続けた人たちがどうなりましたか?これが良い、あれで治った、と色んな人に言われて、その通りに従った人たちがどんな結果を出しましたか?

     100%「安全」な物など、無いのかもしれない。そんな事を感じ始めました。

     それを前提なると、リスクは取った場合と取らなかった場合とを常に比較するようになりました。野菜を買う時、肉を買う時、仕事に行く時、漫然と、ではなく、これがリスクを比較して安全度が高い行動なのかどうかを考えます。

     重症度の高い人のアトピー治療に関して、リスクを取る事について、真剣に考えた上で治療を選んだ方が良いと思います。アトピーの重度の人は、何かをする事も何もしないでいる事もどちらもリスクです。そして体の問題は、そのまま経済の問題、人間関係の問題、人生の問題にもなっていきます。

     渡米治療に関しては、「リスクを取らないリスク」に気が付いた人が行っているように思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    ワークショップ

     アトピーアソシエイション(AAJ)で1月に行なったワークショップ、なかなか好評だったようです。
     明石さんとお話しする機会に恵まれたので、どんな様子だったか聞いてみると、まず、苦しかった思いを吐き出す場になった事も大きかったようで、雰囲気も良かったとの事。男女比はやはり女性の方が多かったようでしたが、お子さんのアトピーでお悩みの方もいらっしゃったようで、良かったと思います。

     自分がアトピーになって思った事は、同病者じゃないと絶対に苦しみを共有する事は出来ない、という事でした。私はまだ、吐き出しても受け容れてくれる友達に恵まれていたので、苦しみを溜め込むところまでは行っていなかったと思いますが、自分から話す事が苦手な人や、わかってほしい思いを抱えすぎてしまった人などは、やはりこういう場は必要だと思います。

     それとアトピーアソシエイションの良い所は、正しい治療につながっている所です。
     アトピーが治る道筋を知っている人達がその場を作っている、という事に特徴があると思います。

     今、アトピーも少しずつ解明されてきています。「バリア機能」「フィラグリン」「ステロイド」「アレルギー」など、色々わかってきているのに、医療の現場では、20年、30年前と同じ、ステロイドを塗りたくるだけの治療が展開されています。そして民間療法では「解毒」「油抜き食事」「脱ステ」「脱保湿」「自然な食べ物」「漢方」などです。
     解明されてきている事と、治療が全然結びついていないのです。食事療法はバリア機能やフィラグリンとどう関係しているのか?ステロイドはどう関係しているのか?結びつきをきちんと考える必要があります。正しい治療かどうかを見分ける鍵は、ここにしかないのです。

     明石さんが
    「今の医療が僕が酷かった時の治療と何一つ変わっていない」
    と怒りも露わに仰っていました。
     参加者お一人お一人の置かれている状況に

     アトピーは体だけでなく心も病んでしまうような病気です。でも心の病みがアトピーが原因であるのなら、アトピーが治れば心の病みは治ります。
     色んなアトピーのワークショップがあると思います。でも正しい治療を施してくれるワークショップでなければ、ただの同病者哀れみのワークショップになってしまいます。そして集団心理で間違った治療法に突入していくのでしょうか・・・。

     AAJのこのワークショップは月に一度の割合で開いていく予定、と聞いています。次回は

    日時: 2012年3月24日(土)13時~17時30分 
    場所:久永ビル2階 IFF教育センター 

    のようですね。詳細はAAJのHP

     家でAAJのHPを読むだけ、私のブログを読むだけでは、アトピーは治りません。行動を起こして初めて治る方向に道が開けるのです。是非、頑張って行って欲しいと思います。

     それと治療して卒業してしまった人たちも、ボランティアで行ってもらえたら、と思います。治った人を見る事は、治療前の方達に決して言葉では言えないほど大きな力を与えます。特別な事は何もしなくてもいいのです。ただふんふん、と頷いているだけで十分です。ボランティア活動や募金などでなくても、これだけで社会に十分貢献した事にもなります。それと、意外にも卒業した私たちも受け取るものが意外と多いものです。

     ワークショップもまだまだ進化させていく方向のようなので、今後が楽しみです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     カテゴリ、変更しました。こちらでは何と、一位です!皆様のおかげです。今後も頑張ります。
     

    健康診断

     去年の年末にやった健康診断の結果が返ってきました。
     結果は問題なかったです。
     でも、4年位前の健康診断で一度引っかかり、今回はヘモグロビンA1C(エーワンシー)というのが経過観察で返ってきました。ヘモグロビンA1Cというのは、血糖値を見る指標のものです。血糖値は毎日の生活の中でお腹が空けば減りますし、食べれば増えるものです。どちらも上限・下限はあるのでその域を越える事は糖尿病などではない限り普通はないのですが、一日の生活の中で振れ幅が大きいですし、糖尿などを患っていればこの振れ幅は大きくなります。健診で測る血糖値はその一瞬のものしか測れません。それでこのA1Cです。この数値は過去1~2ヶ月の血糖値の推移を反映すると言われているもので、最近注目度が高くなっている指標です。
     私は確か5.9でした。正常値は5.8未満で、過去も5.9だったのですが、40歳を過ぎたせいでしょうか、それとも正常値が変わったからでしょうか、「経過観察」の判定になりました。
     でも血糖値が空腹時で97位でした。全くの正常値なのですが、若い時はお腹が空くと80台70台になったのですが、90台という事は、やはり血糖値が下がりにくくなってきた(でもお腹は空く)という事なのかもしれません。
     家系に糖尿の人がいないですし、甘いものは子供の時から苦手でした。ですから血糖値に関して心配した事は一度もなかったですが、40歳も過ぎた事ですし、糖尿は発病させない事が一番大切なので、正常値の範囲内の今から生活習慣に注意していきたいと思います。

     先日、癲癇(てんかん)もちの友達と話をしました。私は医療従事者のせいか癲癇に特別な思いとかあまりないのですが、彼は結構気にしているようで、そのせいで結婚は考えてしまう、と言っていました。でも彼も43歳、癲癇以外は健康診断で引っかかることもなく、癲癇も薬の飲み忘れがない限り症状も出ません。(ちなみに癲癇でひっくり返ってしまったら、そのまま放っておくのが正しい処置です。気が付けば一応、発作の時間を測ってください。何秒とか何分とか。発作は時間がたてば落ち着きます。引きつけの姿に驚きますが、それだけです)
     でも私は思わず言ってしまいました。
    「でも、40歳過ぎるとみんな色々病気が出るよ。癲癇は薬の飲み忘れがなければ大丈夫じゃない。友達だって甲状腺のホルモン剤飲んでるし、サプリも色々飲んでいるし、私だってヘルペスの薬飲んでるし、スキンケアだって毎日やってる。結構面倒くさいよ。でもあなたは癲癇以外は問題ないんだから、今や「健康」の部類に入るんじゃない?」
     そうしたら彼、大爆笑していました。多分、かなり気にして生きてきたのでしょうね。
     回りが真っ白ければグレーは目立ちますが、段々回りがグレーになってきたので、彼ももう「特別な人」ではなくなってしまいそうです。未婚の言い訳もなくなりそうですが、それは、それですねぇ。

     最近は「一病息災」と言いますから、一病に留めておけるよう生活習慣も気をつけたいと思います。(特に私は運動が重点項目です)

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     人生にはいくつかの転機が付き物です。
     私にももしかしたら転機が訪れそうです。

     自分の力でどうにも出来ない事が起こった時、私は回りをよく見るようにしています。今、自分がどういう状況に置かれているのか、そして扉が開かれているのはどの道なのか・・・。
     文章にすると分かりにくいので、箇条書きにしてみます。

    ・自分の置かれている状況を見る。また扉が開かれているのかどうか。
    ・現状維持を目指した場合
       ・どんな困難があるのか。それに耐えていけるのか。またそれを克服するにはどうしたらいいのか。
       ・現状維持は自分にとってベストなのか。
    ・別の道に進む場合。
       ・どんなデメリットがあるのか。
       ・克服しなければならない事はどんな事があるのか。
       ・周りの反応はどうか。

    私の経験から自分で望まず思いがけず訪れた分かれ道の場合、導かれていそうな方向に向かった方が良いです。ただ自分のわがままになっていないか、周囲の人たちの反応を確認します。でも大抵は反対がありません。それどころか応援される事が多いです。

    28歳で退職を決め、イギリスに留学する事を決めた時もそうでした。その病院に就職した時は、看護師という仕事をきちんとやろう、長く勤めようと決意しての就職でした。ところが徐々にアトピーが悪化、体力も低下してきました。夜勤を減らして欲しいと願い出たりしましたが、認められず、残業も認めてくれないところでした。
    アロマセラピーを趣味で習い始めて、とても楽しく、看護師という仕事から商売替えをするならアロマテラピーを仕事にできたらと夢見ました。もし本気でアロマセラピストを目指すのなら、一番良い教育を受けたいと考え、留学が浮上してきました。留学先はイギリスかフランスが候補でしたが、メディカルアロマの方向ではイギリスに軍配が上がり、また言語も英語の方が取っ付きやすいと思いました。
    けれど当時、私は既に28歳でしたし、英語は看護学校での勉強が最終。ほぼ10年近く勉強もしていませんでした。しかもアロマセラピーの学校では解剖学と生理学もあり、それらを英語でやる事に自信が持てず、決めかねていました。そんな時、医師の友人に
    「あなたなら出来るよ。大丈夫。」
    と言われた事が最終的に背中を押される言葉になりました。
    退職して留学することに対して友人の反対はありませんでした。両親も何も言いませんでした。
    私は私なりに退職しない方向で頑張ったのですが、アトピーが原因で上司とも不穏な関係にもなり、留まって良いことがほとんどなくなり、それどころか健康も害する可能性が出てきてしまったのです。
    扉は留学する方向に開いている事を確信しました。なので留学して、異国の困難さはあるだろうけど、その時々で何とかなるだろうと、楽観する事も出来ました。

    結果的にこの時の私の決断は大正解でした。
    この時の成功体験から、先ほど書いた岐路に立った時の決断の仕方を意識するようになりました。

    久しぶりに小さな転機が訪れようとしています。
     人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。