プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    問題のど真ん中を見ましょう

     アトピーが酷くて自分に自信が持てない。
     アトピーが酷くて仕事が出来ない。
     アトピーが酷くて将来が不安です。
     アトピーが酷くて彼氏・彼女が出来ない、交際が不安、結婚できない。

     どうしたらいいでしょう?

     そういう悩みは尽きないと思います。みんな同じように悩んでいます。

     私は、これに対して、アトピーを治す、という選択が一番正しいと思います。
     アトピーが酷くてみんな起こっている事なのなら、アトピーを治す事が第一選択になる筈なのです。
     精神論にすり替える人がたくさんいます。患者さんも医師も。不治の病であるならば仕方ないでしょうが、アトピーは治る病気なので、精神論にすり替える必要は全然ありません。
     アトピーが治ってもまだ残る問題であるなら、それに対して、個々に対応していけばいいのです。

     アトピーが酷い状態は、生きていく上でありとあらゆる事のハードルを高くします。それは事実です。
     アトピーが酷い状態のQOLは透析患者よりも酷い、という記事も見た事がありますし、喘息患者さんがアトピーを併せ持っている場合、喘息の方がマシ、とネットに書いている人もいました。そして皮膚の状態は目に見えますから、自信もなくなって当たり前です。仕事にももちろん差し支えますし、そんな状態で将来が不安なのは当たり前の話です。すり替える必要は全くありません。辛い気持ちは誰かや何かと比較する必要もありません。

     精神論にすり替えるのは、医師たちの悪い癖だろうと思います。治せない患者さんに対して言うに事欠いて・・・という形ですり替える事がほとんどです。それを真に受けない方がいいと思います。治せない医師と治療に時間とお金を遣うのは、私にはとても無駄に思えます。

     問題のど真ん中を見る事は大事なことです。
     ど真ん中を見ましょう。

     肥満で悩んでいる人が、精神論であーだこーだと言うのとあまり変わらないかな、と思います。運動の一つもする、肥満のメカニズムについて勉強する、そういう方が建設的です。
     アトピーが酷くて悩んでいるなら、アトピーを治す事に全力で取り組むべきです。頭であれこれ考えていても、堂々巡りになってしまいます。それよりアトピーの話がたくさん出来る場に出て行って、色んな話を聞いたり、他の患者さんの状態を観察したり、そんな事に時間を割いた方が建設的です。

     来月の講演会は、いつもそんな場所になっています。
     みなさん、意外とアトピーについて話をする場所がないので、講演会は楽しみ、というのをよく聞きます。そういえば確かに、一般社会でアトピーについて悩んでいる事を話せる場は、あまりないですね。一般に患者の会もなさそうなんですけど、どうでしょうか。作ったとしても、まずステ派と脱ステ派にまず分かれそうですし、その他、漢方薬派、食事療法派とか、ビオチン派とか、色んな派閥が出来そうで、あんまりまとまらないのかも。。。
     というわけで、講演会は交流の場としてとてもいい場所です。ちなみに渡米治療に行った人達は、土佐清水に行っていた、とか、食事療法やっていました、とか、みんな色々治療歴をお持ちなので、話すと興味深いです。これからビオチンに突入しようと考えている人も、もし来ると、経験談を直接聞けると思います。
     
     アトピーが酷くて人生が上手く行っていないなら、ど真ん中のアトピーをしっかり見つめて解決へと向かって欲しいと思います。

    --------------------------------------------------
    追記

    アメリカオフィスからお知らせが来ました。
    以下、コピペします。

    「セタフィルクレンザーがコストコでも売り切れで、今後も入荷予定がないと患者さんから聞きました。代替品を使って悪化されても困りますので、もし要望があれば、アメリカから発送いたします。
    郵便局の規制の箱で、重さに関係なく(10kgまでですが)詰め込めるだけつめて$58.50

    セタフィルは、2本組$17(コストコ)です。10本で$85

    手数料 $50 (買いに行って、梱包して発送まで)

    合計$193.50

    ただし、荷物の追跡ができないので、もし、迷子になった場合、探す方法がありません。私のほうで責任も取れませんのが、それでよければ発送いたします。

    今の所、事故はありませんから、まず大丈夫とは思います。」


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
     
    スポンサーサイト

    冬支度

     来週、インフルエンザの予防接種をやる事になっています。もうその季節か~、といった所。インフルエンザの予防接種は効果が大体3ヶ月と言われているので、11月の終わりか12月の頭位にやった方がいいと思います。流行のピークが1月と2月ですもんね。私は病院で反強制接種で病院全体でやってしまうので日を選べないので仕方ないですが。
     インフルエンザの予防接種とアレルギー治療の薬の接種ですが、講演会で「アレルギー注射を打った後、30分間待機し問題がなければ、インフルエンザ予防接種を打ってよい。」とドクターから回答が出ていますので、それに従ってくださいね。

     朝夕の冷え込みなどで体調を崩す方も出てくると思います。そろそろOS-1やゼリー状飲料などを準備してもいいかもしれません。うちは年間常備してあります。OS-1、売上もいいみたいですね。とても良く出来ていて、病院で手術の前から水分・電解質補給のために点滴をする事があるのですが、OS-1をその代用にしている所も出てきている、と聞きました。へ~、納得、です。
     アトピーの人は皮膚から水分と熱がずいぶん出てしまいますから、水分補給はこまめにした方がいいでしょう。

     病院は「汚い所」です。壁も床も汚いし、感染症の人がたくさんいますから、空気も汚いと持っています。壁や床は検査をすればMRSAや抗生剤耐性の緑膿菌などが出ます。医療従事者の鼻の穴を検査すれば、それらの菌が出る、と言われています。ただ検査をして出てしまうと対策を取らなくてはいけなくなるので、あえて検査をしない、と聞きました。そういう所です。だから本当は出来るだけ行かない方がいい所です。
     病院のお見舞いで小さな子供を連れている人を見かけますが、私は不適切だと思っていますので、避けられる状況であれば、出来るだけ避けた方がいいでしょう。
     余談ですが、病院の面会時間は午後2時からとか3時から、の設定が多いと思いますがこの理由。
     午前中は患者さん達の体を拭いたり、排泄物を片付けたり、検査や手術に連れて行ったりと病院は大忙しです。特に大部屋はカーテン1枚で仕切られているので、カーテン1枚の中では裸になっていたりします。他の患者さんの見舞い客の存在に苦痛を感じる患者さんもいて、苦情も出ます。またおむつ交換もあるので、匂いもかなりです。廊下は病院スタッフが行きつ戻りつしているので、見舞い客は邪魔になります。それに検査も集中しているので、せっかく来ても患者さん本人と会えない、という事も起こります。
     患者さん本人の状態が悪く、付き添いに近いような家族や、仕事の都合でどうしても面会時間を守れない家族の場合は、予め病棟に伝えておいてもらえると病棟でも配慮できます。また個室の患者さんの場合は大部屋のように他の患者さんからの苦情が来る、という事はないので、大人数でなければ多少ずれても、病棟業務に支障をきたす事はありませんので大丈夫です。
     多分、病院の面会時間が遅いので不便を感じ、また疑問に思っている人もいると思いますが、そういった事情があるのです。ですからやはり多少不都合でも協力をお願いしたいです。

     話がそれましたが、
     簡単な風邪などは、早期に水分・電解質・ビタミン類を摂取をしっかりして、ゆっくり休むのが一番です。解熱剤は出来るだけ使わない方がいいです。病院では38~38.5度位が使用の目安になっています。熱が上がった方が体内の菌が死にやすいので、回復が早いです。免疫力が強い人の方が熱が出せるみたいですね。1~2日、熱で寝込んですっきり治せるタイプです。
     私は免疫力が弱いせいか熱が上がらず、いつまでも具合が悪いタイプです。熱が出ても微熱程度なので、かえって疲れます。そういう時は腰や関節が痛くなったりして夜眠れなくなり、体が休めなくなるので、解熱剤と睡眠薬を飲んでしまいます。それとカイロを背中に貼ります。
     免疫力が弱いと熱が出る、と思っている人が多いようですが、本当は逆だそうです。だから高齢者は熱が出にくい、という理由になっています。ただこれも全てに当てはまるわけじゃなく、元になる病原菌やウイルスによっても違いますし、熱に関してももっと複雑な機序がありますので、免疫が弱いと高熱が出やすい、というわけじゃない、という程度に覚えておけばいいです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    外に出ましょう

     私も小学校3年生位から中学卒業まで、イジメにあっていました。
     小学校5年生位の時は、一時保健室登校みたいになっていました。教室に入るのが嫌で保健室に行ってしまったのです。
     辛い思い出なので、まっすぐに見つめるのにずいぶん時間がかかりました。今はもう、そんな事もあったわ~、と思えるようになりました。
     
     イジメにあっていた時、学校に行くのが本当に嫌でした。でもうちの両親は学校に行かない、なんて許さない、そういう親でしたので、保健室登校がばれた時は誤魔化すのに必死でした。でも今思うと、やっぱり引きこもらない、というのは大事な事だとつくづく思います。

     今はインターネットがあるので外の世界とコミュニケーションが取れますが、昔は無かったので引きこもったら最後、外とはコミュニケーションが取れなくなりました。
     毎日毎日、いじめられながらも登校しました。でもその時に徹底して空気を読んだり、クラスメイトを観察するようになりました。いじめられた事は今でも思い出したくありませんが、この時に人間関係について悩みきったおかげで、高校から今まで、一度も人間関係で悩んだ事はありません。もちろん嫌な事はたくさんあるし、人間関係が原因でトラブルになった事ももちろんありますが、悩んで落ち込んで出口がなくなってしまうような事はありません。鍛えられたおかげだと思っています。

     そうした経験を通して得た教訓は、良い事も悪い事も外からやってくる、という事です。
     悪い事が起こり落ち込んでしまう事はあります。でも引きこもってしまったら、その事態は改善しません。嫌な事があった時、誰かに会えば気分も変わりますし、情報も入ります。助けてくれる人も現れます。アドバイスに救われる事もあります。
     でも外に出なかったら、何も状況は変わりません。悪くならないかもしれませんが、良くもなりません。

     アトピーが酷くなった時、どんどん起きられない様になりましたが、夕方からスーパーのレジのパートに出ました(看護師の仕事はとても出来なかったので)。時々は症状が強くて休む事もありましたが、出来るだけ頑張って行きました。そこまで頑張ったのは、やっぱり良い事も悪い事も外から来る、引きこもってしまったら終わり、そう思ったからです。
     細々としていたパートでしたが、両親がその収入は全額自分で使ってよいと言ってくれたので、漢方薬を始める時など、思い切って行動できました。
     行動力を維持できたおかげで精神的にも何とか持ったし、結果、どうにか渡米治療に出会って完治状態まで来る事が出来ました。
     もしあの時引きこもっていたらどんどん社会性や自信が無くなって、お金もどんどんなくなって、治る為のハードルを自分で高くしてしまっていたと思います。

     アトピーで辛い状態の人も、動ける時間があったら少しでも外に出て、人と会って欲しいと思います。
     来られる人は、今度の講演会、来ませんか?
     一人で悩んでいても道は開けません。ネットの情報だけでは心もとないものですし、何よりアトピーから回復した人達を実際見るのは、希望が持てるものになると思います。私も行きますので、もし一人で行くのが不安、というような人がいらっしゃいましたらご連絡くださいね。
     
     アトピーに限らず、外に出るのは大切な事です。行き詰る事は人生の中で避けられない事かもしれません。でも打開策は外からやってくるものです。外出、してみてくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    保湿の季節

     秋風が吹き始めてきましたね。
     乾燥の季節がやってまいりました。塗りムラがあるとそこから乾燥してきてしまうので、気をつけています。

     ドクターが11月26日に講演会をやるという事を聞きました。詳細はAAJのHPで。
     放射能の問題があるので今年はないらしい、という話も聞きましたが結局来てくれるみたいです。ドクターも元気になった皆さんの姿が見たいのだろうと思います。毎年、すごく嬉しそうですもん。
     ご質問がある方は、予め準備しておかれるといいと思います。資料などが必要そうな質問でしたら、先にAAJに質問内容を伝えておくとドクターに伝言されてドクターもそのつもりで準備してきてくれるそうです。
     私も当日行く予定でいます。
     
     先日明石さんとお話して、ケアについていくつか教えてもらいました。
     手の保湿ですが、爪の周りなど保湿の維持が難しい場所はリップクリームを使うといいみたいです。リップクリームは必ずしも唇にしか塗ってはいけないものではなく、取れにくく出来ていたりするので、場所によってはリップクリームを利用すると保湿が上手くいく、と聞きました。それを聞いて私も使っています。
     あと頭皮のアトピーは色んなタイプの人がいるようですが、雑菌が原因の事も多く、バルガスというフケ取り用のシャンプーが上手くいく事が多いそうです。汚れがきっちり落とせる、という要素が大事なのだと思います。ただリンスインタイプのはバルガスに限らず失敗する事が多いそうです。香料が入っていたりしますしね。私はJINOを使っていますが、シャンプーのみでリンスはしないです。特に問題なく経過しています。
     バルガスが万能というわけではないので気をつけて欲しいですが、ふけ取りシャンプーとして有名なバルガスがアトピーの人に向く事もあるのですね。以前、おかぴーさから教えてもらっていましたが、おかぴーさん以外の症例でも結果が出ているのか、と改めて確認しました。

     それと下着の事ですが、綿でなくドライタイプのものをドクターが患者さんに勧める事があると聞きましたが、と、質問したところ、綿下着でアレルギーを起こす人がいるそうなのです。綿自体にアレルギーを起こすのか綿に残留した洗濯成分にアレルギーを起こすのかを聞き忘れましたが、中には綿が合わない人もいる、という事だけ覚えておけばいいと思います。多分、講演会の時、もう少し詳しく説明してくれるんじゃないかと思います。
     
     リップクリームはハンドクリームは私はニュートロジーナを使っています。トラブルを起こした事もないですし、あの容器のロゴが好きなんです。

     この間まで除湿機を使っていましたが、今日、加湿器を出しました。置き場所がなかったせいもありますが、時々すごく乾燥しますもんね。保湿の失敗から皮膚トラブル、というのは多いので、気をつけようと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリックくださると更新の励みになります。ランキングも気になりますので、応援よろしくお願いします。